« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004/12/31

2004年、最後の日

雪の大晦日は久しぶり。雪掻きをしたけど、どんどん降り続くからエンドレスになる。

さて、年末のご挨拶^^。読んでいただいた皆様、ありがとうございます。新しい年も、どうぞよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/30

実家へ向ってGO !

きのうとは打って変わっての快晴! ただ今、実家に向って新幹線の中。本日は帰省のピークのようで、確かに駅はわんわんしていた。
いくつものトンネルを抜けると、浅間山。頭の方が真っ白できれい。雲がかかってるからよくわからないけど、煙が出ているようだった。あ、また耳がツーンだわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/12/29

初雪。。。

今日から休み。
年内最後の可燃ごみの収集日だから、ゆっくり寝てるわけにもいかないので、
寒いな~と思いながら起きたら。

 雪

初雪が、このままいけば積もるんじゃないかしら? という感じで降っている。


部屋から見える梅の樹が、そろそろ白くなっている。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/12/28

捨てられないもの、それは

実家を出てから、過去に3回ほど引越しをしているが、
その度に引越業者の人に言われたのは「部屋の割に荷物が多い」。

 そう、わたしは 捨てられない女・・・・・

さすがにマンガ雑誌や週刊誌は、ある程度のところで エイッ!! と捨てられるようになった。
だって、そうでもしなくては溜まる一方だから・・・・

映画のVCD・DVDが山のようになって雪崩がおきそうだったのも
 ケースを捨てて保管すればOK!
ということで、(とりあえず)解決の方向へ向かっている。


捨てられないもの。

 服

どう考えても、絶対着られないサイズのものは、いい加減あきらめがついて捨てた。

が、
あとちょっとやせれば着られる、という服が捨てられない。
そして、「あとちょっと」てのが、とってもくせもので(爆)

ということで、今年も着られずにしまったままの冬服が眠っている。
季節が変われば、また、その季節の着られない服が・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンダのしっぽ

野生パンダを追ったテレビを見たところ。

コロンとした大人パンダも愛嬌があるけど
赤ちゃんパンダはなんともいえない。
仰向けになって、赤ちゃんパンダを抱きかかえているお母さんパンダの姿。
抱きかかえてるなんて、すごいことだよね。

で、よくよく見れば、
赤ちゃんパンダのしっぽって、結構ひょろりと長いんだ!
まるで、洋モノの小型犬と同じような感じ。
(でも、成長すると長いという感じは消えるんだよね^^)

野生のパンダだから、お尻はもとより顔も体も茶色になってる。
普段はのそのそ歩いていても、
疾走すると結構早い。・・・・追いかけられたら、怖そうだ。


自然の驚異を思い知る映像を見せつけられた後、
野生パンダの姿で、なんだか慰められた思いだった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/27

年末の買い物に出かけて

年の瀬を迎えると、他の時期よりも街に人があふれかえるもので
私の大好きなデパ地下も例外ではない。

人が多いと、小競り合いが生まれるのよね。
人がいっぱいで「あ~、じゃま!!」と思うのもわからないではないけど
そんな場面を見てしまうのはいやなものだ。

数日前の伊勢丹地下で、小競り合いを見かけた。
極端に幅をとってるおばさん(いえ、ご婦人)が、込み合っている通路で
子連れの若夫婦に「なんなのよ!!」とやっていた。
状況はよくわからないけど、どうも若夫婦がじゃまでご婦人が通れなかったらしい。
いや、逆かもしれないけど・・・・「失礼」と言って通る気になれないのが、年の瀬なのだろうか。

チーズやスパークリングワインの試飲でにぎわっている場所では、
若い女性が、老婦人に突き飛ばされたところを目撃してしまった。
突き飛ばされた女性は唖然としていたのだが、それも無理はないと思う。
だって、その女性は通路の真ん中にいたわけでなく、
どちらかというと、老婦人の方からぶつかって来たという状態だったのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/26

マーシャル・エンジェル

マーシャル・エンジェルスー・チー(舒淇)主演の2001年の作品。原題は「絶色神偸 」。

美人窃盗集団の1人キャット(スー・チー)は、失恋の痛手からグループを抜けて普通のOL生活をしていた。
ある日、昔の恋人(ジュリアン・チョン:張智霖)がロシア人に捕まってしまったことを知り、
彼を助けるためには自分が働く会社の機密と引き換えることを条件にされ、
かつての仲間たちを呼び寄せ、策を練るキャットたちだった。

と、顔も体も抜群で、オマケに強くて頭もいいという集団は
 ありえねー。(by「カンフーハッスル」)と思いながらも小気味よい^^
が、スー・チーのこういった役は、もう見飽きてしまった感じがする。
もっとしっとりとした感じというか
色情男女」のような役柄をまた見てみたいと思ってしまうのは、私だけだろうか。

テレンス・イン(尹子維)は、あいかわらず危ない男を好演している。いい人という役柄よりも、どこか切れ気味のほうが断然いいと思う。
美女軍団の中では、年が(ちょっと^^)上になるサンドラ・ン(呉君如)がいい。美女、ではないのだけど、あの中にいても全然変じゃないし、逆にびしっと締めてる感じがする。
ラストの妙なウエディングドレスはいただけなかったけど(笑)
王晶がめずらしく普通の人の役だった、てのは非常に不思議な感じがした。
へんなことをしない王晶なんて・・・・て、思わせるところが狙いだったのだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/12/25

着信アリ(映画)

小説を読んでから、ずっと見てみたいと思っていた「着信アリ」をようやくレンタル。

面白かったのだけど、「どーだー、こわいだろー」という映像がいっぱいだったから
却って怖さが薄らいでしまったような気がする。

小説を読んだときのほうが、ずっと怖かったな。


ワイドショー仕立ての、生中継のシーンは、読んだときに一番怖くて
どんな映像になるのか想像して、また怖くなったものだ。
映画で見るこのシーンは、想像してたようなグロテスクなものにはならなくてよかった。

DVDの特典映像中でも話題にあったけれど「着信アリ2」が来年早々公開されるみたい。
どうやら、今回はピーター・ホー(何潤東)が出ているということを、きのう知った。
これはぜひ、見なくちゃいけないね^^

映画 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/24

祝日!

23日は天皇誕生日で祝日。

なんだかとってもありがたい1日。

 年の瀬を迎えるんだけど、まだ何もやってない~
 土日だけじゃ、何もできない~

というあせる気持ちを、すんなりと落ち着かせてくれる感じがする1日。

実際私も、今日は普段しないところの掃除ができたし。
とっても満足な1日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/23

餃子〈ネタバレ少しあり〉

香港映画「餃子」のVCDを鑑賞。

オムニバス映画として上映された「三更2(邦題:美しい夜、残酷な朝)」。
「餃子」はその中の一遍として上映された。
今日見た「餃子」は香港で、先に公開されていたロングバージョンのもの。

オムニバス3篇の中で、「餃子」はわかりやすい内容だったのだけど
怨念めいた怖さがドロドロしていた。
そしてなによりもタイトルになっている 餃子の具 が一番怖かった。

そして、ゲッと思いながらも、見た後に
 ロングバージョンってどんなだろう? と気になった。


「三更2」の中では出てこなかったエピソードが描かれ、
より詳しくわかるシーンもいろいろ挿入されているから、
見ているうちに、若さを追い求める夫人の気持ちに納得してしまう。凄いことをしてるのにね。
短い「餃子」よりも恐怖感が少なかったのは、夫人の気持ちに納得してしまったからかもしれない。

とはいえ、ラストが全然違っていたのにはびっくりした。

やっぱり、「三更2」の中の「餃子」のラストの方が
私には ゲッ & こわ~~~ だったな。

THREE 死への扉
ところで、2篇のラスト違いを見て気になったことがある。
「三更(邦題:臨死)」の中の「回家」と、ロングバージョンの「回家」も、もしかしたらラストが違うの??
ロングバージョンで ひえ~、(レオンが)こわ~ と思ったのだけど
「三更」ではもっと怖いのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/22

年末の仕事 少し前進^^

本当にうっかりしてると、テレビを見てるだけで週末がやってきてしまいそう。

そんなんじゃいけない! と、夕食後、年末の仕事の1つにとりかかった。

 年賀状作成~!!

あまり深く考えず文字を並べていったら
あっというまに裏面が出来上がってしまった。
文字ばかりじゃつまらないから、鶏のカットも描いちゃった。
パソコンって本当に便利だよね^^

あとは、年賀状ソフトを使って出す人を整理して、印刷して、
何か一筆書いたら、

 完成~^^

印刷がちょっと面倒だけど、これで気にかかっていたことを1つクリアできて嬉しいわ。

とはいっても、難問の掃除がどっさり残ってるんだけど
掃除はやっぱり週末じゃないとね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/21

今年もあと10日 なのに・・・「完全版」

1日はそんなに短く感じないのに、
気づいてみれば、2004年はあと10日を残すだけになってしまった。

年の瀬の恒例行事(面倒ごといろいろ^^)を何もしていないというのに、
今夜から始まった「冬のソナタ-完全版-」。

今までも熱心に見ているわけでもないから、
カットされてたのかどうかは、なんとなくしかわからない。
けど、初めて聞く、原語の会話は面白い。

ということで、早速2時間強みっちり見てしまったのだけど、
何が一番大変かというと、
ハングルがわからないから、とにかく、画面から目を離すわけにはいかないってこと。

なので、10時から少し前まで、ただひたすらにテレビを見ていたという次第。
いつもなら、テレビを点けていても、大抵何かしているところが
何もできないってのが、本当に大変なのだわ~。

もちろん、録画しておけばいいのだけど、
そうしたら、また後で見なくちゃいけないでしょ(笑)
「ホテリアー」も7話くらいで止まってるてのに、この先「冬のソナタ」でためてしまっては
「餃子」(映画)も「萬千星輝賀台慶」(TVBの特番)も
その他もろもろため込んでいるDVDやVCD群が、ますます見れなくなってしまうし・・・・


この時期の「完全版」の放送、結構困りモノかもしれない^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/20

龍鳳鬥 なのに・・・

きのう、ライブCDと一緒に届いた映画「龍鳳鬥」.。
監督はジョニー・トー(杜琪峰)で、アンディ・ラウ(劉德華)とサミー・チェン(鄭秀文)が主演のこの映画、
9月の香港で、劇場にかなりでかいPOPがあった。
「なんで今、見せてくれないのー」と恨めしく思ったものだった。


さて、本編のDVDをセットすると・・・・・

無間道終極珍蔵DVD系列
そう、「インファナル・アフェア トリロジー コレクターズ・エディション」の宣伝が流れ始めた。

それがまるで、DVDのおまけ映像としてついてくる「メイキング」のように
製作者などが出てきて「これはすごい!」等々、熱く語っちゃう代物。
製作者だけじゃなくて、町角のVCDショップの人の声もあったしね。
とにかく、「これは凄い」「こんな内容」「買うべし!」という
10分にもなる超大作が流れたのだった。

「龍鳳鬥」を見るつもりが、なぜ「無間道」・・・・って感じだったけど、結構おもしろかった^^


さて、
これほど力を入れて宣伝している「無間道終極珍蔵DVD系列」の
香港での売れ行きはどうなんだろうね。
気になるなぁ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/19

劉德華 Vision Tour 2004 演唱會

やっと、やっと
「劉德華 Vision Tour 2004 演唱會」のCDが手元に届いた。
9月に見てきた演唱會のライブCDだ!

と、楽しみに待っていた割には、まだ聴いてない(笑)
 だって、
 録っておいた「天国の階段」を見たり
 フィギュアスケートの「グランプリファイナル」の女子フリーを見たりしてたから(と、言い訳)

ただ、
とっても気になっていた「Vision Tour秘“密”ファイル」というボーナスVCDは、見た。

 おちゃめなアンディがいっぱい! 楽しいわぁ~^^


ということで、
今度はライブDVDの発売を心待ちにしてるんだけどな、
一体いつ出るの!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/18

リュ・シウォン 気に入った!

ビデオに録っておいた「愛のエプロン」、リュ・シウォン出演分を見た。

初めて見る番組なので勝手がわからないのだけど
今回は、5人の女性がクリスマスケーキを50分の制限時間内に作るというものだった。
(ケーキというのは50分で作れるものなんだな、と料理にうとい私は感心してしまうのだった)

さて、リュ・シウォン。
永遠のプリンス という枕詞(?使い方、違う??)がつく彼は
今回も白い衣装で登場だった。
前髪を下ろしていたから、全身白尽くめも気にならない、としよう^^

料理本を出すほどの、料理に一過言ある(らしい)彼は
出されたケーキに対して、思ったとおりをずばりと口にする。
しかも、
表情はしゃべっている言葉通りようで、とっても面白い。

おべんちゃらを言わないところが、気に入ってしまった。

先日見た「ミュージックステーション」では
せっかくの「約束」が、へたくそな日本語詞のせいでがっかりしてしまったものだが
今日の「愛のエプロン」の話しっぷりに

リュ・シウォンのライブがあったら、ぜひ行きたい!!

と思ってしまった。

というか、
リュ・シウォンのトークショーとかあったら、是が非でも行きたいものだと思っちゃったよ^^
(言葉はわからないから、通訳はぜひ、今日出てた通訳さんでお願いね!)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/12/17

香港杜莎夫人蝋像館

香港のマダム・タッソーろう人形館に、浜崎あゆみがお目見えしたそうだ。

そんなに香港で人気だったんだ、と思ったけど、
私が行く香港は「香港の日本探し」じゃないから、気づかなかっただけかもしれない。
あそこのろう人形は、割と似ていると思うのだけど
写真で見るろう人形となった浜崎あゆみは・・・・違う人のように見えてしまった。

たしか日本人としては3番目になるんじゃないかな。
私が行ったときは、吉田茂、千代の富士(現九重親方)しかいなかったから、
それに続いてとなると、かなり凄いことだ。

でも、どうやって人選しているかが謎なんだなぁ。

だって、その前に登場したのは胡錦濤氏でしょ。そして浜崎あゆみ! う~ん・・・・


やっぱり、観光客を呼べるか否か で選定してるんだろうね。
なんたって、商魂たくましい香港だし(笑)

入場料がとっても高い(HK$95)から、2度行こうなんて思わない。普通は。
だから、定期的に新しい人形を登場させてリピーターを増やす作戦というわけね。
(そういえば、ケリー・チャンの衣装は今、新しくクリスマス仕様になっているようだ)

館内は、ゆとりがたっぷりとってあるから
まだまだろう人形をいっぱい増やせるね(笑)


・・・・てことは、
もしかしたら韓国のカノ人の登場も、近いのではないだろうか?^^

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/12/16

やっぱり くるみの初恋

14日から始まった「ブロぐる場合ですよ!!」 の 「なんでも百選」のお題、
 地方から終結! 地元銘菓百選 について書いてみよう。


長野県の東信(東側)に実家がある私。
帰省から戻って来る折、買ってくる菓子をご紹介~

うさぎや の くるみそば
  ほどよい甘さで、何よりも上にのっかっている胡桃の香ばしさがお気に入り。
  切らないといけないのがちょっと面倒だけど、それでも食べたくなる味。

エトワール の アロンディール
  丸いクッキー状の中に大きな胡桃が入っていて、これまたおいしい。
  サクサクのクッキーと香ばしい胡桃・・・・優雅なティータイムって感じの菓子。
  随分前、売っている店が家からの徒歩圏内にあったから良く買ったけど、
  その店がなくなってから随分と買ってないのが残念。

---以上は、お隣り上田市のもの


そして、なんといっても地元のコレが1番!!

花岡 の くるみの初恋

  前にも書いたように、手ごろな大きさのメレンゲの中に、砕いた胡桃がたくさん入っているお菓子。
  油断すると、1袋全部があっという間になくなってしまうんだから、いやになる(笑)
  この暮れも、帰ったら買ってくるんだ!!(といっても、これは自分へのお土産^^)
  ・・・・ムム、店のHPを見たら くるみ姫 なんてのがある。コレも買ってみなくっちゃ!

  
実は、まだまだ好きな地元銘菓はあるのだけど
菓子胡桃が大好きな私は、名品にも胡桃菓子を選んでしまうんだよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/15

息が・・・できない・・・

鼻からくる風邪というのは、どうにも情けない。


どんなに鼻をかんでも、ズルズルはエンドレス。

暖房で部屋が暖まってくると、今度は鼻づまりで口を閉じられない。

エアコンを止めれば、とたんに寒さを感じて、今度はくしゃみの連発。

熱が出ることがほとんどない私は、季節の変わり目にいつも、こんな情けない風邪をひく。

 あ~、鼻をなんとかしたいよ~


すべては
時が解決してくれるのを
じっと待つしかないのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ新企画 で 重いの?

1周年を迎えたココログ。
私のココログ1周年はまだ先なので、実感がない。申し訳ない。

さて、今日登場した

 ブログる場合ですよ!!〜こたつにお餅にみかんにブログ〜

の影響なのだろうか。

ココログが、かつてのようにとっても重くなってる。
今だけのことなのかな?

重いからなおさら、ブログル場合ですよ!! の
肝心の内容のところまでにたどり着くのが、とってもめんどくさい・・・・
一気に目的ページにいけるように、トップページからリンク張って欲しいよぉ!!

と、文句ばかりの私。
風邪引いて、鼻がビィビィ&詰まって苦しいゆえの八つ当たりかも。許してね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/14

旅の写真

HP用にと、今まで使ってなかった写真をスキャンすることにした。
香港へ行ったときの昔のアルバムから、写真をピックアップ。


まだデジカメがなかった頃の旧い写真・・・・

今年見た香港とは、全然違う街並みの香港。
今はなくなってしまった場所。

そして、一番の恐怖・・・・
 己の姿の変わり様!!

まあ、これもアルバムを見る楽しみではあるけれど、
年を追うごとに、輪郭が太くなってく姿というのは、
笑えるけれど、哀しいよね(*_*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/13

ココログじゃないみたい^^

ココログデザインができて、
いろいろなテンプレートが登場している。

既存のココログのテンプレートと違って、自由な雰囲気のデザインで
まるで、よそのブログのような錯覚をしてしまう素敵さ!

 よ~し、私も使いたい!

と思ったのだけど、
なんとなく・・・・自分のブログでは違和感を感じてしまうものばかりなのよね。

ブログを始めるときに、これらのテンプレートがあったらまた違ったんだろうけど
なんとなく自分のブログの傾向が決まってきた今となっては、残念だわ。

ということで、
具体的な要望はいえないのだけど、もっと種類が増えれば嬉しいな!
スペシャルテンプレートの映画も、もっといろいろあったら
思わず使っちゃいそうだけど。
ぜひ、香港映画を登場させてくださいな!^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/12

失速してきたかな?

「天国の階段」

交通事故で失くした記憶を取り戻すためには、また交通事故に遭うべし!!

  ということは、おいといて

ヒロインのチョンソの記憶が戻った第9話は
急にスローモーションになってしまったかのようで、
思いっきりイライラ!!


ところで、件の忘年会で、
「天国の階段のアノ人(テファのこと)って、かっこいい?」から始まって
「私は嫌いだわ」
と全員一致してしまった。

あのイケてなさは、髪型からとのバランスがよくないからかな?
とにかく、何かが凄く妙。わざとなのか!? と思うほど。

ファンの方々には申し訳ないが、
「天国の階段」のテファは、どうもダメだわ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/11

忘年会

四十女三人で、台場のホテルで宿泊付き忘年会。初の試みだけど、かなりイイね!

場所はお台場。
クリスマスの飾り付けがきれいで、ちょっと得した気分。

禁煙ルームを頼んだから、それほど眺望がいい部屋ではなかったけど
まあ、カップルで泊まるわけではないからいいでしょ(笑)


よく飲んで、よく食べて、
今朝は二日酔いだったけど、楽しい一晩だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/10

パパ で 東邪西毒

PaPa パパ DVD-BOX
今週は、帰ってきてからレンタルものばかり見ていたから
昼間の韓国ドラマ「パパ」は録りっぱなし。


月曜からの分を見始めた。

--第5話--
 
映画館でセヨンが見ている映画・・・なんだか、見たことあるぞ。

切ない思いに、身を焦がしている男装のこの人 慕容燕!!

楽園の瑕    「東邪西毒(邦題:楽園の瑕)」じゃあないか!!!

驚いた!!

“ドラマチック韓流”の中で、香港映画が出てくるなんて、全く予想していなかったよ。


ところで、ヒョンジュンの学校の生徒で、チャ・テヒョンが出てきたのもびっくり^^
今日初めて気づいたけど、看護婦はユン・ソナ だよね~

何の予備知識も持たずに見ていると、こういった驚きがあって楽しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/09

ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー
イギリス映画2003年作の「ラブ・アクチュアリー」。

クリスマスめがけて話が始まる、今見るのにぴったりの映画だった。

愛にあふれている。
それも、いろんな人のいろんな愛が・・・・

最近とんと愛から離れてる私には、
見てるだけで涙が出てしまうような、そんな感じだった。いい映画!

私の愛・・・そうね、老いぼれロックスッター・ビリーに近いかな。
親兄弟は別物として
回りでずっと付き合ってくれてる友人ってのは
すごく大切なんだよね!^^

サムが駆けていくシーン。
見ている大人すべての思いを代弁しているように思えて仕方なかった。
あんな風に、一直線に駆けたいと思ったよ。
実際にはできないから、なおさらね!

ラブ・アクチュアリー@映画生活

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2004/12/08

呪怨

映画「呪怨」をDVDで見た。

前から気になっていたのだけど、ハリウッドでリメイク版がいよいよ登場するらしい。
そう言われちゃうと比較してみたくなってしまうだろうから、
まずはご本家を見ておくことにした。

怖かった~~~~

だって、仁子の「????(ドキドキ)」って顔がアップになったとき
いきなり画面がモザイク状になって、挙句の果て、止まっちゃうんだもの。

も~~~!!

仕方ないからいったん取り出して、裏っかえしてみて、
 ひゃ~~、こんなに汚れてた~~~!! とフキフキして
見たところまで進めて・・・・と、
すっかり日常世界に戻ってしまったのよね。

怖~~~~い!!

自分が写っている修学旅行の写真が1枚もなく、沈んでいた女子高生が
学校の廊下でポツンとたたずむと

 またもや画面が止まる!

が、

なんと!!

女子高生の回りにいる人にはピンがきてなくてブレてるから、
見ようによっては、動いているように錯覚する・・・・・

と、何度かDVDを止めて巻き戻し(とは言わないが)作業をしたために
それほど、「呪怨」の世界に入れなかった感じ。

けど、
この映画って結局なんでしょうか?
結末ってのはなくて、とにかく怖がらせればいい!! というつくりだったなぁ。
「呪怨2」が作られているから、これをみれば全部納得するのかいな??

そういえば、伽椰子の動きが妙だったな。
あれは貞子から血のにじむような特訓を受けたんだろうね。

じゅおん 呪怨@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/12/07

ホテルも韓流

来日したペ・ヨンジュンが第2の宿に選んだホテルが
ちゃっかり、ヨン様企画をうたってる。

ワイドショーやらNTVの特番やらで、パブリシティ効果は抜群だったろうに
まだまだヨン様パワーを使わなくっちゃならない!! てなとこだろうか。

確かに、便乗するなら今しかないとは思うけど・・・・

微笑みの貴公子宿泊プラン だって。

この分だと、そのうちに

  キラースマイルプラン

  永遠のプリンスプラン

  涙の女王プラン

などというのもすぐに出てきそうな気がする(笑)

・エグゼクティブルームのお客様はインペリアルスイートを空室時のみ見学できます。
意外といつでも見学できちゃったら、ちょっと寂しいね。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004/12/06

ドミノ

ドミノDVDをレンタルした。
「ドミノ」という邦題。なんとなくわかるようなわからないような、ヘンなタイトル。

原題「Office有鬼」という、2002年の香港映画。
香港のオフィスビルで起こる幽霊騒ぎの話・・・・

そのオフィスビルでは、毎年旧暦の7月になると霊が現れて、
9人の犠牲者が出る という噂で持ちきり。
16階の証券会社で働くPat(カレン・モク:莫文蔚)は、
エレベーターの中で「ごめんなさい」と言っている全身白尽くめの女性を見る。
そして、噂の通り1人、2人と犠牲者が・・・・

香港では、中秋節前の閑散期(?)に公開された作品で
確か「評判のよい作品」という記事を読んだことがあったような・・・
なので、結構楽しみに見たのだけど

  ・・・・・

なんと言ってよいか、よくわからない・・・・

唯一良かったのは、
金融会社の若社長(チャン・シウチョン:陳小春)のエピソード。
 明るいオフィスで普通に働いているロー・ラン(羅蘭)に違和感を感じたけど
 結局・・・ということで、妙に納得してしまう私。
見た目は怖い幽霊たちの、実に心温まる話に香港らしさを感じてしまった。

ところでこの映画、実は3部からなるオムニバスだったらしい。
「最後一格」、「選擇」、「準時上班」となっていたらしいけど、区切りってあったかしら???

ドミノ@映画生活

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/05

金馬奨影帝!!

台湾の映画賞
「第41届台湾電影金馬奨」授賞式が、少し前に終わった。

嬉しいことに、
わたしのごひいき明星のアンディ・ラウが、最佳男主角大奨を獲った。
(最佳男主角→最優秀男優賞 作品は「無間道Ⅲ終極無間」)

おめでと~、アンディ!!

さっきから、andylau.comがとっても重いのは
ファンたちが おめでとー と書き込むために殺到しているからかしらん(笑)


金馬奨を即時伝えているサイトを見ていたのだけど、
アンディは白い衣装--香港で初めて最佳男主角を獲ったときも白--だったから
これは、獲る気マンマンだわ! と思っていた。
だから、
無事金馬影帝となって、ほっとしたわ!!


ところで、これは台湾の映画賞だけど、
香港の映画賞(香港電影金像奨)同様、中華圏の映画が対象になっているようで
制作本数の比率からなのか、香港映画の占める割合が高いんだよね。

アンディも何度かノミネートはされたことがあるけど
最佳男主角は確か初めてだったはず。

どんな表情だったんだろうね。
早く、受賞シーンの写真を見たいのだけど・・・まだみつからない。
明日の朝のお楽しみってことね^^


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/04

「ホテリアー」 で

ホテリアー 特別版プレミアム DVD-BOX「ホテリアー」を5回まで見た。

今まで見たことのある韓国ドラマのほとんどが
ヒロインがいじめられるものだったけど
「ホテリアー」は違うところに焦点が当たっているみたいで、これはいいわ!

「冬のソナタ」とは違って冷徹なペ・ヨンジュンが見ものだけど

このドラマで

私は発見してしまった!


・・・・・「二枚目」という設定の支配人を演じる キム・スンウという人。
眉毛が濃いところが、阿B(ケニー・ビー)か、イー・トンシンか?
と思ったのだけど

こうやって続けて見ていたら・・・・・・あ!!

  浜口京子!?

目の感じとか、鼻の感じとかが似てるように思えてしまうのだけど
同意する人って、いるかしらん??(笑)


ところで、この人も人気があるみたいで
今月お台場でイベント(ファンミーティングというそうな)をやるみたい。
検索していたら、そんな告知を見かけた・・・8,400円の参加費だって・・・・

先のお題じゃないけど
韓流にのれ! 誰でもいいから呼んできてパーティーしちゃえ!
 という企画でないことを祈ってしまう。
 大きなお世話だろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/03

韓流・・・不安がよぎる・・・

きのう、丸ビルのイベントスペースで
リュ・シォンの日本デビューイベントが行われたそうな。

ちょびっと様子を見に行ってみようかな(←ミーハー)と考えたけど
きっと凄いことになっているだろうと思って、
まっすぐ帰ってきた(正しくは、買い物で寄り道したけど^^)

今日のスポーツ紙のサイトに「7000人」と書かれていて、びっくり!!
 行かなくって、ほんと、よかった~


ところで、表題。

ヨンハ君のCDがオリコン10位初登場で
このリュ・シォンが7位初登場だとか・・・・

西欧ばかり向いていた日本が、アジアに目を向けているのはとっても嬉しいことだけど
なんだかな・・・
なにかが違うように感じてしまう。
それがなにかはよくわからないけど、

 こんなんでいいのかな?

って・・・・・

なんて思いつつ、録るばかりで見ていなかった「ホテリアー」を
今頃になって見始めてるんだけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月。 だから、ツリー!!

数日前の香港へ行きたいで書いた、去年12月に香港へ行ったとき見た巨大ツリー。

クリスマスも近いので、その写真をブログにくっつけてみた。
(ちなみに、去年ホームページに使ったものをそのまま持ってきたので、クレジットもホームページ用のままだけど、自分のだからいいかな、と^^)

とにかく、このツリーは凄かった。
1時間おき(30分かも?)くらいに、流れる音楽にあわせて、ツリーがキラキラと色が変わる。
思わず口をあけて、ぼ~っと見続けてしまったくらい、綺麗だった!!
 (高さは34メートルらしい・場所は中環)

街全体のライトアップもきれいだけど、ツリーはことに綺麗だった~

また行きたいよ~、と思ってしまうのは、ひとえにこのツリーを見たいがためかも(笑)


クリスマスシーズンに香港へ行く方へ。
 対岸の九龍半島からも、ピカピカ光るツリーは見えるけど
 ぜひぜひ、中環まで行って近くでツリーを見てきてほしいな!


・・・・うう、、、やっぱり行きたい。。。。。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2004/12/02

起きろ~、ヨンハくん~!!

FNS歌謡祭が30周年とかで、ずいぶん長く生中継でやってたね。

最近は、J-POPをちっとも聞いてない私だから興味はないのだけど
テレビ欄で「パク・ヨンハ」という文字を見つけてしまったら、
見逃すわけにはいかんじゃない!!(笑)

というわけで、
根気強く待っていたら----途中の懐かしのVTRに、思わず“なつかし~”---
ヨンハ君、やっとこさ登場!!

ソウルは大分寒いようで、厚手のニットの上着を着ているヨンハ君。
けどね、胸をはだけているから、前はTシャツ1枚状態。
寒くないの~??

で、「キビョル」を歌ったのだけど-----------

   ヨンハ君、起きろ~、目を開けろ~!!


来月コンサートに行くんだけど、
この調子で
ずっと目を閉じて歌われちゃったら、とっても寂しいかも(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/12/01

きょう の いくつか

セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 6 vol.2
●先週発売された「SEX and the CITY」の最終巻、シーズン6 VOL.2をHMVで購入。
“バニティバッグ付”だそうで、とても大きなパッケージを抱えて帰ることになった。

●伊勢丹のイプサで、本日発売の「タイム・リセット・キット」を購入。
担当してくれた販売員さんに「お荷物まとめましょうか?」と言われ
「思いがけず大きな包みになった」と差し出したら、
HMVの袋から覗いたパッケージに
「私も買いました! 泣けました!!」との言葉。
働く女性には必需品のドラマなんだな、と、なんだか嬉しく感じてしまった。


●その足で、「ノエル ア ラ モード」(シャンパン特集)をしている6F催事場へ。
微妙な曜日・時間だったからか、とっても空いていた。
シャンパンは全然詳しくないし、見渡すと何万円もするボトルばかりが並んでる。
これは、とても手が出ないと見ていたら、「ヴーヴ・クリコ」があった。
少し前に見かけた「ロゼ」が気になっていたから、試飲させてもらった。
比較ができるようにと、黄色のラベル、白いラベルと、ついでくれる。
全部飲んだら、なんだかポワ~~ン。

シャパンってのは、飲むときのシュワシュワ感と、このポワ~ン感がいいんだと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »