« カレンダー・ガールズ | トップページ | ドーナッツでドキドキ »

2005/03/13

愛と復讐の挽歌&野望編

愛と復讐の挽歌・野望編愛と復讐の挽歌

土曜の夜は見るTVないしなぁと、「愛と復讐の挽歌」DVDを時系列に沿って観始めた(「ごくせん」はずいぶん前から見なくなってしまった、ごめんなさい^^。
香港での公開は「愛と復讐の挽歌」(原題:英雄好漢)が先で、その後に、その始まりの話を描いた「愛と復讐の挽歌-野望編-」(原題:江湖情)が公開されている。なので、話がすんなり頭に入るように、公開順じゃなくて時系列順に観ることにした。
主演は、黒社会のスタイリッシュボス(?)といえばこの人、チョウ・ユンファ(周潤發)、
鼻血大王への道へまっしぐらの頃のアンディ・ラウ(劉德華)、
裏切り者といえばこの人のアレックス・マン(萬梓良)という豪華3大明星!!
そこへ、微妙なさじ加減という感じに李sirことダニー・リー(李修賢)がからんできたり、
「インファナル・アフェア無間序曲」の姐御はここから作られたかも? のカリーナ・ラウ(劉嘉玲)と、ほんとに豪華な出演陣。「江湖情」にいたっては、香港芸能界の校長先生アラン・タム(譚詠麟)まで出てるのだから、これを観なくちゃ香港(黒社会)映画は語れない・・・かも? といえる映画だろう。

 落ち着き払っているサイも人の子、愛する妻と息子を殺されてしまったらもうやるしかない!!
 女をとられ、そのせいか狂わんばかりに裏切りまくるユン! 裏切りの本領発揮!
 義兄弟よりも、最後はやっぱり恩人につく義侠の人、クォ!
 そして、たとえ別の女性を娶っても愛する人はあなただけ・・・ホイ! が、かなり哀しく思えてしまうんだよね。うるうる・・・・

と、ちゃかしてしまったけど、かなりドラマチックなストーリーのこの映画。 順番はさておき、やはり両方を観てほしい映画だと思う。両方観ないことには、どうしてこんなになっちゃったの? が解明されないものね。

「江湖情」の冒頭。
突然義兄弟になったクォに、ユンは半分に割ったパンを(小さい方だけど)差し出すんだよね。残った半分をさらに割って、やっぱり小きいほうを妹のホイにあげる。たとえ小さい方であっても、子どもの頃は分かちあう気持ちを持っていたユンなのに・・・・なんであんなになってしまったのか。環境に負けたユンが哀しく思った。

愛と復讐の挽歌@映画生活

|

« カレンダー・ガールズ | トップページ | ドーナッツでドキドキ »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/3275155

この記事へのトラックバック一覧です: 愛と復讐の挽歌&野望編:

« カレンダー・ガールズ | トップページ | ドーナッツでドキドキ »