« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004/06/30

歩きタバコ

突然だが、私はタバコが大嫌いだ。
歩きタバコの人が私の前に来ると、「どっかいけ~」と腹の中で怒鳴りちらしてしまう。

さて、
昼間、国会図書館へ行く用事ができた。
永田町駅から青山通り沿いを行くと、やがて国会図書館の建物が見えてくる。
その手前の、横断歩道の信号は赤。
スーツ姿の人が様子を見て渡っていった。

信号が青にかわって歩き出す。
建物はすぐ横なのに、入り口はまだ先だから・・・・・

と、ほんの少し先に
さっき横断歩道を先に渡っていった人がいる。
手にはタバコ。
 火を点けていて、立ち止まっていたらしい。煙がくる・・・・

千代田区って確か、路上禁煙が進んでいるはずなのに、
ここら辺はOKとはね。

 ふ~ん

政治家とか公務員とか、そういう人たちがいっぱいいそうな場所だから
わざわざ「禁止区」にする必要ない、とでも思ったのかな。

 ・・・・・う~、前のオヤジ
     ちゃっちゃと歩けよ

追い抜くこともできず、同じくらいの歩調で歩かれるのが一番イヤ!!


同じ方向に曲がるかと思ったら、まっすぐ行ってくれた。

・・・・まっすぐ、って
入っていった先は、国会図書館の向かいにある、
某政党の建物だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/06/29

餓狼烈伝

餓狼烈伝アンディ・ラウが出ている黒社会モノ映画のモヤモヤを解消すべく
とりあえず、
1989年作品「餓狼烈伝」を見ることにした。


本土から両親・兄と密航船に乗って香港を目指すアンディ演じる家華。
香港に上陸する前に公安にみつかり、父母を亡くし、
銃撃戦で兄がどうなったのか・・・・
海に落ちた家華は、香港で船上生活をしている老人とその孫に助けられる。

その家に世話になる家華は、どの仕事も長続きしない。
ただ「のし上がってやる!」気持ちは強い。
トラブルの末、ヤクザのボス(チャーリー・チャン)に見込まれ
部下として頭角をあらわしていくのだが、対立する別のボスに陥れられて
チャーリーは刑務所に、自分は妻(先の娘)とともに台湾へ。
妻の叔父が営む船会社で働くことになっていた。

7年の歳月が流れる。
名前も変わり、叔父から会社をまかされ、大きな家に娘と臨月の妻。
平和な生活だったのだが、かつての敵ボスが家華と知らずに
「麻薬を船に積んで運べ」と商談に来たところから、
幸せな日々がくずれ始める。
そして、生死がわからなかった兄と、悲しい出会い方をするのであった。
・・・・・・・

アンディのフィルモグラフィーを見ると、この年だけで16本の公開作品がある。
16本!!
香港映画隆盛期 だったんだなあ、と思うよりも
こんなに出演するなんて、
仕方なく出ている映画がさぞや多かったのでは・・・・
とジ~ンときてしまう。

 これもたぶん、そんな1本だろう。


ディック・ウェイ出ていたり、
最近は坊主頭ばかりのロー・ワイコンが若いし、あるしと
楽しめることは楽しめるんだけどね。

とにかく、これで「餓狼烈伝(原題:同根生)」がどんな映画か判別がついてよかった。
(以前に一度見ていることも、思い出したけどね^^)

餓狼烈伝@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SIVAと散歩〈1〉

犬は耳がいいというが、
まさか家の中で、私が親に
「散歩行ってくるね」と告げる声が聞こえるわけではあるまい。

なのに、
なぜか玄関で靴を履いたときから クークー騒ぎ出すSIVA。

外に出れば、「さんぽ! さんぽ!」と目をキラキラさせてくるくるくるくる。

私がリードを手に取ると、SIVAの動きは変わる。
閉まっている門の前に行ったと思えば、のろのろしている私のところに戻ってきて、
また門のところへ・・・・・
「はやく! はやく!」と、急かしてくれる。

散歩って
SIVAにとってはすっごく魅力的なことらしい。


リードを首輪にひっかけて、門の扉を開けると今にも飛び出さんばかり。
「待て」と言ってもバタバタバタ、ぐいぐい。

待てと、ようやくお座りするんだけど
そのお尻が浮いてるんだってば!!

「よし」でびゅん! と加速するSIVA。

車はほとんど来ないけど、目の前は一応道路なんだから。
急発進は危ないんだよ!!
 と、スタートはSIVAにいっつもひっぱられる私・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/28

ラスト サムライ

ラスト サムライ話題の「ラスト サムライ」を見た。

トム・クルーズはよかった。
渡辺謙の迫力も凄かった。
  と言いながら「独眼竜政宗」の迫力を懐かしむ私・・・・・
小雪の困り顔は、あいかわらず素敵だったし
真田広之の殺陣は切れ味抜群で、美しかった。

けど、
何かが違うと思った。


なんとなく日本の合戦らしいのだけど
やっぱり、
アメリカ映画だった。

私が知っている合戦も、所詮つくりものでしかないけれど
NHK大河ドラマで見慣れている合戦とは
空気というか、
湿り気が違っていた。


武士道って
本当はどんなものなんだろう。
少なくとも
あんな風に、最後に“土下座”してしまうものではないと思う。
あの姿はまるで、よその国のような、
神に祈りをささげている姿にしか見えなかったから・・・・・

ラスト サムライ@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (1)

0.9987

今朝のニュースで東京都の出生率が聞こえてきた。

東京都は1.0を下回る、0.9987だという。


と、こんなニュースとは反対に
本日朝の通勤時間中に、妊婦さんを見た。
考えてみたら、
通勤時間帯に妊婦さんと遭遇するのは初めてのような気がする。

しかも2人。
1人は最寄の私鉄の中で、
1人は会社の最寄の駅を出たところで。


そういえば、
昨日出かけたときも妊婦さんを見かけたっけ。
単なる偶然だけど、
普段は全然見かけないのに、不思議だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のどから鼻へ

のどの痛みはやはり、風邪のひき始めだったようだ
今、鼻水と鼻づまりに症状がかわりつつある。

 明日は健康診断というのに・・・・

ただでさえ、気構えてしまう健康診断なのにさ
風邪だなんて、最初からマイナスを背負ってるようなもんじゃないか。
 ・・・・でも、確か熱ははからないはず。
 ・・・・マイナスが体重に出たら万々歳(笑)

やっぱり問題は、バリウム+発泡剤だ。
口呼吸をしなくてはいけないときに、
 むむ!!って口を閉じて踏ん張らないといけないなんて
ああ・・・・・
飲み直しになるのが、目に見えてくる・・・・・


でも、日程をずらしたりするのはとても面倒だから
やっぱり受けるしかないのだわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/06/27

やっと、カウンターをつけられた

念願(笑)だった、
アクセスカウンターをやっとつけることができた。

なんか、全然できなくって、
もうあきらめようかと思ったんだけど
・・・・苦労の末ようやく・・・・
ぜぇぜぇ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴッド・ギャンブラー ラスベガス大作戦

ツタヤのレンタル半額クーポンが始まった。
半額、という言葉は魅惑的。

4本も借りてきてしまったので、一生懸命に見ないとね。

ゴッド・ギャンブラー ラスベガス大作戦さて、1本目。

「ゴッド・ギャンブラー ラスベガス大作戦」
「ゴッド・ギャンブラー」といえば、チョウ・ユンファ!
この映画で、ナイフというチンピラ役で出ていたのがアンディ・ラウなんだけど、
「ラスベガス~」のアンディはキングという名前だから、本家とは全く違う話。
後のチャウ・シンチー主演の同シリーズとも、またテイストが違う。

ラスベガスまで行って
こってこてのオバカ映画を作るなんてね、
さすが、ヒットメーカー王晶!
くだらない! のオンパレード!
ギャンブルシーンがほとんどないってのが、不満だな~。

前作(「ゴッド・ギャンブラー 賭侠復活」日本でも発売済み)は
ギャンブルシーンが一杯だったから
オバカシーンが一杯あっても、結構迫力があって見たんだけど
今回は・・・・・・・
丁度TVドラマで忙しかった、キングの手下ドラゴン役のニック・チョンは
最初と最後しか出てこないし、拍子抜け。

いーとこないよなーという映画なんだけど
挿入歌が「心只有[イ尓]」ってのが驚いちゃう!!
99年のアンディのコンサートで「Last Song」だった曲。
しっとりしたバラードで、ああ~い~わ~ と浸ちゃう曲なのに
映画は・・・・・・

とは言いながら、
オバカ香港映画が好きだから、
しかも主演はアンディだからいいんだけどね。
謎は多々残れども
深く考えちゃいけない映画なのさ!^^

ゴッド・ギャンブラー ラスベガス大作戦@映画生活

| | コメント (2) | トラックバック (1)

仔犬のワルツ 最終回だ

仔犬のワルツ VOL.1時間を延長することなく、最終回を迎えた「仔犬のワルツ」。

結局ね
あの家の子どもたちはみ~んな死んでしまったことになるのね。
残ったのは、母違いの子と養子になった子だけ。
あと、葉音は孫になるのかな。

なんだか、憤然としないのだわ。

あれだけ、いろんなどんでんがえしを作っておきながら
ラストが急ぎすぎ。
そうよ。
だから、なんだか余計にわからなくなってしまうんだから。

ただね、
最後の最後、断崖絶壁のところに止めた車の中に
ワルツが残されてるでしょう。
あのままだったら、絶対死んじゃう!!!

・・・・・・

窓は開けてあるのだっけ?
じゃなきゃ、車の中のカセットが奏でる「グロリア」が
外にまで聞こえてくるはずないよね。

なんだか、「韓国ドラマ」にまけない展開だったけど
つじつまが合った様な、合わない様なもやもやした最終回だったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/06/26

100本目!

記事数を見ると、99本。
ということは、今この記事が100本目になる。

  祝 ココログ100本目~!!! パチパチパチ~

ネット調査の結果にあったけど
私のココログも備忘録に他ならないんだよね。

 最近、人と会話することがめっきり減っちゃって
 だから、モノごとをすぐ忘れてしまうから・・・・・

というわけで、
“備忘録”SIVAのしっぽ はまだまだ続いていくのであった・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/25

もちもち ベーグル やっぱりおいしい

週に1度はベーグルを買ってしまう。

餅系が大好きだから、もちもちのベーグルは最高だ。
ここのところ、BAGEL&BAGELのリピートばかりしている。

いつも買ってしまうのはココア&ホワイトチョコ。
甘いようでそれほど甘くない独特な味わい。

今日はプレーンを始めて買った。
・・・・
プレーンは今日だけでいいや。
だって、ココア&ホワイトチョコが182kカロリーなのに対して
プレーンが192kカロリーだって、ホームページに出ていたから。
 なーんだ、甘そうな方がカロリー低いじゃない!(笑)

てか、どのベーグルよりもカロリー低いぞ~
これには驚いた。

さ~て、
次はどれにしようかな。
チーズがおいしそうなボルケーノは227kカロリーだって。
要注意!!


  ・・・・2個一度に食べようとするからいけないってことは
     よくわかってるんだけど・・・・・おいしくって、ついペロリンとね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日2度目 長井秀和のナレーター

新選組 ! 完全版 第壱集 DVD-BOX
NHK0時のニュース前に、
「新選組!」の予告が流れた。
最近「新選組!」の予告ばかり流してるけど
今日のは鴨がらみじゃなくて、池田屋事件だった。

気になったのはナレーターが長井秀和だったこと。
かなりの棒読みは、聞いててつらかった。
どこで「間違いない!」と言うかと思っていたら
最後に言った。
無理があったけど(笑)


そういえば、今日18時台の何かの番組でも
「ナレーター長井秀和」のテロップを見かけたな。

 番組がわからないのは、ジムで歩いているときに
 前方にある何台かのTVに映っているものを、偶然見ただけだったから。
 
この人って
ネタじゃなくって、ナレーションの仕事にシフトしようとしてるのかな?

間違いない! ・・・・のは間違い^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/06/24

マフィアっぽくなってきた オールイン

またまた、「オールイン」。

番組中、ドラマのカラーが変わってしまうから、
まるで 一粒で二度おいしい 状態。

見ていて得をしているのか、どうなのかは謎だけど。

前半は、イナとスヨン のラブロマンスで ほの~ぼの。
画面がピンク色がかってみえてしまった。


後半は・・・・というか、
ラストぎりぎりになって
バイオレンスに変わっちゃった。

しかも、そのバイオレンスったら
かなりちゃっちいものでした。

  ヘリに予算を使いすぎたのかもしれないなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今度は 大長今

朝の連続テレビ小説があまりにもお粗末なNHK。
活路を韓国ドラマに見出すことにしたのかな。

宮廷女官チャングムの誓い DVD-BOX 1
というわけで、韓国で大ヒットとなったと聞くTVドラマ「大長今」を買ったそうだ。
つい最近まで当地でオンエアされていたドラマが
早ければ秋に見られるらしい。
どんなドラマなのか気になっていたところだったから、うれしいことだ。


しかし
どうして韓国ドラマばかりが受けるのだろうか。
俳優の好き好きはあれど
やっぱり、町並みや家の感じが日本とよく似ているからかな。
制服なんかもそっくりだしね。

ふと思うのだけど
香港だって結構人気のTVドラマがあると思う。
でも、日本でオンエアされることはないんだよね。
専門チャンネルは別としてね。

たとえば
「(香港へ)行くといつもやってるよ」と友人が言うほど
いくつもの続編が作られている
法廷ドラマ「壹號皇庭」。
続編ができるということは人気があったんだと思う。
モーツアルトか? てなかつらをつけて開く法廷が、
日本とはイメージが違うから、という理由ではないだろうけど。
やっぱり何かが違うのだろうな。

今の日本で作られているTVドラマが
どれもこれも似通っていて、面白くないから
韓国ドラマが歓迎されるのだろう。

さて、今日はお楽しみの「オールイン」だわ^^

| | コメント (0) | トラックバック (1)

やばい・・・のどがぁ

夕べ、なんとなくのどがやな感じだった。
エアコンにやられて、風邪をひき始めたような気がする。

来週は魔の健康診断があるというのに。

鼻が詰まった状態で、バリウムを飲んだりするのはいやだよ~
   (私の風邪は、のど・せきを経て、鼻に来る。でも熱は出ない)

それでもって、その後は野音のライブがあるじゃないか。

風邪なんかひいてる場合じゃないぞ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超初心者 iアプリ

携帯電話はほとんど使わない。
どちらかというと、“携帯ゲーム端末”になってしまっている。
せっかくのカメラも使ってないし・・・・

朝、電池マークが1つ減っていたけど全然気にせず出勤。
昼休みに、渋谷の件が心配になって友人にメールをした。
電池マークは変化なし。


会社を出るときに携帯を見ると

・・・・・・まつくら・・・・・・・

予想
 友人からのメールを受信したところで、電池切れ


家に帰って充電。電源を入れたらやっぱり受信していた。


前の機種(503is)より、なんか電池の持ちが悪いよな~
欠陥か?
と思ったのだけど、たぶん原因はコレなんだろうな。

 待受画面をiアプリで設定 

生茶パンダがばんざいするかわいさを楽しんでいたのだけど
実を取ってやめることにした。

性能がアップすると電池も食うのね・・・・とほほほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/23

ラッシュアワーの渋谷駅

地下鉄の渋谷駅構内で発砲事件。
しかもラッシュ時間に。

信じられない出来事だ。

そして、
犯人は逃亡・・・・銃を持ったまま。


本当は、レディースデーだから、
会社が終わったら新宿で「メダリオン」を見て帰ろうと思っていたけど
弱虫な私は、
まっすぐ家に帰ってきちゃった。


早くつかまってほしいよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

POP ASIA お前もか・・・・

別に憂えむのではないけれど、そんな気分。

「POP ASIA」No.51号は「韓国エンタメ満載号!」
内容の半分以上が韓国がらみになっている。

書名の通り
アジアのミュージックシーンを紹介してきた「POP ASIA」だから
韓国を大特集してもちっともおかしくはない。
現に、過去にも韓国のPOPシーンはたくさん取り上げられているし。

しかし・・・・・

この雑誌で、香港の俳優の、歌手としての一面を認識したり
他の映画雑誌では絶対に書かれることがない
香港のエンターテインメントの記事を
いつも
わくわくしながら、じっくりと読み込んでいたから・・・・
なんだか、ちょいと悲しいような気分。

とはいいつつも、
今号もフムフム・・・と読んでしまう私なのだが^^

7月25日発売予定の次号?
「流星花園」で台湾かと思いきや
    ・・・・韓流はまだまだ続くようだなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/22

SIVA 実体験で言葉覚える

SIVAは人並み(犬並みかな?)の簡単な命令は理解している。

お手
  どちらかというと、おいでおいで風に落ち着きなく、ぴたっととまらないところが
SIVAらしい。

お座り
  1回で座る場合と、何度か言って座る場合とあるのは、もしかしてわかってない??

待て
  エサをやるとき、とりあえずがんばって待っている。
  散歩に行くとき・・・・今にも動き出しそうにしながら、門の前で待つ。


熱いよ

SIVAには決まったエサをやっているのだが、ゴミゼロ化に協力する犬!
ときどき、残ってしまった(ちょっと大丈夫かしら? てな)味噌汁をかけると、
食いつきが全然違う。
十分に薄めて、でも安全のために火にかけてと
・・・・うっかりして温めすぎてしまった!! ことがある。

 「ま、かければ冷めるだろう」と鍋を持って外に出る。

 「待ーってました!」とばかりに飛び跳ねるSIVA。

 エサに味噌汁をかけ、「熱いよ! 待・・・」。
 言う前にSIVAは鼻先を~~~~

 あーっちぃー!!!!

 人間だったらきっとこう叫んでいただろう。
 ・・・・・・・・

熱いよ
  それ以来、エサをやるときに「熱いよ」と声をかけると、
  冷めるまで待つようになった。
  「冷めたかな~、冷めたかな~」と、
   ときどき鼻先を近づけて様子を見るSIVAがかわいいのだわ。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そろそろプロフィール・・・・

ココログをはじめて、2か月目に入っている。
いまだに、トラックバックの意味がわからないけど
とりあえず、書くことはできるからいいか、
と向上心がないのは問題なのだが・・・・・

さて、
そろそろ保留にしていたプロフィールを完成させないといけないよな。

と思って、
自己紹介文を書こうとするのだが・・・・

ありのままに書けない
気取っちゃう自分が邪魔をして、
あいかわらず空白のままになってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/21

台風の影響(ひとりごと)

台風6号が凄いらしい。
進路に近いところに住んでいる人たちは
さぞや大変なことになっているのだろう。

東京に住む私にも、影響があった。

こんな日はさっさと帰ろう! と6時前には会社を出たのだが、
最後の最後、
この電車でしか家には帰れない~! という電車が乗換の駅で停まっていた。
ホームに人があふれている。
急行電車がホームにいるのだが、それは10分前の表示が出ている電車だった。

パンパンに人を詰め込んだその電車がやっと発車して、私の乗る各駅停車がやってきた。
すぐに発車したのはいいのだが、
2つ行ったところで止ってしまった。

 強風のため全線止まっている、とのアナウンス・・・・・
 もうしばらくお待ちください・・・・が空しく響く。

結局20分以上停まっていたようだ。
いつもなら、急行待ちをしても15分もかからずに着くところが
今日は倍以上の時間がかかってしまった。
時刻表からいえば、たぶん40分ほどの遅延になっていたはず。

避難勧告を受けている人たちに比べたら、
全然どうってことのない状況だろうけど
日常と違うことが起きるのって、やっぱり困っちゃうな。

 もちろん、強風で電車がひっくり返っちゃうのもいやだけど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘンなHNK

GREEN―農家のヨメになりたい (1)農家のヨメになりたい「農家のヨメになりたい」は、
楽しいドラマだった~

とほのぼのしていたら、
「夜ドラ」のCMが流れた。

今日は休止になったのに
どうして、
ダメ押しするようにCMを入れるのかしら?
 テロップで火曜~金曜って流すくらいだったら、このCMははずせばいいのにねぇ。

ヘ~ンなNHK。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コスメティック

コスメティック
林真理子著「コスメティック」を読んだ。

ストーリーもさることながら、章ごとのタイトルがとってもいいと思った。

 ―仕事と寝る女
 ―切った張ったの女

潔くて好きだな。

さて
主人公沙美をPR担当にスカウトし、
後に恋人(?)となる田代という男なんけど
そのイメージが
「SEX AND THE CITY」のビッグに重なってしまった。
よく比べてみればいろいろと違うのだけど
なんだか、同じような印象があるのだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/20

火の鳥 に思う

火の鳥 (1)NHKでやっているアニメ「火の鳥」を見ている。

見ているのだが、心に全然響いてこないのである。

マンガ「火の鳥」は連載時は一度も読んだことがなかったけど
文庫化されたときに大人買いして読んだ。
どの話も深く重く、考えさせらればかりだった。

アニメを見ていて1つ思ったのは
出てくるキャラクターが
マンガで描かれているものとは全然違うってこと。
言ってみれば
今風にきれい過ぎるキャラクターになっている。
それが、私には違和感を与えてしまっている。


技巧ばかりに力を入れすぎて
根本のところを描き忘れているような
そんなイメージがぬぐえない「火の鳥」。

大好きなマンガだけに・・・・見ていて寂しさを感じてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ABOUT LAST NIGHT

きのうの夜は…
20代の頃見た映画「ABOUT LAST NIGHT」・・・「きのうの夜は」。
大好きな「セントエルモスファイヤー」に出ていたロブ・ローとデミ・ムーアが主演。
同世代の私には、
あまりにも大人の恋愛が描かれていた。


さて、
私のABOUT LAST NIGHT・・・・・

LIVE JELLYFISH
吉川晃司の酒・蘭心竹生を飲みながら
「LIVE JELLYFISH」を見ながら過ごした。
どう考えても
1人で過ごすのがふさわしいと思うABOUT LAST NIGHT。

親からの電話に
ちょっと元気付けられ、ちょっと切なくなったりしながらも・・・・

え?
どう考えても
ミーハー??

まあ、これも私だもね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジムにて

スポーツクラブというのは、
おどろきに満ちている場所。

マシンにず~っと座っている人ってのは
あまりにもたくさんいすぎて、いまさらって感じ。
なさけないよね。

きのうびっくりしたのは、若い女性。
パウダールームで隣になった女性は
鼻に
「毛穴すっきりパック」を、しかも黒いのをつけていた。

・・・・・んー

なんだかな~

ちょっと寂しい気分で一杯になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/19

楊貴妃 参

とうとう 参 までレンタルしてしまっている「楊貴妃」。


かなり適当なつくり・・・たとえば、音声の録り方がめちゃくちゃだたりするんだよね。
楊貴妃を演じている女優は、もしかしたら北京語を話せない人なんだろうね。
彼女がしゃべるシーンになると、
それまで雑音が聞こえていたのが、ぱたりと消えてしまう。

「西太后」が映画になったとき、見に行った。
女性の権力者、
力を持つあまりにかなり残酷なことをしているけれど
西太后はどうしても見ておきたい女性だった。
続編も見た。

このドラマの楊貴妃は、ちょっと違うんだよね。
自分の魅力・・・体を武器にして力をつけていく女性
というのは否定はしないし、自分では絶対できない(肉体的に無理^^)から
よけい興味を持ってしまうのだけど

このドラマはねー(笑)


いいながらも、きっと、たぶん、
最後まで借りて見てしまうのだろうな(笑)

それにしても
「英雄色を好む」とはよく言ったものだ。
玄宗皇帝ってのはスゴイもんだ! と、
歴史に関係ないところで感心してしまう私なのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耳たぶ

私の耳は、福耳とは正反対。
耳たぶがが存在していないのである。

だからといって、別段不自由は感じないのだが
耳たぶがたっぷりの人を見ると
「ああ、あの人は裕福なのだろう」と
わが耳たぶを思い、生活を振り返ってしまうことも(笑)


この耳は、父からそっくりそのまま受け継いでいる。
遺伝というのはすごいよね。
ちゃんと親の特徴を子に反映させてしまうのだから。

今日、誕生日を迎えた。

誕生日は、親に感謝する日。
30を過ぎてから、誕生日を迎える度に感じている。

そして、
親にはいつまでも元気でいてほしいと願ってしまう日でもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/18

本当はどこにつけたらいいのだろう?

携帯電話のストラップにつける、
画面クリーナーを買ってしまった。
星座のイラストがついているので、双子座が最後の1個だったから、つい。

直径が1.5センチくらいの丸いクリーナー。
双子座の色は青なのよね。
携帯ストラップの根元につけられるように、チェーンがついている。

早速つけてみたのだわ。
 紺の革のストラップに違和感ないし、なかなかいいじゃない。


 拭き心地はどうかな?

 ん・・・・・・?
 
 きゃー!!
 ・・・・・画面に全然届かない!!

閉じた状態で表の画面を拭くのだったらベストなんだけど
中の画面を拭こうと思ったら
半開きにしたままでしか届かない。

だからって、これをストラップの先につけるのは、あまりにも情けない。
失敗したような気がする・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運命の愛!!

もっと知りたい!韓国TVドラマ Vol.4 「オールイン」徹底解剖いや~
「オールイン」は感心してしまうドラマだ。

殺人容疑をかけられて、アメリカへ逃亡したイナ(と、ジョング)。
愛するスヨンに迷惑はかけられないと、何も告げないまま去っていく。

 スヨンとはもう永遠に会うことはないかもしれない。
 あるいは、
 いつか会うことがあっても、そのときはもう自分のことは忘れ
 幸せな家庭を築いているだろう。

ああ、
涙なくしては見られなかった電話ボックスのイナ・・・・・


ところがどっこい

 イナとスヨンは会っちゃうのである。

韓国よりも、日本よりも、たぶんずっとずーっと広いアメリカで

 再 会~ パチパチパチ


この確率は
ミニョン(チュンサン)が、「人生において3回交通事故に遭う」に比べても
ずっと高いものではないだろうか。


  運命の愛

とタイトルについているのは、
単なる語呂合わせではなかったことに、不覚にも今日まで気づかなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/17

「韓国のトム・クルーズ」

というタイトルが、Yahoo!エンターテインメントに出ていた。

韓国のトム・クルーズなんて人がいたんだ?

誰かと思ったら、
その人は チャン・ドンゴンだった。
「ブラザーフッド」のキャンペーンで、ウォンビンともども来日したという内容だった。

たしか、ついこの間も「ブラザーフッド」のキャンペーンで来日したはずだけど
そのときは、ペ・ヨンジュンと重なっちゃってたから
納得のいくキャンペーンができなかったのかもしれない。

トム・クルーズというのは、それくらい人気者! ってことだよね。
だって、顔は全然似ていないと思うもの。


私だったら 「韓国の“お目々パッチリ”チョウ・ユンファ」 かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Forget-me-not

バラエティ番組で見た、音楽ドラマ風のコーナー。

「Forget-me-not  槇原敬之」とクレジットが出る。
そうなんだ・・・・

トリビュートアルバムは出ているけど、
「Forget-me-not」は
私にとっては尾崎豊の曲でしかない。

槇原敬之の曲はどれも好きだし
この曲だって、情感いっぱいに歌われていて、いい歌になっていると思う。

けど
「Forget-me-not」は、尾崎が歌うから切なくなる。
若さ故の大人たちへの苛立ち、
社会に怒りをいっぱいに込めた曲をたくさん歌っている尾崎だから、
バラードがすごく心にひびく。
しみてくる。

尾崎豊の激しい思いを聴いていたあの頃。
信望していたわけでなかったけど
今でも私の中のどこかに、尾崎豊がひっかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/16

シルミド 〈おちゃらけ編〉

切なくて悲しい映画だった「シルミド」。
バスで取り囲まれるシーンでは、思わず涙腺が緩みかけてしまった。

なのに、

映画を見ていて思ってしまったことがある。

 ソル・ギョング
  大杉漣に似ている。前からずっと思っていた。
  しかし、この映画で「かっこいいなあ」と思ってしまったことも事実。

 遠藤憲一!! って思ってしまったのが1班の班長役のチョン・ジェヨンって人。
  頭の感じまで似てるからいけないのね。

 アン・ソンギ も誰かに似てるような気がするのだけど、まだ判明せず。

 3班の班長の人は、中国人俳優の誰かに似てるような気がするのだけど、判明せず。


軍人は迷彩服で、訓練生はただの緑色なんだ~ とか
韓国の受刑者の服って、なんかかわいいぞ! なんて思ってしまった。
(そういえば、「オールイン」でイナが着ていたのとは全然違うな。時代の違いかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルミド

シルミド / SILMIDO
「シルミド」を見に行った。

大統領を狙った北の工作員の潜入~捕獲までが
ソル・ギョング演じるヤクザのカン・インチャンが、
どこかの組の親分を殺すシーンとリンクするように始まる。
ずーっと台詞はない。

ただ一人捕獲された工作員が尋問を受けるシーンと
カン・インチャンが裁かれるシーンが出てくるころ
やっと台詞が聞こえてくる。

実話に基づいた隠された韓国の過去を暴いた話しという。

684部隊はピョンヤンへ潜入して、キム・イルスンの首を取るために
かなり過酷な訓練を受ける。
ずーっと、訓練ばかりが続いていく。
「シュリ」で描かれていたような、北の工作員を越えなければならないから
すさまじい訓練。指導する軍人も手を抜かずに、平気で殴る。蹴る。
精鋭部隊となった彼らは、目的を果たすことができず
国に切り捨てられ、追われる身となって・・・・


切ない映画だと思った。

そして、そんな中で
 友 情 を描いている映画だと思った。
生き死にの過酷な場だからこそ
日常では感じることのできない、深い友情を・・・・・

歴史って本当に
「なんであんなことをしたんだ!!」ということが、あまりにも多すぎる。

シルミド@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (3)

SIVA 埋めまくり

食パンを庭の隅に埋めたSIVA。

知らんぷりして、私がSIVAが埋めたあたりに近寄ると
すすすっと寄ってきて、
なんとなくいやそ~な顔をする。

何度かそんなこと(いやがらせ?)をして
SIVAで遊んだけど、さすがに飽きてしまった。
SIVAも飽きてしまったみたいだ。

庭からよくなくなるもの。
 
 ぞうきん  軍手

どちらも使い古していて、外用においてあるもの。

犯人は、
あえていうのもなんだけど SIVA。
なんで埋めるかね~?
あとで掘り返して食べるわけないだろうし・・・・
ヘンな奴ぅ。

前なんか、
あんなに喜んで遊んでいたボールを埋めてしまっていた。
(父が後に発掘した)
ヘンな奴ぅ。

ところで、ぞうきんや軍手がSIVAによって2度と掘り起こされることがなかったように
かの食パンも
SIVAは掘り起こさなかったみたい。

・・・・忘れちゃだめじゃない、SIVAったら!

結局、
SIVAは埋めた食パンを掘り起こすことはなかったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/15

書店は韓国スターだらけ

映画雑誌が見たくて、書店に寄る。

 「韓国スターがなんたら」

 「韓国スターがかんたら」

 「韓国ドラマがどうした」

 「冬のソナタがどんなんだ」

 「冬のソナタはこんなんだ」

  ・・・・・

と、平積みになっている韓国スターの特集雑誌に圧倒される。
1冊くらい買って、勉強しようか( ← 何を??)
と思うのだが、
どれを買っていいのかわかんなくって、
結局買わないままになってしまう。

その後、また
「買うべし!」と書店へ行くんだけど
その手の本がさらに増殖していて、
ますます選べなくなっちゃって・・・・・未だに買えない私。

“ヨン様”とか言ってる人たちは、これらをみ~んな買っているのかしら?
 「ここからここまで、全部包んで」
てな具合??

そんな潤沢な資金があったらいいな~と
うらやましくなってしまうこの頃の私。
・・・・
9月に行く、香港の旅行資金をためないとね!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

夕べはなんだったんだろう

夕べはココログがすご~く重くって、
とうとうあきらめて寝てしまった。
月曜だというのにね。
ブルーマンデーの憂さ晴らしで、みんなが書き込もうとしていたのかな?

今日は、夕べと違ってサックサク(?)
けど
また夜中になると
先に進まなくなるのかな~

う~~~ん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名前がわからなくてむずむず~

テレビや映画を見ていて、「この人、どっかで見たことある」と
気づいたはいいけど
それが一体何に出ていたのかわからなくって、気になって仕方がないときがある。
その役者の名前がわかれば、インターネットで探せるけど
名前がわからないことには、むずむずするばかり。

「楊貴妃 弐」
今回は壱なんて目じゃない、エッチ路線全開!!
といっても、
延々ともぞもぞしているだけの、おっぱい露出度が増えただけってところだけど。
そいえば、これって確かTVシリーズ。
深夜にでもやっていたのだろうか?
そうでなければ、いくらもぞもぞしてるだけとはいえ、
お茶の間ではちょっとねぇ・・・・

私のむずむずの元となったのは、楊貴妃のライバル(?)梅妃がかかる医者。
梅妃に「ツボを覚えた」と施術。
 まー、わかりやすいやり方だ。
結局、もぞもぞ(よりもっと凄そう??)しちゃって
結局盗みの容疑を着せられ、追い出されてしまう情けない役。

オープニングに役者名はいっぱい出てくるけれど、
どれがだれなの判別がまったくつかない。
(唯一わかるのは徐錦江だけ)
 このにやけた顔。
 どこかで見た。
・・・・何で見たのだろうか・・・・と、
しばらく気になって仕方がなかった。


2日後の夜、布団の中でぱっとひらめく。

暗戦 デッドエンド
「暗戦だ!!」

そう、「暗戦(邦題:デッドエンド)」の冒頭
最初に呼ばれた交渉人だった人。
アンディ・ラウ演じる謎の男に「声が嫌い」といわれて
拒否されてしまった交渉人。
何度も何度も見た映画だったから
ほんのちょっとの出演シーンでも、覚えてしまっていたようだ。

あー、すっきり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/14

日本語CDを出す ワン・リーホン

「ChouChou」は、私が唯一定期購読している隔週刊の雑誌。

ジ・オンリー・ワン
今日買った号の音楽欄に
「アジアのイケメンアーティストに注目!」といコラムがあって、
そこに紹介されている1人が ワン・リーホン だった。
  おうりきひろし と書く(王力宏)。
  だからといって、私は“ヒロシ”なんて呼んでません。
  ちゃんと、ワン・リーホン
    って呼んでます。
    ・・・・そういえば、“ヒロシ”って芸人がいたっけ・・・・

おっと、話がそれてしまいそうだ。


MOON CHILD
短いプロフィール欄が気になった。
“03年にはHYDE、Gacktと映画「MOON CHILD」で共演している。”

  う~ん。
  確かにその通りなんだけどね・・・・・

その前の日本人と共演している映画はどーして紹介してくれないの???
2000年の「雷霆戰警」。
監督は、ジャッキー・チェンをアメリカに羽ばたかせたスタンリー・トンの作品なのに。
SPY_N
「SPY_N」という邦題の“N”:藤原紀香と共演した映画なのに、なぜ~?

まあ、藤原紀香にあまりにも寄りかかりすぎて、
話がちーっとも面白くない映画だったから
パスされちゃったのもわかる気はするんだけどね。
「ChouChou」としても、
HYDE、Gacktと共演の方が受けやすいと思うのも仕方ないんだけどね。


ところで
アジアのイケメンと紹介されていた、もう1人は イ・〈アヒルっぽい〉ビョンホン。
ワン・リーホンはきれいな顔立ちだから イケメン異議なし!! だけど
イ・ビョンホン は
            微妙だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散歩中の犬 2題

きのう、買い物に出かけたときのこと。

向うから、散歩中のレトリバーが来る。
黒い体に黄色いバンダナがよく映えている。

すれ違うとき、思いっきり避けられてしまった。
私、
見るだけで、別に何にもしないのに・・・・


豆柴。
大分高齢なんだけど、きれいな毛並みなんだよね。
ときどき、強引に引っ張られて散歩に連れて行かれる姿を見かける。

ご主人様は、お知り合いと出会って立ち話中。
・・・この豆柴、
リードを思いっきりぴんと引っ張って、
家の方角に向かって立ちすくんでいた。
すぐにでも、歩き出せるように。
 一刻も早く家に帰りたいんだよね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝説巨神イデオン

伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 【劇場版】大分前に買ったまま、見ていなかった「伝説巨神イデオン」の劇場版DVD。
「接触編」と「発動編」の2枚組みなんだけど
はて、どっちが1なの~、と悩んでしまった。情けない。

TVでオンエアされたこのアニメは、
難解なために予定回数を待たずして打ち切りになっている。
それで、劇場版として
「接触編」「発動編」が同時公開され、
「発動編」では、テレビでは(打ち切りのために)描ききれなかった
部分も語られ完結となった作品。

TVでオンエアされていたときも見ていた。
ただ、実家にいるころだから東京と同じタイミングでやっていたのか
少し遅れてやっていたのかは、よく覚えていない。

「機動戦士ガンダム」とは全然違う感じで、
よくわからなかったから劇場版も見に行った。
あまりに昔のことで、どんな内容だったかをよく覚えていないのだが
凄くショックを受けた映画、という印象だけはずっと忘れずにいた。

 何に衝撃を受けたのかが知りたくて、DVDを探しあて購入したのに
 ず~っと放置していた私って・・・・・

アニメーションとはいえ、ひどいシーンが次から次へと出てくる。
こんなに、残酷な話だったっけ・・・・・
10代の頃の私が受けた衝撃は
この残酷なシーンなのだろうか。よくわからない。

イデって一体何なのだろうか?
監督は、ラストシーンのメッセージを印象付けるために
数々の残酷なシーンを見せ続けていたのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/13

双子座 発見~!

夜のニュースで松井秀喜が誕生日を迎えたと言っていた。
プロ野球ファンではないけれど
松井の活躍は知っている。

12日が30歳の誕生日だってね。
へー
じゃあ、私と同じ双子座なんだ。
今まで気にしたこともなかったから、全然知らなかった。

30歳か。
私と同じ双子座。
調べてみたら、血液型も同じじゃないか・・・・
 そして、年の違いはちょうど10歳(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠いのに なぜiアプリ・・・

N505isに内臓されているゲームはチェインアロー。
落ちてくる矢印を同じ方向に3つ並べて消していくという
超単純なゲーム。
複雑でないのに、つい熱中してしまう。

もちろん、毎日なんてやらないけど
始めてしまうと、延々とやってしまう。
そう、
電池のマークが赤くなるまで・・・・・

夕べなんて、
眠いのに「ひと勝負(誰と勝負する???)しよっかな~」と手にして
充電マークが出たけれど、
いいところだったから
充電しながら続けてしまった。

・・・・困った私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/12

仔犬のワルツ 再び

思いもかけない展開になっていく「仔犬のワルツ」
変わらないのは、ワルツの大きさだけかな?

ここのところ毎回“ながら見”をしていたせいで
谷啓演じる刑事が尻を刺されてしまったくだりが
わからないのが、すっごく残念だ。

その刑事の言葉
「みんなが嘘をついている」
これじゃあ、話の先が全然読めないのも仕方が無いよね。

 みんなが嘘をついている

 ・・・・・・

 だから「みな(嘘を)つき家」だったんだね。


気づかなかったな。


「そして誰もいなくなった」なんてならないことを願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誘惑に負けるとき タルト

運動するとお腹が空く。

エネルギーを消費したからいいよね、と自分に了解をとりつけて
タルトを買ってしまった。
甘いものを食べるためにジムへ行ってるわけじゃないのに・・・
 タルトのエネルギー量 > ジムで消費したエネルギー量
とほほほほ・・・・

それはさておき。

伊勢丹の地下にあるメゾン・カイザーってお店。
パン屋さんなんだけど、タルトがある。
前を通るたびに、いつも気になっていた色とりどりのタルト。
シンプルな何種類もの四角いタルトは
どれもがみんなおいしそうで、いざ買おうと思うと
どれを選んでいいのか非常に悩んでしまう。

その中で「人気No1」というメモがついているタルトにした。
2層になったクリームの上に、何種類かのベリーがのっかってて
めちゃくちゃおいしそう。


家に帰って、早速食べた。

おいし~

上にのっているフルーツのおいしいすっぱさは予想通り。
クリームのおいしさに、やられました。
全然甘くなくて、おいしくて!!

あーしあわせー、とあっという間に食べ終えてしまった。

ああ、終わっちゃった。
・・・・・・
実は、チョコレートタルトも一緒に買ってきてしまったのだった。
楽しみ、たのしみ。

 タルトのエネルギー量 >>> ジムで消費したエネルギー量

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりにジムへ行く

先々週は休館日、先週は気力をなくしてパスしてしまったので
ジムへ行くのは3週間ぶり。

もともと運動は得意じゃないタイプ。
「スポーツジムへ行っている」と話すと
聞いた相手は大抵「え?」って感じなんだよね。
 失礼しちゃうわ(笑)

土曜に行くのは、「ファイティングラッシュ」があるから。
普通のエアロビだと、毎回内容が変わっちゃうから
私の運動能力ではなかなかついていけなくって。

だから、
毎回同じ振りでできるファイティングラッシュは、
私にぴったりなんだよね。
最初は戸惑ってできないんだけど、
回を追うごとになんとか形になるから。

 なんといってもかっこいいし!(注:インストラクターの動き)

でもって、
とにかくストレス解消!! にぴったりなんだよね。


予想通り、3週間ぶりとなると
すっかり体が忘れてしまっているんだな。
おまけに、頭も流れを忘れてしまっているから
めちゃくちゃになってしまった。

けど、楽しいんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外に羽ばたく? イーキン・チェン

Yahoo! のエンターテインメントニュースに

       鄭伊健:『ラッシュアワー3』でハリウッド進出?

という記事が出ていてびっくり。

 びっくり-1 「ラッシュアワー3」にイーキンが出演!? 本当なのか??
 びっくり-2 Yahoo! のエンターテインメントニュースに イーキンの名前がある!!

びっくり度からいうと
             びっくり-1 < びっくり-2


まだ正式な話は来ていないという本人の弁も載っていた。

本当に短いコメントだけど、さすがイーキン! というような内容。
今後がますます楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デブラ・ウィンガーを探して

デブラ・ウィンガーを探して劇場公開時に、気になっていたのだけれど見そびれてしまった映画。

出てくるのは30代、40代のハリウッド女優たち。

とっても華やかな世界にいる人たちでも
いろんなことに悩んで、もがいて、怒って、苦しんでいる。

キャリアを積んで演技にも自信がついた40代。
よ~し! という脂ののったときに、出演できる映画が作られていないことになげく女優たち。


私は、
彼女たちのように、オリジナリティのある仕事をしているわけもなく
ただただ、自分ひとりだけのことで手一杯なだけで

環境も状況も、何もかも違うんだけど
彼女たちの言葉を聞いて、目の前が開けてきたような気がした。


本編を見終えてから
特典映像を見た。

この映画の劇場予告編を見ていたら
ちょっとだけ涙が出てきてしまった。

40代は、きっといいことが待ってるぞ!!

デブラ・ウィンガーを探して@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/11

SIVAはベジタリアン?

私が庭に出たからといって
SIVAも、そう毎度毎度よって飛んでくるわけではない。
裏の方で探索(巡回??)しているときなどは、呼ばないと来ない。

駆け寄ってこないSIVAは、予想に反して見えるところにいた。
しゃがみこんで、夢中になってパクついているところ。

あれ、なんかやったっけ?
 と見てみれば・・・・

  ブロッコリーの芯

家の裏に50センチくらいの高さの、野菜くずなどを干す網の台があって
どうやらそこからくわえてきたらしい。
まあ、SIVAったら・・・・・

だけど
すご~く、うれしそうに
バリバリ音を立てて食べてるんだよね。
おいしそうにして。

それ以来、ブロッコリーの芯は
野菜くずの台に置かれることなく、
SIVAのお腹へ直行することになったのはいうまでもない。

ベジタリアンというよりも、
ゴミゼロ化に貢献するSIVAであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/10

新展開か?? オールイン

オールイン オリジナル・サウンドトラックどうしても
「ホールイン」っていってしまう自分に困っている「オールイン」。
ゴルフ場のシーンが増えたら
ますます間違ってしまいそうだ。

それはさておき、

新しい部署に移ったスヨンが
最初にお世話することになったのは「日本人の団体さん」。
「お礼の食事に招待したい」とスヨンを迎えた10人様ご一行。

みな黒いスーツ姿  ひぇ~
どうみても、かたぎじゃないんじゃないかいな。


その中のボス(?)がスヨンにほれてしまって、振られてしまうんだけど
もしかして、
今後、イナにからんで
スソン組と「日本人の団体さん」のバトルが見られるかもしれない!!

なんだか、とってもわくわくしてきたぞ。
ますます目が離せない
             「ホールイン」!!

・・・・・
もとい
「オールイン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささやかな 悩み

ほんのちょっぴりだけ悩んでいることがある。

   6月16日「フルタイム・キラー」DVD発売!!

あの
「フルタイム・キラー」が発売されるんだよね。
 ああ、聞こえてくる・・・・・・“オマエハモウアジアイチジャナイ”
 

香港版を持っているから、
普通だったら悩むことなくパスするんだけどね。


 特典

  が、
  悩ましい。


「初回生産限定:スペシャルパッケージ仕様」
 これは別に、どうだっていいんだけどね


「映像特典:アンディ・ラウ&反町隆史インタビュー/来日記者会見/メイキング/予告編集/スタッフ・キャストプロフィール」
 これんなんだよね~

インタビューと来日記者会見

ワイドショーでちらりと見たのは、どれも妊娠ネタばかりで、
映画の話がほとんど聞けなかったから・・・・・


ああ、悩ましい。

商売上手にのっちゃうんだろうな、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シモーヌ  渋谷じゃないか!?

シモーヌ デラックス版10年も作品がこけ続けている、アル・パチーノ演じる映画監督。
かつての名声も今は昔・・・・主演女優のわがままに怒りが爆発するけれど
いまや落ち目の監督としては、女優に勝つ術がない。

主演女優の降板で、制作中の映画が中止となって9か月後
シモーヌ という女優で作られた新作は、見事に大ヒット。
シモーヌの魅力に、アメリカ中・・・・いや、世界中が熱狂するほどになった。

監督に守られて絶対に表には出てこない シモーヌ は CG女優。
リムジンも何も要求せず、酒ものまず、太ることもなく、
そして、すべて監督の指示通りに動く、まさに理想の女優だった!


先にノベライズを読んでいて、そこに載っている シモーヌ の写真を見て
・・・・
そんなに魅力的かいな?  って思っていた。

でも、実際に動く シモーヌ は
どこか人間離れしていながらも、結構ドキッとする表情をしたりして楽しかったな。


そもそもが、
こんなにコロっとだまされるの? という世界だったから、面白く見てしまった。


スタジアムコンサートシーンは、現実にもあるかもしれないって思ったし。
現実でも、モニターが付いている会場では、
どちらかというと観客は、ステージを見るよりもモニターを追うことが多いから
ステージ上には全然別の人がいても(誰もいなくても??)
気づかないかも・・・・なんてね。


ところで、このレンタルDVDは最近では珍しく特典映像がいろいろついてた。
(この頃のレンタル版は、本編のみが多いんだよね)
インタビューや、NGシーン集。
NGシーンは見ていて、へ~ ってな感じで面白かったな。

シモーヌ@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/06/09

携快電話10

携帯電話用のソフト「携快電話10」を購入。

携帯電話のヘビーユザーでもないし、
最近は携帯メールもほとんどしてないから、いらないかな~? と悩んだんだけど、
携帯電話も新しくしくなったから、買っちゃった。

インストールして画面を開いて、どひゃ~ん(ちょっと大げさ・・・)

今まで使っていたバージョン6と画面が全然違うんだね。
バージョン6というのは、
開くとTOP画面が携帯電話の絵になっていてが、ほほえましかったんだけど
10の画面は普通の画面。
・・・・・・

今日のところは、インストールして設定までで よしとしよう!


目指すは、着メロ作成!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/08

十面埋伏 じゃだめなの?

来年のアカデミー賞に出品が決まったという「十面埋伏」。
チャン・イーモウ監督の新作で、先日のカンヌ映画祭で上映された
この映画の邦題は「LOVERS」だ。

香港では、日本より約1か月半ほど早い7月15日に公開されるそうで、
予告編をインターネットで見た。

 いや~、かっこいい!!

アンディ・ラウと金城武が戦ってるシーンが、しっかりと写される。
  竹やぶで、雪原で。

    そして、

 最後に赤い血が一滴・・・・・


日本版の予告編も見ているけど、映画の印象が大分違うんだよね。

「LOVERS」というタイトルをつけたとおりに、日本版の予告編は「愛」でまとめちゃってる。
だから戦ってるシーンはほんのちょっぴり。
せっかくの“武侠片”なのに~

私は、香港版の予告編の方が好きだな、断然。


チャン・イーモウの前作「英雄」→「HERO」はタイトルそのままだったからいいけど
今回の「十面埋伏」→「LOVERS」って、無理があるのではないかしら????
 と、
かなり不安に思ってるんだけど、大丈夫かな?


オリジナルの英語タイトルは「HOUSE of FLYING DAGGERS」らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨン様かつら

朝刊に載っていた、週刊朝日の広告に

 「 ヨン様かつらで ペー・ヨンジュン 」

 という見出しが。


やられたー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楊貴妃 壱

楊貴妃 壱台湾のTVシリーズらしい「楊貴妃」の壱を借りた。

どんな美貌の女性が、その美しさを武器にのし上がっていくのだろうかと
わくわくしながら見た。

・・・・・ジャケットで見た楊貴妃は、かなりよかったんだけどね~
動いている楊貴妃は、いまいちかな~
眉が細すぎだし。


ストーリーはさておき
独特のテンポで進んでいく「楊貴妃」。

冒頭の狩のシーンが、スローモーションを多用してとにかく長い。
もしもこれが日本でやってるTV番組だったら、私はとっととチャンネルを変えていただろう。
(もっとも、早送りにしてしまったけど)

他にも、行列シーンやら
(あまり実のない)抱擁シーンやらが長い。
どのくらい長いかというと、一般的なドラマで、
「このくらいで次!」と思う時間の倍くらいなんだもの。
寝そうになった・・・・

だって、やったらとちんたらやってるんだもの。
ベッドシーンや裸のシーンも出てくるのだけど
これが、本当に意味無く長い。
な~んにもしてないに等しいシーンが続くんだな。
裸さえ見られるのなら! という男の人向きのドラマなのかしら?
「さっさと、何かしろぉ!」と、突っ込みをいれたくなる感じ。

もうちょっとテンポよく、ドラマチックにしてほしかったのにな。
けど、
「女はお前だけだ」なんて楊貴妃(玉環)に言っていたはずの皇帝が
突然現れた女性に目を奪われたところで終わっちゃったから
これは、弐も借りなくてはいけないね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/07

「アンディ・ラウの~ 」

きのう見た「黒白森林」のように、
このごろの香港映画は、香港公開からあまり間をおかず
日本でも見られるものが増えてきた。
劇場公開がなくても、ビデオ(DVD化)されるのはありがたい。

たとえ、その邦題がヘンであっても。


          「アンディ・ラウの麻雀大将」


「ジャッキー・チェンの~ 」
「レスリー・チャンの~ 」
「チョウ・ユンファの~ 」
「トニー・レオンの~ 」
「スー・チーin~ 」
・・・・・・・
数え上げればきりが無いくらい、タイトルに俳優名がつくのはよくある話。

 しかし

「麻雀大将」

           「大 将」      なんだもの。

確かに、麻雀が強い主人公が出てくる話けど
この邦題はなんとかならんかね、とちょっとトホホホなんだよね。


旧正月映画のお気楽な内容だから、ぴったりといえばそうだけど・・・・・
もうちょっとねぇ。
アンディとかクー・ティンローとかジジとかを知らない人でも
手にしてみようって思うタイトルにね・・・・・・

そういえば、監督はジョニー・トーだったんだわ。

アンディ・ラウの麻雀大将@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SIVA、食パンをもらう

ちょっと古くなっちゃった食パンを1枚もらって、ご満悦のSIVA。
食パンの一角をパクリとくわえた顔は、とってもうれしそうに見える。

どんなに、お腹がいっぱいだって食べ物には目がない。
すぐに食べるかと思ったら、食パンくわえたままうろうろしだす。
喜び飛び回っている風ではなくて、何かを探しているみたいに。

部屋の中からSIVAを見てみる・・・・

パンをくわえたまま、庭の隅に穴を掘りはじめた。
どのくらいの深さになったのか、
真っ白な食パンを、その穴に入れて
鼻先で土をかけている。

やっぱりお腹がいっぱいだったのかな。


SIVAの作業が終わったころ、庭に出てみた。
「シヴァ、パンおいしかった?」
・・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

“映画は大映” 白い巨塔

白い巨塔 劇場版映画「白い巨塔」をレンタルした。

実は、田宮版「白い巨塔」は今まで一度も見たことがない。
去年の番組が、私の始めての「白い巨塔」だった。

150分にも及ぶ超大作の映画だが、20話余のTVで見てるとちょっと物足りなかった。

 が

    オープニングが、凄い。


いきなり手術シーンから始まってしまう。
華麗な手術の手さばきを克明に見せてくれる。

画面がモノクロだったから、なんとか見ることができたけど
これがカラー映画だったら、見れなかったかもしれない。


この間まで「てるてる家族」でおばあちゃんをやっていた藤村志保が
東教授の娘・佐枝子役で出ているのにはびっくりした。
その東教授は黄門様、じゃなくて東野英治郎。
少し前に見た、森重久弥の「サラリーマン忠臣蔵」っていう映画にも出ていて
そのときの吉良という敵対するイヤなヤツの役柄とダブって見えてしまったり・・・・いかんいかん。


さて、レンタルしたDVDには予告編が2つ入っていた。
これがおもしろかった。
1つは“撮影快調”てな感じの速報編。速報といっても、長いけどね。
もう1つは普通に予告編。

予告編では、主要な役のところに俳優の名前が出てくるから、すご~くわかりやすかったな。
へ~、ほ~、ってな感じでね。

そして、最後に

     「映画は大映」

とってもいいものが見られて、借りてきてよかった! と思ったDVDだった。

白い巨塔 劇場版@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/06/06

ブラック・シティ 黒白森林

レンタルした「ブラック・シティ 黒白森林」を見る。

インファナル・アフェア風を狙った話で、香港でヒットした~
という話を聞いていた、去年の作品。
まさか、字幕付きのものが見られるとは思ってもみなかった。しかも、こんなに早く。
これもひとえに、
インファナル・アフェア」がヒットしたからなんだろうな。嬉しいね。


続きを読む "ブラック・シティ 黒白森林"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/06/05

くるみの初恋

実家は菓子胡桃の産地にある。
そばを食べるときに、胡桃を刻んで入れるとおいしいんだな~



続きを読む "くるみの初恋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上海の夜??

シャンハイ・ナイト コレクターズ・エディション公開時に見逃してしまっていた「シャンハイ・ナイト」をレンタルした。
ジャッキー・チェンが主演で、「シャンハイ・ヌーン」の第2弾。

英語のタイトルを見るまで~上海の夜~という映画だとばかり思っていたけど

ナイト=knights・・・・

     騎士だったとは!!

予告編でビッグベンから旗を破って落ちるシーンを見たときに
そのシーンが夜だったから、てっきり「上海の夜」だと思いこんでしまったんだよな、きっと。


ジャッキーはあいかわらず、小技を効かせたアクションをいろいろと披露する。
かつてのジャッキー映画で見たことあるシーンだなぁ・・・・
なんてことをどこかに置いておけば
楽しく見られるってものです。

不満なのは、ドニー・イェンとの対決シーン。
もっと見せ場をつくってくれたらいいのに、
あんまり華がなくってね。
しまいには、
大真面目な顔をしたまま“人間花火”として散っていった
ドニーが哀しい・・・・・・

切り裂きジャック? シャーロック・ホームズ? チャップリン?
コナン・ドイル????
あくまでも実話につながるといいたい、お遊びなのだろうかね。

ということで、小技効かせのアクション以外は、
とりたてて面白くない話でした。
ジャッキーの妹役の女優が、私好みじゃないってのも
面白くないと思わせる要因かもしれない。


あ、
スコットランドヤードの刑事役の人は、すっとぼけていて良かったけどね。

シャンハイナイト@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (1)

遊園地のお作法・・・なのに

東京ドームシティの「タワーハッカー」は
地上80mの高さから座った状態で垂直に落下する乗り物。

近くに行くと、丁度人が乗り込んで動き出すところだった。

ぎゃあぎゃあ騒ぐ人を下から見ると、
それだけで怖さを体験できるという優れた乗り物なのだ。


1面おきに人がまばらに座っている。
女性ばかり。

スルスルスル~
人を乗せたイスが上っていく。そして
止まる。

落下時間は思いのほか短い。

・・・・・・・・・


????

「キャア」とも「ぎゃあ」とも、何も聞こえないまま
終わってしまった。

せっかくギャラリーになっていたのに、
はずされてしまった気分。


騒ぎモノ系の乗り物にのったら、やっぱりギャアギャア騒ぐのが
遊園地のお作法だと思うんだけどなぁ。
近頃は、違うのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初体験「ビッグオー」

夕食のあと、まだ営業している後楽園遊園地へ行く。
今は東京ドームシティというらしいが・・・・

金曜の夜というのに、比較的空いていた。
「花金なのにねぇ」と、懐かしいフレーズを口にする友。

待ち時間が0分となっている大観覧車「ビッグオー」に乗ることにした。

-地上150m、15分の空の旅をお楽しみください-
と案内され、観覧車に乗り込む。

ゆっくり、ゆっくり上っていく。

いつしか、「スカイフラワー」(パラシュートのようなアトラクション)の柱の頭より高くなり
「タワーハッカー」(座ったまま一直線に落下するアトラクション)より高くなった。
東京ドームの屋根全体が良く見えるようになる。
真下を見て「ひぇ~」と思いながらも
周りに広がる夜景に目を奪われる。

こんなに大きい観覧車に乗ったのは初めてのこと。
観覧車なんて、ただ上がるだけの、つまらない乗り物と思っていたが
認識を改めた。

楽しかった!!

しかし、
一緒に乗るのが男だったら、また違う感動があるのだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/04

SIVAの音

シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン
シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン

どうも首のあたりがかゆいらしい。

シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン
シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン
シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン

後ろ足を使って、首輪のあたりを一生懸命かいている様子が
部屋の中にいても、この音でわかるんだな。


SIVAの首輪には、直径2センチほどの丸い鈴がついている。

最初から鈴がついている首輪ではなく
普通の首輪に、父が鈴をつけた特別仕様の首輪。


姿が見えなくても「SIVA」と呼べば
シャンシャン
という音が聞こえてくるから、どこにいるかわかって安心。

「シヴァ」と呼べば
シャンシャンシャンシャンシャンシャンシャン
とすぐに駆けてくるしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/03

今日のオールイン

オールインの思い出の旅イ・ビョンホン演じるイナが見事な回し蹴りを決め
「ブルース・リーの親戚という噂が流れた」という台詞。
おまけに、
武術の指導をしているシーンまで出てきた。

カジノが舞台だと思っていたこの番組で
巧夫が見られるなんて
なんだか、面白いぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SIVAのしごと

SIVAのしごとはたくさんある。

番犬のしごと

  この家の平和はわたしが守るんだから、ヘンなヤツは絶対入れない!

  黒い服を着てふらふら歩いてる ワン! ワン! ワン!

  小さいこどもは何をするかわからないから ワン!! ワン!! ワン!!

  中でも一番あやしいのは、門についている箱に馴れ馴れしく触っていく
  赤いバイクに乗った人だ!!!
  ギャン!!! ギャン!!! ギャン!!! ギャン!!! ギャン!!! ギャン!!!
  ギャン!!! ギャン!!! ギャン!!! ギャン!!! ギャン!!! ギャン!!!

  ああ、やっと行った。

庭の巡回のしごと

  クンクンクン この土の中から、何かがにおう。怪しいやつが、侵入したら大変。
  ホリ ホリ ホリ ホリ ホリ
  「あ、SIVAったら、また庭に穴をあけてる」
  ・・・・・・
  しごと、しごと
  ホリ ホリ ホリ ホリ ホリ

見守るしごと

  あ、ドアがあいている!
     出てこないかな・・・・・・

  おかあさんの足音だ
     出てこないかな・・・・・・

  おとうさんの声だ
     出てこないかな・・・・・・

  出てこないかな・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続編といえば

欲望の街~古惑仔 I・銅鑼湾(コーズウェイベイ)の疾風「古惑仔之人在江湖」という香港映画は、イーキン・チェンを一躍有名人にした大ヒット作。
当時の香港は、イーキンの真似をした若者が街中にあふれるほどだったらしい。

イーキンの真似とは、すなわちロンゲで革ジャン!!

うう、冬でも暖かい香港で革ジャン!! さすがオシャレ!!・・・・・・
1996年のこと。


欲望の街~古惑仔 II・台湾立志伝
大ヒットのあまり、
その続編「古惑仔2之猛龍過江」を、すぐにつくってすぐに公開して
それがまたまた大ヒット!!

その後も「古惑仔3之隻手遮天」「97古惑仔戰無不勝」とつくられて、
おもしろさがパワーダウンすることがないシリーズ映画になっている。
これって多分、
徹底的に娯楽映画に徹しているのと(舞台は組関係ものですが)
登場する人々が魅力的なところによるんだなと思った。


ここまでの4作は、日本でも
「欲望の街 古惑仔1」「同2」「新・欲望の街1」「同2」と
公開されたんだけど、
その後の2作は未公開のままなのが残念。
狼たちの伝説(原題:勝者為王)
98古惑仔龍爭虎門」、「勝者為王」は、前の4作に比べると
ちょっとパワーが足りないかな? てのはあるけど
「勝者為王」は千葉真一も出てるのにな・・・・

そうそう、
監督は「インファナル・アフェア」と同じアンドリュー・ラウ。
「古惑仔」のときは、
まさかこの監督があんな重い映画を撮るとは思ってもみなかったから
よけいに「インファナル・アフェア」のインパクトが強かったのかもしれない。

追記》「勝者為王」は「狼たちの伝説」というタイトルで日本登場。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/02

インファナル・アフェア2〈ネタバレなし〉

昨年日本でもヒットした「インファナル・アフェア」(「無間道」)。
香港では、大ヒットを受けて「無間道2」「無間道3終極無間」が作られている。

うれしいことに、日本でも「2」「3」が公開されるという。


「インファナル・アフェア2無間序曲」という邦題になったようだ。

無間序曲・・・・確かにそうなんだろうけど、
次の「3」は原題そのまま「インファナル・アフェア3終極無間」としちゃうのだろうか?
まあ、いいけど・・・・

一般的に続編映画は、前作よりおもしろくないことが多い。
でも、この「2」は面白い!!
正直、前作を超えているのかはわからないけど、映画として面白いんだな。

そもそも、前作とは見せ方が全然違っている。
アンディ・ラウ、トニー・レオンは出てこないけど、
魅力的な俳優が、前作に負けずといっぱい出てくる。
 衝撃的なシーンもいっぱい出てくる。
前作での謎も解けてくる(解けないところもあるけどね)。

「インファナル・アフェア」を見た人はぜひ!
アンディ&トニーが再び登場する「3」を見るためには
「インファナル・アフェア2無間序曲」は必見!!


這是最好的時代...、這是最壊的時代...

このコピーが、なんだかとても切なく感じる。

| | コメント (1) | トラックバック (4)

香港へいこう -映画編-

映画好きな人は、香港へ行くととってもいいと思う。

なぜなら、香港映画だけでなくて外国映画をいっぱい上映しているから。
それも、日本より全然早く公開されている。
   (悲しいかな、香港映画の上映館が少なくなっている・・・・)
日本語の字幕はもちろん無いけど
中国語(漢字)の字幕がつくから、なんとなくわかる。
 中国語の映画の場合は、英語と中国語の字幕が並んで出る


私は韓国で韓国映画を見たことがないけど、
韓国映画のVCDをお土産に買ってきてもらったことがある。
当たり前だけど、字幕はついていから本当にカンだけで見た。
結構つらかった・・・・
(映画は、日本公開の話が全くないころの「反則王」)


香港でも韓国映画を見たことがないけど、香港版のVCDは買ってきた。

これがイイ!!

英語・中国語のみならず、ハングル語もわからない私だが、
香港版なので中国語と英語の字幕がつく。
だから、韓国版の「反則王」のような辛さはなかった。
(ちなみにかって帰った映画は「カル」。全く予備知識を持たずに、
 主演のハン・ソッキュ、シム・ウナにつられたのだが・・・・映画の内容は辛かった^^)

香港版韓国映画で何よりもうれしいのは、
記号にしか見えない俳優の名前が、漢字で表記されるところ。
なんとなく、すっきり落ち着いた気分になれるんだな。


というわけで、

香港へ行ったら映画を見ましょう。
できれば、香港映画も見てほしいな!!


   余談
    香港版「反則王」は吹き替え版があって、主演のソン・ガンホの声は
    チャウ・シンチーがあてている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

香港へいこう

夕刊に、香港では激減した日本人観光客が戻ってこない という記事が載っていた。
そのために、今、いろいろなイベントなどで呼び込もうとしているようだ。
   そういえば、
   日曜の昼間にやっていた香港の紹介番組もそうだけど
   今年は吉本興業と組んでるみたい。
   どんなお楽しみがでてくるか、少し期待している。


去年の12月香港へいったとき、白人と大陸からの中国人観光客がたくさんいたけど
日本人観光客は少なかった。
クリスマスイルミネーションがきれいな時期。
何年か前の12月に行ったとき
「え~、なんでこんなに日本人客がいるんだ!?」
と不満を言っていたのが嘘のようだった。


香港は見違えるようにきれいになっていた。

チンピラモノの映画によく出てくるように、以前の香港の路地は汚かった。
いろんなモノが置いてあるから、暗くなったら絶対通れない怖い場所でもあった。

でも、SARSの流行のおかげでか
目にしたどの路地も障害物がなくなっていて、ゴミ1つない(まあ、全くないわけじゃないけど)
安心して通り抜けできるきれいな場所になっていた。
初めて目にした、新しい香港だった。

路地だけじゃなくて、トイレもきれいになっていた。
映画館のトイレも、緊張せず使える清潔さだった。


だから、香港に行こう!!
・・・・・
って、お金に余裕があれば、すぐにでも行きたい私なんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/06/01

機種変更-3

携帯についているカメラを使って、ぬいぐるみを撮ってみる。
モノクロにしてみたら、かなりかわいい。

お気に入りとなったので、待ち受け画面に設定することにした。
大きい画面は先客があるから、背面のウインドウに設定!!!
 ★これなら、閉じているときもさりげなくアピール(誰に??)できるしね(笑)★


    携帯電話って、
    使っていないときは
    ウインドウのバックライトが
    消えてしまうんだよね。


せっかくのお気に入りの写真なのに、
真っ暗でわかりゃしない。
しかも、モノクロ写真だから、
暗くなった画面にしっかりとけこんでしまっているし。

電話を使うときは、裏っかわになっちゃって
見ることはできない・・・・・


というわけで、このお気に入りの写真は
仲間を増やしてアイコンにすることに決めた。

さあ、仲間たちの撮影だ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »