« ココログ に初挑戦! | トップページ | 家事検定 があったなら »

2004/05/15

アニタ・ムイとマギー・チャン

戦神~ムーン・ウォリアーズ~TSUTAYAのレンタル半額が始まった。

ビデオ2本、DVD2本借りてきてしまった。1週間で見られるか、不安ではあるけど・・・


借りてきた中から早速「戦神~ムーンウォリアーズ」を見た。香港映画。
アンディ・ラウが、主演だけでなく、自分の会社で製作した1992年の作品。
共演は、ケニー・ビー、アニタ・ムイ、マギー・チャン。
香港オリジナル版で見たことはあるのだけど、シャチが出てくる映画だったというくらいしか覚えていない。

映画の内容はというと、
もしかしたら、やっぱり、シャチが主演かも・・・・ってくらいの
あんましどうってことのない内容。
天幕映画は結局のところ「愛はすべてを救う」がテーマだから、まあいいかって感じ(笑)


ストーリーはさておいて、見ていていろんなことを思ってしまった。
たとえば
アンディ・ラウの神鳥伝説
ケニー・ビーとアニタ・ムイ + アンディ・ラウ主演・天幕(アンディの会社)製作というと
「アンディ・ラウ 神鳥伝説(九一神[周鳥]侠侶)」。
こっちの阿B(ケニー・ビーのことです)は、ラスト近くまで生きてるね、とか、
アニタ・ムイとマギー・チャンでアクションといえば、
ミシェル・ヨーと一緒に主演した「ワンダー・ガールズ東方三侠」を思い出したり。

マギーは、大分前から世界的に注目されるようになった女優。
香港電影金像奨でも、何度も主演女優賞をとっている。

かたや、アニタ・ムイ・・・・・

アニタが演じる役っていうのは、相対的に悲しい役が多かった気がする。
誰かを好きになるのだけど、結局のところ、思いが叶う役どころは少なかったような気がする。


昨年の訃報には、唖然とした。
もっともっと、歌が聴けると思ったのに、
もっともっと、その独特のキャラクターをスクリーンで見られると思ったのに。
・・・・・
「戦神」でも、悲しい役どころのアニタの姿を見て
もうアニタの新しい映画を見られないんだなあって、しみじみと思ってしまった。


夏に公開されるというチャン・イーモウの「LOVERS(十面埋伏)」。
出演するはずだったアニタの役は、結局のところ代役を立てることなく、無くなったという。

映画生活

|

« ココログ に初挑戦! | トップページ | 家事検定 があったなら »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/595589

この記事へのトラックバック一覧です: アニタ・ムイとマギー・チャン:

« ココログ に初挑戦! | トップページ | 家事検定 があったなら »