« アジアの風 --29日の2本-- | トップページ | 2046 その3 »

2004/10/31

アジアの風「愛・作戦」

イーソン・チャン(陳奕迅)主演の「愛・作戦」、監督はソイ・チェン(鄭保瑞)。
ホラーの名手らしいけど、この監督の作品を見るのは初めてのような気がする。


イーソンというと、日本公開されてる作品は「ラベンダー」や「ティラミス」(未見)ぐらいしかない。
二枚目とは程遠く、かっこよくもないのだけど、私はイーソンのコメディ映画が大好き。

「愛・作戦」は、そんなイーソンが主演するシリアスな作品ということだった。
香港では、かなり評判になった作品と聞いて、香港版のDVDを購入しようと思った。
でも、シリアス作品は、言葉がわからないとかなりつらい・・・と悩んでいたら、
映画祭で上映!!  字幕がつく~、と喜んで見ることにした。

車を盗まれたことから、恋人と大喧嘩して「別れる!」から始まる、看護士の鋭(イーソン)とその靖(ニキ・チャウ:周麗淇)。警察に向かう途中に車を見つけたのだが、車を盗んだのは大陸から来た麻薬の売人のグループ。その中の1人が負傷していたことから、看護士のイーソンは治療を強制され、売人グループと共に行動することになっていく。
友だちの言葉から、鋭とやり直そうと家に戻った靖は、鋭が何者かに拉致され車で連れ去られるのを目撃、警察に行くのだが信じてもらえないまま待たされる。
そして、いくつもの殺人事件の犯人グループの中に鋭がいることを知らされ「あいつのもう1つの顔は何だ!!」と拘留される羽目になるが、なんとか警察を逃げ出し、1人で香港の町で鋭を探し回る靖だった・・・

人のいい鋭が、犯罪に巻き込まれていくストーリー。
昔の香港映画でよく見るようなストーリーで、懐かしさを感じたものの
人がどんどん死んでいくのには、ちょっとね閉口してしまったのは本当のところ。
イーソン、よかった・・・・ような気がする。
「ドリアン・ドリアン」のチン・ハイルーがピリリと味をきかせていて、これまたよかった。


監督を迎えてのティーチインから----

ラストでは当初から鋭を殺すつもりでいたが、ハッピーエンドのラストシーンも撮ったのだという。監督は公開版が気に入っているのだが、DVDにはハッピーエンドバージョンも入れたそう(・・・結局DVDを買う羽目になりそうだ)。

2組のカップルが出てくる。鋭と靖、犯人のリーダーとその妻。ラストで鋭を殺してしまったのは、2人は失いかけていた愛を海底のシーンで再び取り戻していたから、これでよしとしたらしい。

最後に監督から、
鋭が死ぬラストでよかったと思う人は? と挙手を求められた。
ラストについて、観客の感想が気になっているらしい。
私は、鋭は生きていてハッピーエンド、という方に手を上げた。
やっぱりハッピーエンドがいい。

香港でもハッピーエンドがいい、という声が多かったということだ。

|

« アジアの風 --29日の2本-- | トップページ | 2046 その3 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/1815074

この記事へのトラックバック一覧です: アジアの風「愛・作戦」:

» [リンク集]東京国際映画祭“アジアの風”評判記・続 [観映網]
映画祭も本日で最終日ですね。続々といろいろな方の参観レポートがアップされていて、楽しく拝読させて頂きました。また、分かっている範囲ですが、日本での配給が決まっ... [続きを読む]

受信: 2004/10/31 10:18

« アジアの風 --29日の2本-- | トップページ | 2046 その3 »