« アジアの風「ひとりにして」 | トップページ | アジアの風「ブレイキング・ニュース(原題)」 »

2004/10/28

アジアの風「マクダル パイナップルパン王子」

マクダル パイナップルパン王子」を見た。
仔豚が主人公のアニメは真可不思議なテイストだ。


100%香港産で評判のアニメだから見た、というわけではなくて
チケットをとったのは、パイナップルパン王子の吹き替えをアンディ・ラウがしているから(笑)

実写ともイラストともつかないリアルな香港の町並みに
ぽよよ~~んとした豚。そして、点と線で描かれたような園長先生と女先生。

ちなみに、園長先生の吹き替えはアンソニー・ウォン。
そう、「インファナル・アフェア」の黄警部役で、
見た人の心をギュッとわしづかみにした(はず)の、しぶ~~~いアノ人!
 まるで 寿限無寿限無~ という感じの早口言葉風の台詞には
 深く感銘を受けてしまった^^

期待のアンディ=パイナップルパン王子は、なかなか登場しない。
やっとパイナップルパン王子が出てきた! と思ったら、最初は子ども。
なかなか「そしてオヤジになった」(マク夫人談) に なってくれない!!
やっとオヤジになったと思ったら、これがまた、めったにしゃべらなくってね。
見ていて結構やきもきしてしまった。
とはいえ、最後の方で手紙を読むシーンでアンディを堪能できたし、
そのシーンのBGMは先月のコンサートで歌った「明日天涯」で妙にドラマチックだったから、よしとしよう。

ウォン・カーウァイより難解でチャウ・シンチーより笑える!?
と紹介されている「マクダル~」は、かなりシュールだった。
ストーリーはあるけど、ストーリーにつながりはあるけど・・・・よくわからない(笑)
マクダルが通う春田花花幼稚園で行われる英才教育の内容は
なかなか現実的で、もっと見てみたい! と思ったけどね^^

21:20からという上映時間にもかかわらず
会場の入りがそこそこだったのには、実際のところ驚いてしまった。
韓流ブームとはいうけれど、
香港映画の人気も捨てたものじゃない、と思った夜だった。

|

« アジアの風「ひとりにして」 | トップページ | アジアの風「ブレイキング・ニュース(原題)」 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

よしえさん、こんばんは!
アンソニー・ウォンが出ているアンディ映画だったら、あれと、これと・・・(笑) 楽しみだわ!

「パイナップルパン王子」の第一声は、めちゃくちゃ力の入ってないいい加減なしゃべり方でした。香港版でDVDが出てるから、気が向いたらチャレンジしてみてくださいな。日本語字幕がついててもよくわからないから(笑)、香港版でもかわらないかもです^^ いいですよ~(爆)
会場は、全部が全部華仔迷ではなかったみたい。マクダル迷も結構いるようでしたからね。

投稿: kazumi | 2004/10/30 23:18

kazumiさんこんばんわ^^夜更かししてましたぁこんな時間まで(爆)
そんでもって今日もレンタルしたDVD見てましたがこちらでもアンソニーさん出ました!!(←って化けものじゃないのにねぇ)またおいおいUPしますけど(笑)

ところで、うわさのパイナップルパン王子!!いまキーボードを打つ手が震えます?!パイナップルパン王子って!!頭の中で心の中でこの言葉を言うだけで爆笑なんですけど!!
難解かつシュールなんですね??
どんな吹き替えなのか聞いてみたいですよぉ^^
やっぱり、会場は華仔迷ばかりだったんじゃないですかねぇ(笑)

投稿: よしえさん | 2004/10/30 03:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/1798745

この記事へのトラックバック一覧です: アジアの風「マクダル パイナップルパン王子」:

« アジアの風「ひとりにして」 | トップページ | アジアの風「ブレイキング・ニュース(原題)」 »