« 「特攻!BADBOYS」 1本で楽しみ方いろいろ | トップページ | カウントダウンが始まって、雨が降る »

2004/05/19

映画:日本語をしゃべる海外明星

特攻! BAD BOYS
さっき見た「特攻!BADBOYS」。
ここには日本人役で「坂本太郎」なる人物が出てくる。
演じているのはマーク・チェン。
終盤にさしかかり、黒幕である日本の老人に訴えかけている。
日本人にしゃべる日本人が使う言葉は、当然“日本語”。
う~ん、である。
ボスに向かって「○○じゃないか!」とか言っているし・・・・
逆ギレしているから、言葉づかいなんて二の次かもしれないけど、
何を言っているのかよくわからなくって、困ってしまった。

実際にマーク・チェンは日本語を話せる香港俳優と聞いたから
もうちょっと上手なんだと思っていた。


ロスト・メモリーズ 特別版 〈2枚組〉
すごく期待して見た「ロスト・メモリーズ」
チャン・ドンゴンと仲村トオルが主演の韓国映画。
ドンゴンは日本人の役で、台詞は当然日本語が多く・・・・・
まじめなシーンで、へなちょこの日本語の台詞は
なかなかストーリーに入り込めなくて困った。
観客の気持ちを知ってかどうか、
なんと、
会議のシーンでは、ドンゴンの日本語台詞に
“日本語字幕”が付いてしまっていた・・・・・
(これはよくわかるけど、なんだかとっても切ない)

アンディ・ラウが反町隆史と共演した
「フルタイム・キラー」でも思った。
「5年も勉強したんだよ」。
なんでこんな台詞を言わせたんだろうか。
この映画で、
アンディが日本語をしゃべらないといけなくなったのには
理由があったんだけど
それにしても・・・・・
せっかくハードボイルドにキメているのに
日本語をしゃべっちゃうと、
へにょへにょ~にょ~ん、と溶けてしまった映画だった。


思うのだけど、
ネイティブの役だったら、映画の出来を重視して
吹き替えにして公開してほしいと感じた。
だって、
せっかく映画が作る世界が、どっか違う、
遠ーいところへいっちゃうのだもの・・・

ファイターズ・ブルース〈特別版〉
ちなみに、
常盤貴子がアンディ・ラウと共演した「ファイターズ・ブルース」は、
香港の映画館で見たときには
常盤貴子の日本語以外の台詞は吹き替えだった。
やっぱり、いくらがんばっても、現地の人には違和感がある台詞だったからだろうね。
(日本で公開されたものは、吹き替えじゃなかった)

|

« 「特攻!BADBOYS」 1本で楽しみ方いろいろ | トップページ | カウントダウンが始まって、雨が降る »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ。
確かに、演技に加えて日本語をしゃべろうとする努力には
脱帽します。

そういえば「勝者為王」(日本未公開の「古惑仔」シリーズ)の陳小春が読む祝詞には、思いっきりやられてしまいました。
香港の製作者も、このシーンは笑いをとるために作ったのではないかと思っています・・・あくまでも想像ですが。

投稿: kazumi | 2004/05/30 17:36

こんにちは、夏川です。
まあ、彼らの努力には乾杯してあげようかと思います。
というより「今は英語だろ」とか思いながらやっているかもりれませんね。

投稿: 夏川 | 2004/05/29 16:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/616556

この記事へのトラックバック一覧です: 映画:日本語をしゃべる海外明星:

» 『ロスト・メモリーズ』@韓国映画28 [すとっく☆すとっく ~めざせサーファー主夫]
「ロスト・メモリーズ」/韓国/2002年/136分 日本語公式サイト ロスト・メ [続きを読む]

受信: 2005/01/03 18:07

« 「特攻!BADBOYS」 1本で楽しみ方いろいろ | トップページ | カウントダウンが始まって、雨が降る »