« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004/08/31

葉モノがない~

暑すぎたり、台風が来たりと、強烈な気候のせいだろうか。
ここ数日、近所のスーパーの野菜に、あまりいいものが見当たらない。
1玉97円などという安売りの野菜などは、会社帰りではもうなくなってるし・・・・
もっといっぱい仕入れておいてよ~といいたくなってしまうくらい。
とくに葉モノがないんだよね。

10日くらい前は、100円で買える野菜がいろいろあったのにな。

しかし

100g400円のサラダは平気で買ってしまうのに
1玉250円のキャベツを買うのをためらってしまうのって、なんだろうね。

 キャベツ1玉のほうが、よっぽど食べでがあるし
 ずっと安いのになぁ。

我ながら不思議だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/30

IA2 無間序曲 おしい予告編

土曜に行った映画館で「インファナル・アフェア2無間序曲」の予告が流れた。

「おお~!!」 いよいよ公開かぁ!
とじっと凝視してしまったのだけど・・・・・

 若きヤンを演じるショーン・ユー。
 若きラウを演じるエディソン・チャン。

どちらも魅力一杯の若いスター。配給会社が力を入れたくなるのもよ~くわかる。

なのだが、

・・・・・・

「IA2」は、ヤンとラウの若き日々を描くとともに
サムと黄の因縁など、周りの人々のドラマが魅力的に描かれている映画なのにな。

そして、そのドラマをぐいぐい引っ張っていくのが、
香港映画ファンにはうれしい、ワクワクもののキャスティング!

エリック・ツァン、アンソニー・ウォン、チャップマン・トーと前作出演者に加えて
ン・ジャンユー、カリーナ・ラウ、ロイ・チョン、胡軍・・・・
よく見れば、もっとたくさん見知った顔が出てきて、目が離せないんだよね^^

なのに、日本版の予告は
ひたすら「若き」2人が中心なんだよね。

おしいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/29

僕が一番ほしかったもの

僕が一番ほしかったものが収録されているEXPLORER
発売日に買ったのに、ずっと放置していまっていた「EXPLORER」をやっと聴いた。
槇原敬之の新譜。


 「僕が一番ほしかったもの」を聴いていたら

 涙が出てきてしまった。


今日の私は、どこか、ちょっと弱っていたのだろう。

マッキーが紡ぐ歌詞が、タイミングよく、
私の弱ったところを突っついたんだろうな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/08/28

LOVERS 初日!

今日8月28日は映画「LOVERS」の初日!

行ってきました!
やっぱりスクリーンは大きい方がいいな と新宿ミラノ座へ。

9時上映はさすがにきついので、その次の回にしたけど
・・・初日にしては空いていた・・・・

 たぶんね、オリンピックのシンクロをLIVEで見ていたから
 朝は早く起きられないんだよね 

 ということにしておきたい感じ^^

「インファナル・アフェア2」と「ターン・レフト ターン・ライト」の予告編が見られて
ちょっとうれしかったな。
・・・金城ファンにはたまらないだろうね(笑)

LOVERS

2回目にして、しっかりと見たら
なかなか感動モノの、いい映画だってことがわかった。。
突っ込みどころが多い分だけ
大好きな映画なんだって、気づいたわけなんだよね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/08/27

SIVAと散歩〈3〉

SIVAと初めて会ったときのことだったか。

予防接種を受けるため、役場まで行った。
片道30分くらいはかかるのだけど、歩いて行くことにした。
ちょうどいい散歩でしょ。

「大抵の犬は、注射のあとは腰がふらついて歩けないらしい」と母。
もしかしたら帰りは抱いてこないといけないか?? と不安に思い
弟と一緒に行く。何かあったらがんばってもらおう^^

春から夏へ変わる頃。
舗装されている道路は、畑の中の1本道。
・・・・かつて、中学へチャリ通していて懐かしい。
弟と交代しながらリードを引く。
SIVAは初めての道を、うれしそうにフンフンと歩いていく。

散歩の先には、痛くてこわぁ~い注射が待ち構えているとは知る由もない。

 注射はあっという間に終わった。
 SIVAはケロリとしていた。

ダメージは全く受けなかったようで、帰りもフンフンと私を引っ張って歩く。

リードを引く手が、突然重くなった!

そのSIVAが突然、草が茂っている中へ消えてしまった。
  「シヴァ!? 大丈夫??」

道路の側溝。
田舎の道路だから、側溝には蓋がされてないんだよね(今は、されてるかな?)。

 その側溝を伸びた葉っぱが覆い隠してしまっていて、
 フンフンするのに夢中のSIVAは、気づかないで落ちちゃった。

・・・・・

引き上げたSIVAは、
まるで何ごともなかったかのように、フンフンと歩き出した。


痛くなかったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/26

意外と人気? インファナル・アフェア

インファナル・アフェア「無間道」こと「インファナル・アフェア」シリーズは
日本でも意外と人気が高いらしくて、とってもうれしい!
でもでも、実際のところ、
この人気の高さは
トニー・レオン好き! って人のおかげかとは思っているけど・・・

9月18日から「インファナル・アフェア2」が日本で公開されるけど
どうやら特番がオンエアされるみたい。
わ~い!!
お披露目の試写会もあるみたいで
最初の作品に負けることなく、広報活動に力を入れてもらってるみたいで
嬉しい限り。
・・・監督さんもやってきてくれたら、もっといいのにな~なんて思うけど。


ところで、
今年の東京国際ファンタスティック映画祭のラインアップが発表された。
残念なことに
香港映画が1本もない。

・・・・
寂しいけど、これが現実なんだよね。

一時期よりも、香港映画はずっと盛り返している感じだけど
韓流の嵐吹きすさぶ日本では
ちょぴっとの盛り返しくらいじゃ
香港映画は認識されないんだよね。

でもね、
私はやっぱり香港映画が大好きなんだよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/08/25

香港へ行こう!〈3〉

香港へ行こう! というか、来月香港へ行きます。

本当ならバーゲン真っ盛りの8月が望ましいのだけど
9月にしたのは、アンディ・ラウのコンサートがあるからです。

場所は香港コロシアム(香港體育館)。
イメージとしては日本武道館ってとこでしょうか(てっぺんに玉葱はのってません)。
座席数は12500だそうで、日本武道館よりも大分でかいところです。

香港のコンサートというと、4面が定番。
つまり、センターにステージがあるので、
そこに立つ歌手は、東西南北・・・前も後ろも横もず~っと見られっぱなし。
初めて4面のコンサートを見たときは、本当に吃驚仰天しました。
そして、すごく感動したことを覚えています。
最近は、普通の(スクール型?)のコンサートも増えてきているようですが、
アンディはあいかわらず4面でやってくれるようです。

めぼしいホールが少ないからでしょうが
大抵の人気歌手は、ここで何日か連続のコンサートを開きます。
「連続30日!」「連続40日!」とか、
かつては連続記録を競うほどの凄さだったようです。

日本では考えられません。

もっとも、スタートが8:15という遅い時間だから、
忙しい人でも余裕で行けるのでしょうね。
そういえば映画「デッド・エンド(暗戦)」で、
ラウ・チンワン演じる何刑事に残業をいいつけられそうになった刑事が
「今夜はアーロン・クォックのコンサートを見に行くから」と
断っていたシーンがありましたっけ。

ところで、香港のコンサートでは立ってはいけないようです。
どんなにノリノリの曲でも、地元の人たちは座ったままなんですよね。
日本式の、最初っから立ちっぱなしコンサートに慣れている私には、
これはすごく辛いことです。
未だに慣れることはありません。

来月のコンサートもそうなんでしょうね・・・・・


と思いながら、
香港へ行ったら何を食べようカナ♪ と
楽しみにガイドブックを見る毎日です。
旅行は行くまでが凄く楽しいですよね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/24

キネ旬で読む「LOVERS」

映画雑誌の中では、お値段も高いが読み応えがある「キネマ旬報」。

LOVERS
今回は表紙に金城武をすえた「LOVERS」の特集号だ。
他の映画雑誌にはあまり食指が動かないが、「キネ旬」は買っとかなくっちゃ^^


特集の中、伊藤卓氏の文章。
 武侠映画としては「LOVERS」は問題が残った。 と言い切っている。

あまりにもはっきりと書かれていてびっくりしたけど、タイトルは
 刻み込まれたのはアニタ・ムイの不在

・・・そうなんだ。
「LOVERS」が武侠映画になれなかったのは、
すべて
絶大なる存在感をもったスター:アニタ・ムイの喪失につきるんだ。

 朝廷対飛刀門の盛大な闘いがあったはずなのだ。


前にも書いたけれど、
「LOVERS」で用意されていたアニタの役は、彼女の死によって無くされたという。

映画のストーリーを変えてしまうほどの重要な役を無くしてしまったチャン・イーモウ。
・・・それだけ、アニタが演じるはずだった役は、
アニタでなければいけなかったのだろう。

今週末から公開される「LOVERS」。
今度は、浮つくことなくその奥行きまで見たいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/23

決断

視聴率のためなら、エンヤコラ!
タイトルまで「冬ソナ」めいてきている今日の「東京湾景」。

とうとう、
番組冒頭ではパク・ヨンハがなにやら語るという
反則技を出してきた。
ヨンハ君の弁を要約すると
このドラマはイイドラマだから、みんな見てください」。

 ヨンハ君・・・ちょっと悲しいぞぉ。


韓流狙いのこのドラマは、やっぱりね! というところにストーリーが行きそう。
わくわくしちゃう。
・・・で、韓流狙いだから「実は違ったぁ!!!」かな?

  ドラマが始まったばかりの頃、友人と話してたんだよね。
  「冬ソナ」のように、2人は実は!! って。

 クスっ

さてさて、
 視聴率のためなら、エンヤコラ! に素直にのせられて
最終回まで、肴にして見るてやるぞ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/22

スパムメール

スパムメールって、ときどき、思い出したように届く。

 在宅ビジネス ってのがほとんどだけど

今日は、わけのわからない出会い系? のメールが来た。

 「突然のメールで申し訳ございません。率直に言わせていただけば既婚者である私と割り切った関係を持って頂けませんか?」
で始まるメール。
おいおい・・・差出人は女の名前だよ。
で、
私、女なんだけど。

と、こんなメールを真に受けてはいかんのだけど
差出人のアドレスと、返信用に書かれているアドレスが違うんだよね。
どっちも Yahoo! のフリーメールだし。

どこかの出会い系の業者が、スケベ心をもった男を釣ろうというものなんだろうね。

 ケッ!! だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かっちょいい~

「24時間テレビ」。
その昔、ジャッキー(・チェン)に会いたいと、武道館まで募金を持っていったくらいで
例年ほとんど見ることはない番組。

今日はちょっぴり見た。
吉川晃司が出るときいたから。

 かっちょいい~!!

黒いジャケットに黒いサングラス。
引き締まった顔と、整えられた黒っぽい髪。

つい先日、バースデーライブに行ったばかりだったのに
テレビで見るアップの映像は、また違うものってわかった。
 ライブの衣装がいまいちだった、ってのも理由だけど(笑)

とにかく、かっこいい!!
私の好きな「BOYS LIFE」を歌ってくれたし^^

・・・「イノセント・ロック」ライブが終わって
これでやっと、
アンディ・ラウの演唱会(コンサート)へ気持ちをシフトできると思っていたのに
 う~ん
 これはマズイ
しばらく、晃司の曲をどっぷり聴いてしまいそう。
 
「coffe or tea」・・・・
頭に入れときたいのにな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/21

LOVERS 特番

映画「LOVERS」の特番があった。

昨日の夕刊にも「LOVERS」の広告が載っていたけど
特番のことには一言も触れてなったんだよね。
 ・・・宣伝、へたくそかも・・・

来週末、いよいよ初日を迎えるというのに
こんなんでいいのだろうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/20

カッコイイ!!

毎晩の楽しみだったオリンピックの柔道競技。
今日でとうとう終わり。

強い女性は、とってもカッコイイ!!

自分では、到底まねできない。
だから、ただただ感心してしまう。
素敵だと思う。


今日の塚田さんの決勝戦。
決まったときに、思わず涙が出てしまった。

かっこいい!!
かっこよすぎるよ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

coffe or tea...

コーヒーと紅茶、どっちが好き?

という話ではなくて、アンディ・ラウの新譜のタイトルがコレ。
なんだかトラブルがあったから
昨年の「如果有一天」以来の、待ちにまった広東語アルバム!!

アンディ・ラウは香港の俳優だけど
香港(中国でも)では人気歌手でもあるんですよ。
で、今月31日からは、3年ぶりに香港でコンサートもするし。

歌の傾向はというと、
いかにも香港人(中国人)が好きそうなバラード調
というか、
演歌調というか、そんな曲が多いのだけど・・・・。


いや~
久々の新譜は嬉しいです
コーヒーのテイストと紅茶のテイストがなんとなく伝わってくるアルバムです。


「インファナルアフェア」で
香港映画の洗礼を受けた方には驚きでしょうが
香港の俳優のほとんどは歌手としても活躍しています。
かのトニー・レオンだって、
かつては“アイドル”チックに、香港コロシアムでコンサートを開いたようです。
CDも何枚も出しています。

・・・・・・
話しがアンディからそれてしまいました^^

とにかく、アンディの新譜「coffe or tea...」はワクワクもので
来月行く演唱会が、とーっても楽しみになったというわけです。

ちなみにコンサートは「劉德華VISION TOURコンサート2004」といいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/19

続・風雲 完結!

続・風雲 DVD-BOX「続・風雲Ⅲ-九転丹」「続・風雲Ⅳ-雄覇の龍脈」。
この2枚で「風雲 雄覇天下」が完結。

いやいや、おもしろかった。

「男たちの挽歌」から継承されている(?)
ウリ二つの人物。実は兄弟” という技あり
裏切りにつぐ裏切りあり・・・・韓流ドラマも真っ青になるはずの見ごたえある展開。

 愛のためには自らの犠牲をいとわない男がいて、女がいて
 なんとドラマティックなんだ! と思っているうちに
 とりあえず、めでたしめでたしで終わった。

そして、最後のさいご、また驚かされた「続・風雲」。

それは、北京語で語られるナレーション-

 日本の皆さん “続・風雲”は完結しました
 最後までご鑑賞くださり ありがとうございます
 近々同じスタッフで 武侠作品をお届けします
 “風雲再起 天下無敵” ご期待ください
 “風雲再起 天下無敵

ということで、時期はわからないのだけど
「風雲」の続きが見られそうで、嬉しい限り! 楽しみだ!!

〈気になること〉 
 火麒麟が涙を流して絶命してしまったけど、復活するのだろうか?
 楚楚と子どもは「天下無敵」でも無事でいられる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/18

パク・ヨンハ ・・・似てる・・・

パク・ヨンハの日本での人気は
韓国四天王を抜く勢いではないかと思うほどだ。
週末には「24時間テレビ」にも出演するらしい。

「うたばん」で「暇です」と言っていたから、拠点を日本に移すのだろうか?
と思ってしまうほど、日本のテレビに露出している。


さて、誰が名づけたのか韓国俳優の四天王は
 チャン・ドンゴン
 イ・ビョンホン
 ウォンビン
 そしてペ・ヨンジュンとされている。
パク・ヨンハはここには入ってない。


香港映画好きの私。

 パク・ヨンハって、イーキン・チェンと似てるよなぁと思ってしまった。


先日の「HEY!HEY!HEY!」で持ち物チェックをされていたパク・ヨンハは
携帯電話が大好きと話していた。
 これって、ちょっとオタクが入っていそうな感じ。
 アナウンサーに対して
 「あなたはハンサムだ」と思ったことをすぐ口にしてしまったり・・・・

これは、イーキンとかなり共通している。
 イーキン・チェン
 →ゲーム好きオタク
 →思ったことをすぐ口にする
  (但し、大抵マイナスに作用することばかり言うから、ヨンハ君とは違うけど)

そして、何よりも、
人気があるのに四天王にならない(なれなかった)というところが似てる。

香港の次なる四大天王と言われ続けていたのに
気づいてみれば「若き四大天王」なんてのにお株をとられてしまったイーキン君。

ま、本人は気にしていないようで、
そんな気取らないところも、よく似ていると思ったんだよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004/08/17

オリンピックっていいね

アテネオリンピックの
日本勢の活躍はすばらしい!

「●年ぶり」という種目でメダルを獲得したときなんか
NHKの実況アナウンサーまでが、絶叫してしまうほど。

メダルを獲るまでには、凡人の私には想像のつかないような
苦しくて険しい道のりを進んできたんだろう。
だから、
表彰台に立ったときの感動はどれほどのものだろうか。

普段はスポーツ中継はほとんど見ることないのに
オリンピックになると、
一生懸命見て、一喜一憂してしまうにわかファンの私。

たぶん、テレビ画面の中に目一杯広がる
あふれんばかりの喜びや、くやしさに沈む表情、そして涙が
つくりものでないものだから、
見ずにはいられないのだと思う。

「今のテレビ番組で面白いのはスポーツ番組しかない」
って、この間どこかで誰かが書いているのを読んだけど、
本当にその通りだと思う。

そして、オリンピックはその最高峰だと思うな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/16

やっぱりヘン テレビ局の日本語

どこへ行くのかわからない「東京湾景」。
原作を読んだことがないから、
果たしてドラマが原作と同じ流れで進んでいるのか
はたまた大きく脚色されて、糸の切れた凧状態なのかは未確認。

そのドラマの今日のタイトルは「夏ソナSP」。

 ぎゃふん!!  である。


日本語は正しく使わないといけません。

 まかりなりにも公共の電波を使っているのですから!!
 本当に、テレビ局って正しい日本語じゃないから、あきれてしまう。

今日のタイトルは、どう見たって
パク・ヨンハSP」でしょ!!

オープニングのタイトルバックにはメイキング風な映像が挿入されるし、
スポンサー名のバックにもパク・ヨンハの映像が出てくるし^^

 「パク・ヨンハSP」です!!

ところで、
パク・ヨンハファンには大変嬉しい回だったけど
これは視聴率稼ぎのなにものでもないね。

 だって、ねえ・・・・・(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

マンゴータルト

今年の夏はどこもかしこもマンゴー花盛り。
雑誌の「マンゴーデザート特集」なんてのをいくつも見たし、
コンビでも「マンゴーなんとか」という商品は多い。
日本はマンゴーに目覚めたようだ。

しかし、その味は・・・・

香港で、きゃ~、おいし~っと味わったマンゴープリンは序の口。
「許留山」で果実ゴロゴロのマンゴージュースを味わってしまってからは
日本で手にする「マンゴー○○」は、どれもが全部薄味。

 こんなの、マンゴーじゃない~~~!!

けど、仕方ないのはわかってる。ここは日本だもの・・・・


が、ヴィ・ド・フランス(パン屋)で目にしたマンゴータルト(正式名称は忘れた)。

直径7cm位のタルトの上を覆っているのは、
サイの目状に刻まれた 生マンゴー
オレンジ色のおいしそうな色艶に、買わずにはいられなかった。

 おいしかったー!!

マンゴーとタルト地の間のクリームはいらないけど(・・・ないとタルトとは言わない?)
遠き香港のマンゴーを思い出すような、生マンゴーのおいしさだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/15

冬のソナタ 第19回

オリンピックが始まった。
甲子園では高校野球の熱闘が繰り広げられている。
アメリカの大リーグもやっている・・・・
 テレビはスポーツ中継で大忙し。

きのうのこと。
熱くなって見ていたオリンピック柔道が終わってニュースが始まる前
「冬のソナタ」の予告が流れたんだよね。

 第19回 父と子 午前2時~

オリンピック中もファンを考慮して放映する
という話しは聞いたけど・・・

 2時からやるなんて! 見る人いるのかしら??

と危惧する間もなく 再放送 16日午後1:05~ というテロップだ。


さっすが!
主婦のハートをがっちりつかんでいる「冬ソナ」。
平日昼間に再放送してくれるんだね。

・・・・平日昼間に仕事の私は見られないじゃないかぁ。
(と、2回も見てるのに言うのもなんだな^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/14

坊主 といえば

アンディ・ラウの未公開映画が秋に見られるらしい。
大隻イ老
今年、アンディが香港電影金像奨で2回目の主演男優賞を獲った作品。
「大隻イ老」は作品賞も獲ってたな。


しかしてその邦題は 「マッスルモンク」。


 ひぇ~~~

 ゆるしてくだされ~~~

と思わずにはいられない、衝撃的な題名になってしまっていた。


確かに、
筋肉ムキムキの坊主が出てくる映画だけど
だからといって、そのまんまタイトルにしなくたって・・・・

 結構難しい内容の映画だから、
 この邦題で勘違いして見に来た人は、困惑しちゃうのじゃないかしら

と、
公開前から密かに心配。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/08/13

バレットモンク

バレットモンクチョウ・ユンファ(周潤發)主演の「バレットモンク」。
坊主・・・僧侶だから坊主頭なのは当然なのだけど
私の好みでないんだな。
ユンファはやっぱり、こうちょっと長めの髪形がいいんだよな~^^

映画は、どちらかというと トホホ度がかなり高い ものだった。

そもそも、ワイヤーワークの使いすぎ!!
しかも超へたくそ!!

 あんなにワイヤー使うのだったら、もっと練習してくれ~ってところ。

アメリカ俳優が下手なのは仕方ないけど、
ワイヤー使いの本家で映画を撮ってきたはずのユンファも、
ワイヤーに引っ張られてるだけなんだもの・・・トホホ・・・


香港映画でもワイヤー使っているだろうに、なぜにこんなに下手なんだろう。
(引っ張る人の技術がないのかな?)
・・・・そういえば、こんなに飛び回る映画ってのは、香港時代には撮ってないのかもしれない。
そんな気がする。だから、こうなんだ。

話の内容も、なんかよくわからなかった。
中盤になるまでは、見てるのが凄い辛いB級作品だった。
それでもなんとか全部見たけど・・・・・・
だいたいチベット僧が英語しゃべってちゃいかんでしょ!!(笑)


製作はジョン・ウーとテレンス・チャンの2人。
香港映画の一世を風靡して、ユンファのことを一番よく知っている人たちなのに
なぜに、この映画をユンファ主演で作るのだろうか。
 ナゾだよな~

ハリウッドで「男たちの挽歌」のような
カッコいい~ユンファが見られるのは、いつになるのだろう?

バレット モンク@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂の器

砂の器映画「砂の器」をレンタルした。

テレビドラマ版を見ていたときから、見たいと思っていた念願の映画。

2時間を超える長い作品。
原作を読んでいないから、本当のところは知らないのだけど
TVで見たのとは設定が全然違っている。
当たり前といえば、それまでだが。

出てくる役者がそうそうたるメンバーで、それだけで感動モノ!
だけど、正直なところ
私の感性にはあわない映画だった。

ストーリー展開はおもしろかった。
でも、前もって「最高傑作」「感動の作品」という噂を聞きすぎたからかな?
特にググっと来るものがなかったんだよね。
  ・・・・・


ところで、妙に目に付いて困ったこと。
和賀英良(加藤剛)がピアノを弾くシーンなんだけど
ときどきアップになる手が
妙にぽっちゃりしてるんだよね。
次のシーンで煙草を吸う手はごつい本人の手でしょ・・・・う~ん。

ピアノを弾いてる手は別人だってことは、重々承知で見ているけれど
もうちょっと、似た手の人はいなかったのかしらん?

砂の器@映画生活

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/08/12

足 ガクガク

実は昨日から内股が筋肉痛

おとといの夜、ジムでやったマシンで
久しぶりなのにもかかわらず、ちょっと負荷を多くしすぎたのが原因のよう。

こんな体なのに、今日もジムへ行ってしまった。

 今日と明日は、会社が夏休み。

スタジオのスケジュールを見たら「スリムボクシング30」というのがあった。
ボクシングのエクササイズは、すごいきついんだよね。
でも、30分だからなんとか持つだろうと
果敢にも挑戦!!


正直、ギリギリだった。
残り10分くらいの、ヒートアップしてるときは
もう、ぼろぼろ。
動きもぼろぼろだけど、足もガクガクで
出てくるのは苦笑いと、大量の汗ばかり。


腕だけじゃなくて、意外と足を使うんだよね。

帰途への道のり、足取りの重さといったら
鉄げたを履いているかのごとし・・・・


美しき40代を目指すには
やっぱり体力!! と改めて思ったお盆の1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/11

ブログを読むと

まだ余裕がないからか
よそ様のブログを読むことがあまりないのだけど
時間があるときは、
他の人はどんなことを書いて
どんなブログなんだろうと、覗いてみようと思っている。

内容はもちろん、デザインも
かわいかったり素敵だったり
いろいろだよね。
すごいな~って思うことが多くって。

で、こんな素敵なブログを作っている人はどんなだろうって
プロフィールを見るのだけど・・・

ときどき

プロフィールがない人がいて、正直寂しい。

写真はなくたって
“顔”が垣間見えるプロフィールは
やっぱり大切だよな、って思った。

・・・・プロフィール書き直そうかな(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/08/10

本末転倒。でも、半額の誘惑をはねのけた!

会社帰りにジムへ寄る。

汗だくになって、まだ慣れない振りのファイティングラッシュ。
先生は女性なんだけど、かっこいいんだよね。
あんなふうに、かっこよく動くのは絶対無理だけど
楽しいからいいんだ! と不恰好な私。


で、
終わるとやっぱりお腹がすくんだよね。

運動して、せっかくエネルギーを消費したのに
9時過ぎに夕飯食べて、おまけにビールまでプラスしちゃうし^^
・・・・・・
本末転倒としかいいようがない。

 反 省


けど、スーパーで 半 額 になっていた弁当を買わなかったのは
我ながらエライと思う。
だって、その弁当ったら 天丼 なんだもの。
いくらなんでも、9時過ぎに 天丼 を食べるってのは・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京湾景-2

どこらへんを韓流にしたいのか
未だによくわからないけど、まあいいやと見ている「東京湾景」。
私にとって、このドラマの一番のネックは、
亮介の魅力というのが全然わからないところかな。

 あの濃い顔の父親で、この和風顔な息子ってのがどうにもナゾなんだけど
 「オールイン」のジョンウォン親子の例もあるから、OKってことなのかな?

そっか!

  父親 → ソース顔(古い表現だが)
  息子 → しょうゆ顔(同上)

というところを踏襲したのが 韓流 だったのね!!


それはさておき、来週の予告だけど
その半分以上が パク・ヨンハ だった。
まるで、プロモーションビデオみたいに。

好きだからいいんだけど、
これは番組としていいのかしら?
韓流ファンをつろうとするための、あまりにも安易な手じゃないかって思うのだけど。


これで、来週見たら
パク・ヨンハの出番は予告が全部だったりしたら
大笑いだよね。

ま、そんなことはないでしょうが、来週が楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/09

SIVAと散歩〈2〉

SIVAと散歩に出かけたとき、1人あせったことがある。

私が行く散歩コースは、だいたい決まっている。
家を出て北へ向かい、住宅地を抜けて畑の中を進んでいく。
土が見えてくると、SIVAもなんだかうれしそう。
しっぽをふりふり
私なんかいないかのごとく進んでいく。

15分も行くと、適当なところで道なりに南下していく。
来た道を戻るのではなく、家を始点にぐるり左回りで帰路へ向かう。
そのとき、起こった。

畑の中の細い道。
SIVAはクンクン、土や草の中をかぎ分けてゆっくり進んでいた。

下を向いているSIVA。

あ! と思ったとき
SIVAの首輪がスポッとSIVAの頭から抜けていた。
何も気づかないはずないのに、
全く動じることなく
あいかわらず下を向いてフンフン♪しているSIVAは
ゆっくりだけど、進んでいく。

で、こんなときに、この狭い道を向かいから軽トラが来るから大あせり!
道の端っこにはいたけど、
私だけじゃなくて車も見えてなさそうなSIVAの、体をおさえ、
軽トラがゆっくり過ぎていくまでじっとしていた。
 そのあと、急いでベルトをはずして首輪をSIVAに装着したけど、
 かなりあせったできごと。

中型犬用の首輪がちょっとキツそうで、
少し緩めの首輪をつけていたんだけど
いつもは首輪は後ろに引っ張られることが多いから、緩めでも全然平気だった。
 けど、
こうやって下を向いちゃって、リードがブランと緩んじゃうと
緩い首輪は抜けるってこと、初めて知ったんだっけ。

それにしても、散歩中のSIVAったら
首輪も、リードも、リードを引いている私もいない、
まるで自分1人で歩いているようなんだよね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/08

毀滅號地車

アンディ・ラウが映画初主演をした「毀滅號地車」を見た。
ショウブラザーズの1983年の作品。
22歳のアンディは若いの一言につきるけど、それにしても高校生役というのは・・・・・
といろいろと思うところはあるけど、
とにかくこうやって昔の作品が見られるのはうれしいことだ!

続きを読む "毀滅號地車"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/07

金城武のインタビュー記事

ジムで手にした金城武が表紙の「日経エンターテインメント」。

 金城武 最新主演作を語る
 アジア3大スター共演大作
 「LOVERS」の全舞台裏

ということで、タケちゃんはアンディについても語っているのでした。

タケちゃんがアンディについて
「いきなり泣けるのが凄い!」 といってるのだけど
そのくだりが とってもイイ、
タケちゃん、ナイス!

 「いきなり山奥に連れてこられて、月光仮面のような服を着せられて・・・・・」

やっぱり
○捕の衣装は違和感があったのね^^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/06

世界が謀られる。

本日朝日新聞夕刊に、
どど~んと全面(モノクロ)広告で「LOVERS」が載っていた。

 はい、確かに、私は謀られました。
 ○○でしょ、××でしょ、△△でしょ、etc。
 (ネタバレになるので、公開されるまで秘密です^^)


彼らの最強の武器、それは「愛」。 だそうです。

試写会の反応からか、宣伝コピーを少し変えたようですね。
  というか、
 しか武器ないかも~^^
 (あ、ネタバレしてる?)


モノクロとはいえ全面広告!

未だ前売り券を買っていない私。
 どれどれ、
前売り買うと何がもらえるのかな~

 ・・・・・・書いてない。 何もつかないのね・・・・・

じゃあじゃあ、
公開直前特番!は・・・・・・書いてない。 ないのね・・・・・・

それじゃあ、
初日プレゼント が・・・・・・書いてない。 ないのね・・・・・・

公開まであと3週間というのに、
  露出はほんのちょっぴりで
しかも、全面広告はこんな 真っ黒 だし

あの[HERO]のスタッフ・チームが放つ、衝撃のアクション超大作!
 と、
いくらいわれたところで、
これでは、ファンとしてあまりにも寂しい・・・・・


撃のアクション!?

いえいえ、そんなことはゆめゆめ思っておりません。


この広告に謀られて、たくさんの人が見に行ってくれることを願ってしまうのでした。

LOVERS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/05

LOVERS の ライバル

「LOVERS」ご一行様がお披露目をしてから1週間過ぎた。

 露出なさすぎ~

女性週刊誌は、いっせいに(なぜかどれも揃って)ペ・ヨンジュン。
他の雑誌は・・・

 あんなに豪華なプレミアだったんだから
 本当だったらカラーグラビアでどど~んといくのに

まもなく開幕するオリンピックがどどど~んとグラビアを飾ってる。

 ・・・・・・ アスリートはすばらしいが ・・・・・
 近頃の選手は、見た目も麗しいし・・・・・

「LOVERS」のライバルはオリンピックだったとは思わなんだ~

これで、たとえ不発であっても
言い訳がたつね^^

 と、いけないいけない。

 「HERO」を超えるんだもんね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/04

ココリンピックだって

ココリンピックが始まった。

かわいいタイトルバナーをプレゼント! ってあるから

 どれにしよーかなー

と、いっぱいある中から選ぼうとしたんだけど

 (※タイトルに画像を設定できるのは、ココログプラス/ココログプロの機能となります。)

だって・・・・・・

ベーシックだと使えないんだね。

 なんか、がっかりしちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/03

美しき日々 vs 22時23時台のドラマ

『美しき日々』ビジュアル オリジナル サウンドトラックDVD再放送だというのに、
どっぷりと見てしまっている「美しき日々」。
山あり谷あり、
「冬のソナタ」よりもずっと過酷な試練が用意されていると思うんだけどな。
でもって、佳境に入った今、
ヒロイン・ヨンスが白血病! と、不幸のダメ押しをしてくれている。
やっぱり、
病弱で華奢じゃなくっちゃヒロインにはなれないのね・・・(>_<)

4月の民放
   (という言い方もなんですが^^)
 のドラマはほとんど見なかったけど
7月のドラマは結構おもしろいな~なんて見ていたのに
「美しき日々」のアンコール放映のおかげで、
全然見なくなってしまった(笑)

NHKの夜ドラ「火消し屋小町」は、金曜の再放送で見られるからいいんだけど
他のドラマは
このアンコール放送が終わってしまったときに
いきなり見て、はたして話がわかるのだろうか・・・・・

だからといって、
ビデオに録っておいてまで見よう!
というドラマはないのだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/08/02

やっと聴いた

期別
パク・ヨンハの人気は
土用ののぼりってもんだね!

今日、やっと「期別」を歌うヨンハを「HEY!HEY!HEY!」で見ることができた。
 おお~!!

  トークの間中、きょとんとした顔で
  おとなしくたたずんでいるヨンハは
  「冬のソナタ」のサンヒョクとは思えない。
  かわいいわ~^^

といっても、かわいいだけでは
私のハートは掴めないんだな (掴みたくないだろうけど

もうちょっと、こう、
遊び心 というか、転がしがい のあるところがないとね。
 そう
アンディ・ラウとかイーキン・チェンとかね。


ところで、すごく久しぶりに「HEY!HEY!HEY!」を見たわけだけど、
エンディングテーマに 感激!!
 靖幸ちゃん!!
いや~ん、嬉しいじゃない!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/08/01

フィボス アティナ ですか?

8月になった。
土用の丑の日ということで、
ちょっと早いけど、鰻を買ってきて食べた。
近所のスーパーの、たれがたんまりついた鰻だけど
値段を考えれば十分おいしい。
これで、また暑さを乗り切るんだ!

8月というと
オリンピックが始まるんだね。
TVをつけると、どこのチャンネルでもワイのワイのとやっている。
日程を良く知らないのだけど、高校野球と重ならないのだろうか?


アテネオリンピックの日程を調べていたら、
マスコットがいた。初めて見た。

 なんじゃろ こりゃ~

ロゴみたいな文字は読めないし・・・・何モノですか?
 テラコッタね。

オリンピックのマスコットって、
かわいいと感じることはないのだけど、これはまた・・・・

ギリシャの人って、こういうのが好きなんだね。

と、
楽しみな8月が始まったわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »