« 本当はどこにつけたらいいのだろう? | トップページ | 楊貴妃 参 »

2004/06/19

耳たぶ

私の耳は、福耳とは正反対。
耳たぶがが存在していないのである。

だからといって、別段不自由は感じないのだが
耳たぶがたっぷりの人を見ると
「ああ、あの人は裕福なのだろう」と
わが耳たぶを思い、生活を振り返ってしまうことも(笑)


この耳は、父からそっくりそのまま受け継いでいる。
遺伝というのはすごいよね。
ちゃんと親の特徴を子に反映させてしまうのだから。

今日、誕生日を迎えた。

誕生日は、親に感謝する日。
30を過ぎてから、誕生日を迎える度に感じている。

そして、
親にはいつまでも元気でいてほしいと願ってしまう日でもある。

|

« 本当はどこにつけたらいいのだろう? | トップページ | 楊貴妃 参 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/798464

この記事へのトラックバック一覧です: 耳たぶ:

« 本当はどこにつけたらいいのだろう? | トップページ | 楊貴妃 参 »