« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004/07/31

レイ・ハッカン! のこと

たぶん、日本人で知っている人は凄く少ないと思われる
李克勤・・・日本では、ハッケン・リーと紹介されている。

アンディ来日と同じ頃、どうやら日本に来ていたらしい。
・・・・・なんというか
ただならぬ“縁”を感じてしまうのだが、
でも、あまり嬉しくない(笑)

1999年
香港で行われたアンディのコンサートを初めて見たとき
アンディが声高々に呼んだ“レイ・ハッカン(広東語読みですね)”。
君さえいれば 金枝玉葉
「君さえいれば」でアニタ・ユンがオーディションで歌った「それが大事」は
香港でハッカンがカバーしている曲。
ゲストでステージに上がったときに歌ったのが
この曲だった(「紅日」というタイトルらしい)。

2001年
アンディの香港コンサート。ゲストはまたまたハッカンだった。
それはいいとしても
2年前のときと同じ「紅日」を歌うというのは・・・・。
 他に曲はないのか、ハッカン!?

  ・・・・・・

このように、ただなぬ“縁”を感じてしまってて、
今年の9月のコンサートでも
またハッカンが歌う「紅日」を聞けるのではないか??? という 不安 がよぎる(笑)


李克勤
「香港の実力派シンガー」らしく、
最近は譚詠麟とユニットを組み「左麟右李」というコンサートで人気を博している。
アンディと仲良しみたいなんだよね^^


追記〈2005.4.1〉
李克勤は4月16日公開の注目作「インファナル・アフェア3終極無間」の主題歌を歌っているので、日本でもブレイクするかも?^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/30

日本人だよ~

月曜から始まった嵐のような一週間がようやく終わった。
きのう、今日と夢見心地のまま社会復帰は難しく・・・(笑)

ココログでも「LOVERS」を話題にあげている人が
ぽつぽつといるようで嬉しい限りです。

その中で、ありゃりゃ~ の記事を見つけてしまいました^^
もっとも、
知らない人たちからしたらこんなもんだろうと思います。
舞台挨拶の司会者ですら勉強不足のとんちんかんですから、
取材にやってくる人々は、それ以上ということも十分アリ。
とにかく“絵”にさえなれば、何でもアリという世界ですものね。

そろいのTシャツを着てアンディを応援していたのは
確かにアンディのオフィシャルファンクラブの面々です。
しかし、
フロム香港じゃなくて、フロムジャパンなのでした(もちろん、スタッフは香港から来ましたけど)。
日本支部はないですが、日本にも会員は結構いるのです。
  ・・・信じられないんだろうな(笑)

バスをチャーターしてというのは、一体どこから聞かれたのかがギモンです。
当日レッド・カーペットと入場の2種類をファンクラブが手配してくれましたが
どちらも参加者は現地集合でしたからね^^

   ・・・それとも、私たちが全く知らないところで
     香港から会員が大挙・バスをチャーターして
     やってきたのかもしれませんけどね(笑)

今回のジャパン・プレミアはvolvicで募集=金城メイン、という構図がありありで
これはこれで納得すべきだし、面白いものだと思います。
それにしては、舞台上まるで「香港電影金像奨」受賞者のコメントのような
ビル・コン氏(製作者)が感謝する言葉の中に
「volvic」がなかったのがおかしかったのですけどね。

ジャパン・プレミアで楽しんだ後
また別の楽しみを見つけた気分で、なかなか愉快です。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004/07/29

LOVERS〈ネタバレ:少しあり〉

NHKホールで行われた
「LOVERS」のジャパンプレミアへ行ってきた。

ストーリーをほとんど何も知らない状態で見た。

  おもしろかった!!

が・・・・ちょっと複雑な心境だ。

程小東が武術指導ということで、アクションを凄く楽しみにしてて
バリバリの「武侠片」かと思っていたら、違った。
邦題通りの  の物語になってしまっていた。

・・・・中盤まではとっても壮大なストーリーにわくわくしていたのに
風呂敷を広げすぎたみたいで、おさまりがつかなくなっちゃったから
でまとめちゃったもんねー という印象。

とにかく、「HERO」とは全く印象の違う映画。

突っ込みどころがあまりに多すぎる。
シリアスなシーンなのに、ついつい笑いがこみ上げてしまったりもした。
だから、見ていてとってもおもしろかったんだな。


切れのある殺陣とかっこいい表情をたくさん見せてくれるアンディ。
だけど、ワダエミデザインの衣装はたったの一着。
  胸に大きな○捕のマーク
・・・・・


ラストのテロップ
   アニタ・ムイに捧げる

彼女が出演していたら、「LOVERS」はもっと違った印象の映画になったことだろう。
このテロップを見て、アニタがいないことを痛感させられ
アニタがいたら・・・・と思わずにはいられなかった。

LOVERS@映画生活

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2004/07/28

カッコイイ! けど別珍・・・・

またまた「LOVERS」。

レッドカーペットの至近距離で眺めたアンディは
凄くご機嫌で、すごくかっこよかった。

レッドカーペット滞在時間も長く・・・・
というか、金城武があまりにも早く引っ込みすぎって感じかな。

チャン・ツーイーのウエストって、映画で見るよりもずっと細い!
とってもかわいいレース素材のドレスに、銀の鎖がポイントのブーツを履いていた。
Diorってプレートがついていた。

どんな衣装か気になっていたアンディ・ラウ。
遠目で見たときは、紺の上着。下は・・・Gパン(笑)
近づいてくると、その上着の後ろに何か模様が入っているのがわかった。

そして、その紺の上着は別珍素材のものだった。
しかもベスト付き。

  日本の夏に、この素材を選ぶとは!!

やはりアンディは只者ではなかった。

それまで車の中にいたとはいえ、
この衣装で、ライトを浴びて、
15分以上レッドカーペットに滞在していたにもかかわらず
顔には汗1つ浮かんでいなかった。
さすが、大明星!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/27

LOVERS って

どうやら金城武主演の映画だったらしい。

アンディは主演じゃないのか・・・知らなかったゾ(笑)

さて、
金城武ファンというのは、凄いものだと思った。

ヤフオクにおけるプレミアム試写会の落札価格にはびっくりさせられるし
落札したチケットが2名入場可と知り、あい方ががいない人は・・・・

   いや、これは書くのはやめておこう。

とにかく、凄い に尽きる。


アンディファンの私から見たら、
日本で映画も撮っているし、
連続ドラマも撮っているのだから
露出の多さはもちろんのこと、接する機会だって
香港の俳優よりも 断然 多いような気がするのだけどなぁ。

この、加熱ぶりはね・・・・


明日は
いよいよプレミア試写会。
どんな衣装かな。ワクワク。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/07/26

映画から入るか 歌から入るか

今日は、たくさんの同好の士と会った。

同好・・・・・というのは、
アンディファンの皆さんとご一緒して成田まで行ったのだけど
バスの中でふと、思った。

アンディ・ラウというと、
日本ではやはり
 俳 優 として知られているのだろう。
私が初めてアンディを知ったのは映画だったしね。

一方でアンディは 歌手 でもある。
それも、香港のコロシアムコンサートを●●日連続開催・・・と競うほどの人。

だから日本でも
歌からファンになった という人が結構いるんだよね。

けど、
映画からファンになっても、歌からでも
気づけば
どちらもくまなくチェックしてしまうんだよね。
 たまる DVD VCD CD ・・・・いやじゃないけどね(笑)


今年2度目の来日をしてくれたアンディ・ラウ。
やっぱりかっこいい!

あさってのプレミア試写会では、さらに素敵な姿を見せてくれるんだろうな。
 た の し み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/25

書店にて

買ったのはコレ「香港/マカオ」
旅行ガイドブックを買おうと、紀伊國屋書店へ寄った。

 超混雑!!

旅行シーズン到来だから、みんなガイドブックを探しに来たみたい。

しかし
狭いエリアに、男女または女女のペアが4組も。
棚の前をふさいでいて、目当ての本を探すのにも一苦労だった。

どのペアもそうなんだけど、全く同じ本を開いて相談しているのだよね。
 ・・・・・相談なら、よそでやってくれ~って
 これだけ混んでいたら、そう思っちゃうのは仕方ないよね。

その裏側の棚では、
携帯電話片手に香港のMOOKを開いている女性。
大きな声で、香港のことを とんちんかん に言ってるから
「そのホテルはね・・・」って
思わず話しかけたくなっちゃったじゃない(笑)


書店にもいろんな人がいるもんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リニューアルオープン!

9日間休業したティップネス新宿店が
24日リニューアルオープンとなった。

エレベーターが開くと、そこは別世界。
私が知っているジムじゃない~(笑)

取りすましているんだよね。
新宿というよりも、
まるで青山とか六本木(あくまでも想像)のジムって感じに
きれ~になっちゃってるんだもの。

ロッカールームのロッカーもかわってるし、
パウダールームもみかんのにおいが薫ってきそうなイメージ。
 シャワートイレになってるのは、嬉しかったな。


唯一かわっていなかったのが、スタジオ。
少し前に全面壁が黒っぽくなって違和感満々だったけど
他がこうガラリと変わってしまった今では
なんだかほっとしてしまった。

さて、
お気に入りのファイティングラッシュは、8月からの新振りのお披露目だった。

 ・・・・・ボロボロ。

でも、最初からうまくできちゃったらつまらないし(と言ってみる)
これから徐々に覚えて、
 いつの日か
 かっちょよくキメてやるのさ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/24

人魚伝説

人魚伝説1994年の青春映画。
主演はイーキン・チェンとクリスティー・チョン。
クリスティーは、人魚がぴったり。
もしも海でこんな人魚に出会ったら、
女の私もドキドキしちゃうと思うな。


続きを読む "人魚伝説"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家でこぶしを振り上げて

KOJI KIKKAWA LIVE GOLDEN YEARS 20th Anniversary PRELUDE at BIDOKAN
吉川晃司の20周年記念ライブを収録した
「KOJI KIKKAWA LIVE GOLDEN YEARS 20th Anniversary PRELUDE at BUDOKAN」
という2枚組みDVDを2日間にわたって見た。

当日も思ったのだけど
晃司の頭はちょっといただけない・・・・
でも、
ライブの内容は凄かった。
嬉しかった。

それがギュっと詰め込まれているDVD。
見ていると、
晃司の歌にあわせて自然とこぶしを振り上げてしまう。
どうにも止めることができないんだよね。

この会場に私もいた。
 ということが
一番うれしいのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23

パク・ヨンハ ちょっといいかも

録画しておいた「徹子の部屋」を帰ってから見た。

今日はパク・ヨンハがゲストの回。
先月の来日では、主要な番組をひとつも見られなかったので
(というか、見忘れた・・・・)
やっとまともに見れたという感じだ。

サンヒョクとは大分違って
結構好印象だ。
ペ・ヨンジュンより好きかも・・・

というわけで、
ペ・ヨンジュン < パク・ヨンハ < イ・ビョンホン

こんなところかな。


番組中で流れた「期別」MTVのパク・ヨンハの髪型は
ちょっとね~~~~
って感じだったけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/07/22

美しき日々 vs 人間の証明

「人間の証明」を見ようとフジテレビにしたら
野球中継が延びたようで、20分遅れて開始だという。

じゃあ、それまでとBSの「美しき日々」を見始める。

10時20分になるのはわかっていたけど
そのまま見続けちゃってる。

というわけで

観覧車に麦藁帽子がライトアップされなかったから---
 て わけでもないけど

今日は「美しき日々」が

 勝ち~!


・・・・勝負なんかしてないか^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/21

うなぎをぺろりん!

こうも暑くっちゃ、うなぎでも食べないとまいっちゃう と
土用の丑の日ということで
うなぎを買って帰ることにした。

デパ地下のうなぎ屋。
「最後尾」なんて列ができてる(笑)

ひるむことなく並ぶこと数分。
目の前のショーケースには、値段が違ううなぎが数種類ある。

・・・・・
こうも並べられてしまうとね。

どうみたって、
値段が安いものよりは
高いものの方が、断然おいしそうなんだもの。

並んでまでして買うのだからと、一番高いのを選んでしまった。
(一番高いといっても、1,365円也^^)

近所のスーパーで売ってる、たれがべとべとになってるのと違い
上品なたれ具合のぷっくりしたうなぎは
とってもおいしく・・・・

・・・・2人前あるはずのものを
1人で一気食い!!!


これで、明日の暑さも乗り越えるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あの冬のソナタの“ヨン様”も」

9月の香港への旅。
やっと飛行機とホテルを決めたんだけど
それでもまだなお、「香港」と名のつく新しいパンフレットを集めてしまう。

 なんて勉強熱心なわたし^^


さて、近ツリのパンフレットを見ていたら、表題のようなコピーがあった。
香港のパンフレットなのにってのが、ポイントか?

 ハーバープラザホテル は、1度泊まったことがある。

もういちど逢いたくて 星月童話
 スタンダードでも広々とした客室が魅力的な、ゴージャスで新しいホテル。
 香港返還の式典の際には、中国の要人が泊まったそうで
 「星月童話」(原題「もういちど逢いたくて」)で
 潜入捜査官のレスリーと常盤貴子が初めて会ったのは
 ここのエレベーターホールだった。

 なかなかいいホテルなのだけど
 ワンホア地区という、繁華街からかなり離れた立地のため
 率先して利用したいホテルじゃないんだよね。
 ホテルの周りにはお粥屋もスーパーも、映画館もあるんだけど
 街並みがきれいすぎて、香港らしくないってのもね。

ここに、集客力を高める強力なコピー が(ひっそりと)ついていた!

 あの冬のソナタの“ヨン様”もこの春泊まったデラックスホテル


これはぜひ、ファンの方々に利用してみてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/20

リベンジ! 天上の剣

天上の剣-The Legend of ZU-「天上の剣 The Legend of Zu」を見た。

レンタルしようかしまいか、ずいぶん悩んだ末借りてきた。

なぜ、悩んだかというと。

  原題「蜀山傳」を、実は香港で見ていたから。

  見ているときに寝てしまったから。

  しかも、細切れに何度も意識をなくしてしまったから。

・・・・同行した友人には「寝たぁ~?信じられない!?」と冷ややかな言葉を頂戴した。


ちなみに、
同じツイ・ハークが監督した「蜀山奇傳 天空の剣(映画祭時タイトル:蜀山)」は
第1回のファンタスティック映画祭で見ている。
たぶん、初めて目にしたワイヤーワークの映画で、
出演者の動きの華麗さもあってワクワクして見たものだった。


進化した(?)「蜀山傳」はというと
ワイヤーワークに代わって、CGが
 これでもかぁ!! ってほど出てくる。

 遠くの方で誰かがぴゅんぴゅん飛んでいる。
 あちこちで誰かが飛び回って、何かが砕け散って・・・・・
   そして、意識不明に陥る私・・・・・

ほどなく復活! スクリーンを見ると
さっきと同じようなシーンが続いている・・・・

  あれ~~~~ まぶたがぁ~~~~

ってのが、2001年の夏だった。


日本語字幕でじっくり見た「天上の剣」は、ちゃんと理解できて
話もよくわかった。
思いのほか、おもしろかった。

イーキン・チェンは、こういった役、さすがにうまい!!
マンガチックな役どころを、照れることなくきっちりなりきって演じている。

CGばかりだったのは気に入らないけど
他の映画ではなかなか見られない
パトリック・タムの武術シーンがいっぱい見られたから
満足満足!! ってことで。

天上の剣-The Legend of ZU-@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (1)

反省 3連休

ほとんど何もしないまま終わってしまった3連休。

おっと、
3連休の最初の日は
ライブに行ったじゃないか!
忘れてしまっていたよ。

これも、残りをぐうたら過ごしすぎたからだね。

 反省


次の3連休のときは、
もっと有意義に過ごしたいものだ。


今度の3連休は9月ね。
   、香港から帰ってきてすぐかぁ。
   ・・・・また、ぐうたら過ごして終わっちゃいそうだな・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/19

リニューアルはいつできる?

ホームページのリニューアルを考えている。
この3連休は、
とってもいいチャンスだったのに、
ほとんど何もできなかった。

 1) コンテンツの整理
 2) コンテンツの新設
 3) デザインの変更

この3つをしたいのだけど、
双子座ってのが影響している私。

  あっちへフラフラ、こっちへフラフラ・・・・・

1をちょとやり始めると、
2の内容が浮かんでくるから2にかかり
3のアイデアが浮かぶとそっちへと・・・・

こんなんじゃ、いつまでたっても前に進まない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/18

仔犬

パレットタウンの1階に
犬・猫屋・・・もとい
ペットショップがある。

12月にZeppに行ったときに知った店だ。

今回も覘くのを楽しみにしていた。


いるいる。
猫もいるけど、私が見たいのはやっぱり犬。
ちっちゃい犬が、いっぱいいる。

ほとんどの犬が、暑くてぜいぜいしながら寝てる。
それも
なんかとっても不自然な格好でね。

仰向けに寝ていたり、
後ろ足をまんま投げ出していたり。。。。
おいおい、
それはないだろう!! ってね^^


仔犬って本当にかわいいよね。
ずーっとちっちゃいままだったら、あの狭い部屋でも飼えるかな? なんて
つい、
幻想を抱いてしまうけど

だめだめ。

一人暮らしでは何も飼うことはできないな。
死なせちゃうもの、きっと。

今の私は
自分のことで手一杯だから・・・・・


こんな夜は、
SIVAのことを、想ってしまう。

いつでも、
どんなときでもやさしかったSIVA。

私がしゃべってることを
ただじっと聴いていてくれて
  ・・・・おおっと、どこ行くんだよ~~~ってのもあったけどね(笑)
寄り添ってくれるのが嬉しかった。


SIVAに会いたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/17

人間の証明を見て

ZeppTokyoに行った。
TVドラマ「人間の証明」でポイントとなっている観覧車があるところだ。


ライブが終わって、カラフルに光る観覧車を見上げる。

「麦藁帽子、ないね・・・・・」
一緒にいた友人と一緒につぶやいてしまった。

ドラマのような麦藁帽子は、いつまで見ていても浮かんでこなかった。

ひそかに楽しみにしていたんだよね。

麦藁帽子が映ったら、
「さすが、フジテレビ!!」 って思ったのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/16

スー・チーinトラブルセブン

我愛7777香港で見たときには

   ぜ~~~ったい、日本では見られない(オバカ)映画!!

と思っていた「我愛777」が
スー・チーinトラブルセブン」という邦題になって日本語字幕が付いた。

 すばらしい!

スー・チー in トラブル・セブン
というわけで、レンタルして見たら
やっぱり面白い!!

パトリック・タム(譚耀文)がいいんだよね。
この映画を見て、一気にファンになったんだよね。

・・・・その後、出演作を追って、尻すぼみになってしまったことは
   決して誰にも言うまい・・・(笑)
センチュリー・オブ・ザ・ドラゴンけど、「龍在邊縁」での野心あふれる若者役は良かったから、やっぱり好きな俳優の1人なんだけどね。

そして、
スー・チーはやっぱりすごくイイ!!
“ファニー・フェイス”という言葉がぴったりのスー・チーは
いい女優だよねって思っちゃうな。

後に「決戦」にも出演している台湾の(巨乳)女優・天心もいいし
本当に
見ごたえのある映画。
サンドラ・ンも美味しい役どころで出ているしね。

それにしても
香港映画の女優って
なんでこんなにかっこいいんだろうね。
アクションのキレがすごくよくって
女の私も
くらくら~~~って
ほれてしまうんだわ^^

スー・チー in トラブル・セブン@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/07/15

次回は8月だってぇー?

オールイン DVD-BOX 1
なんてこと!!

次回の「オールイン」は8月5日???
2週間もお休みだなんて、
寂しい、寂しすぎだよ~!!

けど
19日からは「美しき日々」を一気にOAするんだって。

だから「オールイン」がお休みになるってわけで、
・・・・・残念なようで、
  ・・・・でも嬉しいような
    ・・・・・・複雑な心境だな。

とはいえ
キッザ~なミンチョルをもう一度見られるってのは

 正直、嬉しい~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性感都市

知らない人が聞くと おそらく
ギョッ とすると思われるタイトル「性感都市」を見た。

「SEX AND THE BEAUTIES」という英語タイトルからわかるように
「SEX and the CITY」の香港版という
   王晶作品


続きを読む "性感都市"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/14

火消し屋小町・・・ベル・エポック

NHKのよるドラ「火消し屋小町」を
きのうから、なんとなく見始めた。
第2回の本日、
エンディングの歌が終わるまで見ていた。

 逢坂みえこ 原作 なんだ。 知らなかった~

ベル・エポック (1)
逢坂みえこというと、私が大好きな「ベル・エポック」を描いた人。
アイドル雑誌の編集者 鈴木綺麗の日常と
彼女の周りのいろんなタイプの人々が
笑ったり泣いたり悩んだり。
若い子もおやじも、みんないい人でね。

綺麗とちょうど同じくらいの年だったから、
大いに共感して、
連載されていた「YOUNG YOU」を毎号楽しみに読み
単行本も買い揃えていたっけ。


 そういえば、石田ひかり主演で映画にもなった。
 今の今まで忘れてた。
 映画化にわくわくして見に行ったんだ。

 綺麗=石田ひかり は  だったけど
 他のキャスティングはなかなかよかった。

 でも、・・・マンガに負けていたような感想を持ったことを覚えている。


映画を見たことを忘れていたから
肝心のストーリーはもちろん忘れてしまっている。
レンタルあるのかな?
また見てみたくなっちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/13

たいやきくんと一緒かも?

東京も梅雨明けしたらしい。
これで、名実ともに(?)夏だ!!!

朝から、道路の照り返しがつらい毎日。

 毎日毎日、鉄板の上で焼かれて
 いやになっちゃう            という

たいやきくんの気持ちを
痛感しちゃう
今日この頃・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/12

十面埋伏 プレミア上映会in北京

8月28日の公開がとっても待ち遠しい
「LOVERS」・・・・「十面埋伏」のプレミア上映が
北京で盛大に行われたようだ。

監督、主演3人の俳優たちと
なかなかの豪華なシーンがあちこちのサイトでも紹介されていた。

しかし・・・・・

タケちゃん(金城武)って、大きいね。
と、しみじみ思ってしまったわ。

アンディよりも頭ひとつ・・・いやふたつ? ってくらい
飛びぬけてるんだもの。

だから、ボルビックのスクラッチの当たり券が
何万円(いやもっと?)で、取り引きされてしまうのかしらね・・・・・

(もちろん、背の高さだけが
 タケちゃんの魅力でないことはいうまでもないけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/11

江湖

江湖アンディ・ラウとジャッキー・チュンが10年ぶりに共演した
江湖」 をDVDで見た。

正直なところ
ち~~~っともわからない映画だった。

アンディとジャッキーが出てくるシーンは、台詞ばかり。
表情を追ってしまったから
字幕(中文)をしっかり見てないというのも、
話が理解できない要因だけど。

それにしても、
この映画は何をいいたかったのだろうか?
 (出てくる人が、みな
  ヘンな髪型なのも気になるが)

映像ばかりやたらと凝っているのがいやだったね。

 スローモーションの多様

 ゆれる背景

 暗いシーンばかり

適当な分量だったら、映画のアクセントになるけど
どれも「またぁ?」ってほど多いから
くどいんだよね。

と、凄そうに思わせて実は中身がなかった わけだけど
見るべき俳優がいっぱい出ているから
やはり、
見逃すわけにはいかない映画。

 さすが、よくできている!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

開票速報!

選挙が終わって
「開票速報!」番組を見るのが好きな私。

だから、投票場に行っている部分も少なからずある。

自分が投票した人や政党が入るのか落ちるのか・・・
ほんのちょっぴりだけど
自分も参加している! という楽しみがあるから。

そして、ライブ感が気に入っている。
与党と野党の棒グラフとか
バタバタしちゃってるところとかも、面白く見てしまう。

・・・・
開票日だけがお祭り騒ぎでは、本当はいけないんじゃないか
日本の政治!!

と思うのだけど
やっぱり、どう転んだって・・・・と消極的に思っているから・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/10

明日は本当に選挙?

明日は投票日。

けど、
参議院選挙ってのは、静かなもんだと思う。

だって、家の周りには選挙カーが全然来ない。
平日の昼間に来てるのかもしれないけど、
私が家にいるとき、選挙カーが通った感じは全然しなかった。
静かなもんだ。

参議院選挙ってのは、地域密着じゃないからかな。

立候補者の看板は確かに見るけど
政見放送は、へんな時間にしかやらないから
ほとんど見ることができないし。
これで、誰かを選べ! というほうが困ってしまうゾ。


明日の投票率って、どうなんだろうね。

私は、もちろん行くけど。
・・・問題は、誰に投票したらいいかが悩みなんだけどね・・・・

以上、独り言。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国ドラマ やっぱり強し!

書店でコミック版「冬のソナタ」を見かけた。
買う人がいるのかどうか、ギモン・・・・

そういえば、
NHKではカットされている「冬のソナタ」だが、
完全版(=ノーカット版)のオンエアを検討しているらしい。
実現したら、とても楽しみだ。

NHKの韓国ドラマ依存は終わらない。
「大長今」は「オールイン」の後オンエアされるという。

そっか・・・・「オールイン」は終わっちゃうんだ・・・
寂しいな・・・・


と、
思ったのだけれど

土曜の「冬のソナタ」の後番組には
「美しき日々」が予定されているとか。
イ・ビョンホンファン(←いつから??) としては
嬉しい限りだ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/09

真意のほどは ? ですが

「ヨン様かつら」を探している方が
結構 いらっしゃるようですね。

詳細は知りませんが
キネマ旬報社で取り扱っているらしいです。

「ヨン様かつら」で
SIVAのしっぽを訪れた皆々様方、

どうぞ
キネ旬にご確認ください。

  ・・・・
  どんな人が買っているのかってのは
  ちょっと興味がありますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベアトップ ?

自分のことを棚にあげてなんですが
でも、自分では絶対選ばない服装だからいいでしょう?

胸とお腹を隠すような、肩ひものない服
腹巻の、胸まで隠すような服を
確か ベアトップ というんだよね?
ちがったっけ?

あれって、
背中に肉の厚みが感じられる人は着てはいけません!
若さで許されるものじゃありません!!

腕の太さと、背中の肉の厚みは
みっともない!

の一言です。

若さに任せて、
腕が太く かつ 背中に肉をたんまりつけた娘が着ているのを
立て続けに見て
なんだか
とっても
悲しくなりました。

せめて、肩紐のある服にしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールイン vs 人間の証明

白い巨塔 DVD-BOX 第一部「白い巨塔」が終わったとき

  やっと、ゆっくり韓国ドラマが見られる^^

と喜んでいたのに。

やはり「人間の証明」は気になるドラマ。
たとえどんな役者が出ていようとも。

ということで、
木曜は「人間の証明」を見ながら
「オールイン」を録画することに・・・


ああ
こんなときにDVDレコーダーがあったなら・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/08

SIVA 夏でもゴージャス

犬はスゴイよね。
なんたって、自前の毛皮をまとってるんだから。

 Oh! ゴージャス!!

などといっている場合ではない。

ゴージャスな毛皮は、
脱ぐことはできないんだから。

季節の変わり目に、
「も~!!」ってくらいごっそり抜けて薄くなったって
その暑さは計り知れないものだろう。

だから、
夏のSIVAはいつも ぜぇぜぇ しちゃう。

上手に涼しいところを探しているけど
口元はいっつも緩んじゃう。

これでは食欲もわかないだろう・・・・
     と思いつつ、
いつものカリカリエサに
適温の味噌汁をかけてやれば

食いつく 食いつく!!!

いつでも食欲満点のSIVAだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とろける 毎 日 

明日の天気予報。

東京の最高気温 35度。


どんなに暑くなっても、
体の脂身が溶けることはないんだよな。
 がっかり

なのに、脳みそはとろけそうになるんだから、まいるぜ!


こうなったらいっそのこと、
この暑さを吹き飛ばすほどの

 熱 愛 報 道 ってのを

 私もやってみたいものだ!!!

 はっはっは~
 もっと熱くしてやる~


 ・・・・・・・・・・

 (一般人だから、報道 は誤りである)
 (実は、まだ アレ を引きずってるような気もするのである)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/07

こころの湯

ずっと気になっていた映画をようやく見る。
原題は「洗澡」。
「スパイシー・ラブ・スープ」で有名な張揚という
30代の監督の作品。

銭湯・清水池を営む父と障害を持った息子阿明。
家を出て、シンセンで家庭を持っている長男・大明が
父の様子を心配して、久しぶりに戻ってくる。

「銭湯に来る人たちが喜んでくれることが生きがい」という父。
父親と一緒に銭湯の仕事をし、父親といつも一緒に嬉しそうにしている阿明。
銭湯に集う人々。
ほんわか~

 ほのぼのとしていて、なんだか懐かしい風景で
 離れて暮らす父と母のことを思い出したり・・・・

父の仕事を見下していた大明だったが
何日か銭湯を見るうちに、父の生きがいを理解していく。
突然の帰郷に
「弟のことを忘れていたお前には何も期待しない」
と言葉をぶつけた父も、
「今度は奥さんと一緒においで」と言ってくれた。
なのに、その後すぐ、入浴したまま亡くなってしまう。

もとより開発のために、近く立ち退かなければいけないから、
大明は父の銭湯を閉めようとする。

父の死を受け止めても、なおも銭湯の仕事を続ける阿明。

結局、取り壊されるぎりぎりまで続けることになった。

清水池に活気が戻る。
父の姿はない。
代わりに、生き生きと働く兄と弟の姿がある。


 ここから後がいけなかった。
 ずっと、ぐずぐずしっ放しになってしまった。
 
 父の姿はもうないのに、
 阿明や大明、そして銭湯に集う人々の中に
 父・劉の姿がくっきりと見えてきてしまったから・・・・・


 「こころの湯」


なかなか素敵なタイトル。
素敵な映画だ。

 主演の朱旭は言うまでもないが、
 息子2人や銭湯に集まる人が、みんな温かくて
 生き生きしていて素敵だ。

こころの湯@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙を見せない ペ・ヨンジュン

(日付も変わって、復っ活ぅ~!)

そういえば、今日初めてオロナミンCのTVCMを見たんだった。

「元気ハツラツ?」って
ペ・ヨンジュンが登場する、話題騒然(?) のCM。

「微笑みの貴公子」だったっけ?
だから、このCMでも笑顔を見せているけど
なんかちと、
引きつってるように見えるのは気のせい??

 ペ・ヨンジュンといえば、
 笑顔というよりも、やっぱり泣いてくれなくっちゃ~と
 思ってしまうんだけどな。

白い衣装ピアノぉ????
やりすぎだよ!! 

と思ったけど
映画「スキャンダル」で
予想もしない衝撃を受けた“ヨン様ファン”の方々への

   リハビリ映像

ってところかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/06

熱愛報道 とな!?

というわけで

   天海祐希&吉川晃司が熱愛

という記事を見てしまい、脱力の1日・・・・

  なぜゆえに、天海祐希の名前が先?
  というギモンもあったし。

報知新聞が天海祐希に取材しての情報だから
当然といえば当然なのだろうけど、複雑な心境だ。


しかし、
ほんの2日前に晃司のライブに行って、
ホクホクで帰ってきたというのに
一気に元気がしぼんでしまったぞ!!

とはいえ、
相手が30代の素敵な女性で
全くもって文句をつける余地はないのだけど、
なんだかなぁ、と思うんだな。

なんで、ライブで言わんのかと。

 まあ、あのライブで言ったら大変なことになったんだろうけど^^

と、脱力してモヤモヤを抱えていたけど
帰宅してから見た
晃司のオフィシャルサイトに、本人からのメッセージが出てた。

めいっぱい照れてる様子がみえる文章に
なんとなくモヤモヤが解消された気分だ。

さてさて
17日のライブではどんな顔を見せてくれるのか?
と~っても楽しみだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドラマチック! 続・風雲

「風雲」は面白い!!

X JAPAN ファンも見逃せない!
というのは、主題歌が X JAPAN の曲をカバーしたものだから。
・・・なんて曲だったかはよくわからないのだけど
「without you~」って歌う曲。

と、
北京語の主題歌でドラマチックに始まる「風雲」。
歌同様、ドラマの内容も大変ドラマチックなのである。

雄覇が倒れた後の、
の新たなる敵は 絶無神!!
天下会(かつて雄覇が率いていた)の屋敷に乗り込み
無神絶宮 と看板を掲げているんだな。

絶無神には息子が2人。
長男の絶心は前妻との子。
後妻との子・絶天を後継者にと考えている絶無神は
絶心にはめちゃくちゃ冷たいのである。
ボケだカスだと、ののしってばかり。
なのに、ハイハイと言われるままの絶心。

  このシーンを見ただけで、テーマ1「兄弟の争い」が読めてしまったぞ^^

そしてそして、このきれいな後妻!!

誰あろう、
風と風の父を捨て雄覇にはしった母ちゃん(顔盈)じゃないかぁ!!!!

  ドラマチックにならないはずがない。
  テーマ2「母子の愛憎入り混じる再会」?

皇帝を退位させて、自分が皇帝の座に着く野望を抱く絶無神を阻止しようと
風・雲・無名らが力をあわせて戦うんだよね。
風も雲もロマンスが用意されてるし、
韓流ドラマにひけをとらない、涙のシーンも忘れていない。

  これまたドラマチックだ!(笑)


ところで、
絶無神を演じている俳優・・・王恵五という人は始めて見るんだけど
トニー・レオンによく似ている。
と、思った。
ひげをつけているせいからかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/05

韓流? 東京湾景

日本版韓流ドラマという噂を聞き
予備知識をまったく持たないまま「東京湾景」初回を見た。

正直なところ、まだよくわからない。

どのあたりが、韓流なのかな?
在日韓国人といわれても、実際、私には全然よくわからないから。
・・・・
「運命の愛」を描くのかな?
  それじゃあ、「オールイン」になっちゃうじゃないか。
  いいのかしらん?

「冬のソナタ」風に不慮の事故が出てきたけど
チュンサン(もしくはミニョン)と違って、
一撃でお亡くなりになってしまった・・・・

う~~ん、
よくわからない。

けど、仲間由紀恵は好きだし、
仲村トオルが出てるところが気に入ったから
毎週見ることになるのだろうな。

原作を知らないから、人物設定等々わからないのだけれど
私だったら
中村俊介でいいけどな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログバナー

ココログナビの
新着記事を見ようかな ってクリックしたら
ココログのバナー広告が右に。

ちっこい人がいっぱいいて、
手をちょこちょこ上げて
飛び上がったりもして。
しばし
見入ってしまった(笑)

「2分でできるホームページ」・・・・
ピョン
「忙しくても更新できる!」
う~ん、かわいいぞ!

私って、暇人?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロフィール

プロフィールページの紹介文を
やっとこさつくった。

全然たいしたことは書けなかったけど、
今までに比べれば
少しは、
どんなヤツが書いているかわかってもらえるかな、っとね。

というわけで、
こんなヤツなのでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/04

イノセントロック

吉川晃司。今年はデビュー20周年。

野音の3ピースバンド「イノセントロック」に行ってきた。

久々の野外ライブ。
雨男晃司だから、心配だったんだけど
今日は全然平気だった。うんうん、よかった~

野外っていいね。
時折涼しい風が吹き抜ける。
 ムシがブンブン飛び回っているのが、ちょいやだったけど(笑)

ドラムに村上“ポンタ”秀一氏、ベースギターに後藤次利氏を迎えて
ガッチガッチの晃司は面白かった。
普段は、気が向いたときだけ(?)ギターを弾く晃司だけど
今日はずっと弾かなくちゃいけない。
歌がちょい、おろそかになってもそこは仕方ないよね。

確か、2月の武道館ライブで
「もうこれからはしゃべらない。今日がしゃべりおさめ」
なんて言ってたくせに、今日もよくしゃべったこと(笑)

「エロい人になりたい」
「救急車を飛び越える人になりたい」

 これだけ聞くとなんのこっちゃだよね。

 ・・・実際、なんのこっちゃなんだけど(笑)

楽しかったひと時。
それは、
すぐ近くの席で
喧太(ギター)や麿(ドラム)を見ることができたから
ということでは
決してない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂浴び

夕方、ひさしぶりに散歩に出かけた。
雑草ばかりだった空き地の草が刈られ、地肌をすっきり見せている。

スズメ。

 あ、こっちにも。
   ?
 なんだか、もぞもぞしている。

よく見たら、
土を少し掘って、砂浴びをしているところだった。

東京で鳥の砂浴びを見るのは初めてだ。


懐かしいな。
砂浴びっていうと、チャボを思い出す。
小学生だったころ、家で番でチャボを飼っていた。
昼間は庭に放していたけれど
天気のいい日にはよく砂浴びをしていた。

とても楽しそうに見えたっけ。
チャボの顔の表情なんてわからないのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/03

Mr.BOO!インベーダー作戦

Mr.BOO! インベーダー作戦 デジタル・リマスター版「Mr.BOO!インベーダー作戦」を見た。
原題「賣身契」。

1978年の作品で、横書きの文字は右から書かれているところに
時代を感じてしまう。
一攫千金をめぐるクイズ番組は、
今の本で公開されたら、
ばっさりカットされるんじゃないかってくらい危ないシーン。

けど、それもこれも含めて、
やっぱり面白いんだよね。

マイケル・ホイの映画といえば、日本では
イコール広川太一郎の吹き替え になってる感があるけど
私は、吹き替えじゃない方が断然好きだな。
ドタバタの中にも、マイケル・ホイが言いたいことが
映画の中からじんわりと伝わってくるから。

じゃあ、この映画では何を言っているかというと
それはエンディングに流れる、
サミュエル・ホイの歌にこめられているんだよね。

言い得てるところが、すごいところだ。

Mr.BOO! インベーダー作戦@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいは気持ちいい

パソコンのキーボードカバーを初めて洗った。
汚れはすぐに落ち、新品のようにきれいになった。

これからは、もっとマメに洗おうっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・風雲 1-東の龍 〈の予習編〉

台湾版のテレビドラマ「続・風雲」。

風雲~ストームライダーズ「風雲」を知ったのは、
今をときめくアンドリュー・ラウ監督の映画「風雲」が最初だった。

主演の2人、
 を “実は大の人気者”イーキン・チェン
 を アーロン・コックが演じ、香港で大ヒットした。
   屋根の上で1人マントをなびかせる雲。
   このパロディは、その後いろんな映画で見たっけ・・・・・

そして、「風雲」を重厚な作品に味付けしたのは、雄覇を演じた千葉真一。
まるで漫画から抜け出したかのようで、迫力満点!

  雄覇 に 千葉真一を起用したところが、
  この映画がヒットした最大の要因だ!
  と私は密かに思っている^^

「風雲」の原作(漫画)はとっても長くて、
登場人物がいっぱりで、かなり入り組んだ話だそう。
映画で描かれていたのは、ほんの導入部だとも聞いた。
  大分前に続編を作る、なんて話があったのに
  結局作られることなく今にいたっている。立ち消えちゃったのかな?

だから
テレビドラマ版の「風雲」をレンタルで見つけたときはうれしかったね。

台湾製作のテレビドラマ版「風雲」
雄覇 はもちろん千葉真一
千葉真一雄覇を見たら、誰だって他の雄覇は考えられないよね。
 は チウ・マンチェク
 は ピーター・ホー

ピーター・ホーの雲には違和感を感じなかったけど
チウ・マンチェクの風ってのは、ちょっと慣れなかった。
だって、イーキンの風とあまりにもイメージが違っていたから。
 何が違うっていうと、
  ドラマの風は笑顔をしょっちゅう見せるんだもの、
  なんか力抜けちゃう~

まあ、それはさておき。
原作にとても忠実に描かれているらしドラマ版を見ていると
映画版の ? だったところが解けたり、
へ~と思ったり、とにかく面白いんだな。

SFXは、ちょっとしょぼかったりで悲しいけど
早く次が見たくなる、わくわく感がいっぱい詰まっているんだな。


最終巻(Ⅴ)は、雄覇を倒してめでたしめでたしではあったけど
この先にもまだ、何かあるはず・・・・
と気になっていた。
そうしたら、
実は最初に出た「風雲」シリーズ全5巻は、
全44話の前半25話をまとめたものなんだってね。

だから、
「続・風雲」シリーズは、台湾でやっていたシリーズの後半というわけなんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/02

おやつは和菓子!

今日の衝動買い!

たねやの 五六あわせ

いつもは季節の饅頭などが売られているところで、
ところてんのような、くずきりのようなものが試食販売されていた。

和菓子好きだし、水菓子も好き。
だから、すご~く気になる。
素通りすることができず、説明を聞いていたら、
「ご試食どうですか?」

  わ~い

南高梅のシロップがかかった五六あわせ。

  おいしー!!

でも1個だけ買うのは、気が引ける。
なんたって3種類もあるし・・・・
もう1つ買うのだったら、抹茶味。でも、甘すぎたら嫌だし・・・・。
「抹茶味は甘いですか?」と聞いたら
また、試食をいただいてしまったわ。

これまた、
  おいしー!!!

というわけで
南高梅と抹茶を1つずつ買って帰った。


うまく押し出せるかな~?
明日のおやつが楽しみだ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イーキンって、実は超有名人??

Yahoo!ニュース → エンターテインメント → ニュース
 をたどっってみれば

 鄭伊健:新作映画『六壮士』のポスター撮影

という記事がある。

この間も、「ラッシュアワー3」がらみのイーキンの記事をみかけたけど
イーキンって、実は大の人気者だったんだ!


だったら

 鄭伊健:古巣のBMGに戻ってやっと新曲発売!!

な~んて記事があってもいいのにな・・・・

それはさておき、
香港で七夕の翌日に待ちわびていた新譜が発売されるとのこと。

 「Discover新曲+精選
 
 ん??
 全部新曲じゃないんだね・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/01

「奇跡」 ??

韓国ドラマ・ガイド オールイン 運命の愛見終わると、どうしても何か書きたくなってしまう「オールイン」
こうやって書いているうちに、タイトルを言い間違えることもなくなったしね(笑)


今日のタイトルは「奇跡」。
撃たれて意識不明のイナが、8か月後に目覚めたことを指したもの
と思ったのだが・・・・・

どうも違うような気がするんだな。

もしもここで、
イナとスヨンがすんなりと結婚して
オレンジ農園を経営するなり、観光客にタバコを売って暮らして
めでたしめでたし~ になってしまったら
イナはトップギャンブラー(造語)にはなり得なかったことだろう。

 奇 跡

 運命の愛 で再会した2人が別れてしまったことが
 
  まさに
 
 奇 跡 なのだ!

この 奇 跡 があったからこそ
イナがギャンブラーとして、のし上がっていくのだから・・・・・


飛躍しすぎかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LOVERS が熱い・・・・?

8月公開の「LOVERS」。
HERO」に続くチャン・イーモウの映画として話題になっている。
実際には
久しぶりの映画公開となる金城武主演映画として
各種争奪戦(?)が繰り広げられているような気がしている。


金城武が宣伝しているボルビックをローソンで買うと、
「舞台挨拶つき試写会入場券」が当たるスクラッチが付いている!
というキャンペーンがあった。

金城武は好きだけど、
アンディ・ラウファンとしては一刻も早く映画を見たい!
アンディが来るかどうかは別にしても。

なのに
すっかり出遅れてしまった。
行動範囲にあるローソンからは
スクラッチがついているボルビックは無くなっていた。

くじ運の悪い私だから、買っても当たるとは思えないけど。
せめて参加したかった・・・・・


ヤフオクに出品されている当たり券には
えらく高値がついているらしい。
   それだけ出すのなら、
   私だったら香港へ行っちゃうな!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »