« くるみの初恋 | トップページ | “映画は大映” 白い巨塔 »

2004/06/06

ブラック・シティ 黒白森林

レンタルした「ブラック・シティ 黒白森林」を見る。

インファナル・アフェア風を狙った話で、香港でヒットした~
という話を聞いていた、去年の作品。
まさか、字幕付きのものが見られるとは思ってもみなかった。しかも、こんなに早く。
これもひとえに、
インファナル・アフェア」がヒットしたからなんだろうな。嬉しいね。



監督は王晶。
今当たっているものは何か? どんな映画を撮れば観客が来るか?
ということをちゃんと心得ている監督。
間違っても「自分の信条のため」「芸術のため」なんてことは言わない。
まあ、コメディ好きで
「マネッこがなんでいけないの? みんな見るのに」という姿勢の王晶。
私の好きな監督のひとり。あまりにもばかばかしい話も、割と好きだ(笑)

ところで、この“王晶作品”は、ギャグっぽいところは全く無い
正統派(?)の人間ドラマだった。
 ※ちなみに、最初に“王晶作品”と出てくるのだった。重厚さを物語ってるね。

主演はたぶん、コーラを演じるレイモンド・ウォンなんだろうな。
クレジットではアンソニー・ウォンとジョーダン・チャンが最初に出てくるけどね。


刑事とやくざが出てくるからインファナル・アフェア風なのか?
あるいは、

   「屋上で起きた、どういう状況だったのか残った者しか知らない殺人」

が出てくるからなのかな。


面白かったけどね、
ついつい気になっちゃったところがある。
センチュリー・オブ・ザ・ドラゴン

例えば、小春(ジョーダン・チャンのことです)がボクシングしてるシーン。
シャツを着たまま打ち合ってるんだけど、
これが、「龍在江湖(センチュリー・オブ・ドラゴン)」のアンディのボクシングシーンとよく似てるんだな。

パトリック・ツェーは、やっぱり葉巻を手放すことなく出てくるしね。

毒を食らっても平気で闘っていたテレンス・インが
あんなにもあっけない最期をとげるってのも、なんだかね・・・・。

ブラック・シティ~黒白森林~@映画生活

|

« くるみの初恋 | トップページ | “映画は大映” 白い巨塔 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/722975

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・シティ 黒白森林:

» 『ブラック・シティ黒白森林』本当の娯楽作品! [@KOBAのムービー!ムービー!]
『ブラック・シティ黒白森林』黒白森林 COLOR OF THE TRUTH(03年香港)  監督・脚本 バリー・ウォン  出演   ジョー・ダン・チャン、レイモンド・ウォン、アンソニー・ウォン、ラウ・チンワン、フランシス・ン  刑事のファンは、マフィアのボス、チュウと同僚の7(セブン)アップをビルの屋上に追いつめる。刑事の7アップはチュウとつながっておりチョウを逃そうとしていたのだ。闇夜に鳴り響く銃声�... [続きを読む]

受信: 2005/07/07 22:11

« くるみの初恋 | トップページ | “映画は大映” 白い巨塔 »