« ソウルガーディアンズ退魔録 | トップページ | クリスマスに雪が降れば »

2005/03/30

バンジージャンプする

バンジージャンプする
バンジージャンプする」。2001年作の韓国映画。
イ・ビョンホン、イ・ウンジュが主演の他は、映画紹介もちらりとしかチェックしなかった。
なので、

 愛する恋人(イ・ウンジュ)を交通事故で失った男性(イ・ビョンホン)の目の前に、昔の姿そのままの彼女が現れる。愛した女性とは別人だとわかりながらも、愛せずにはいられない・・・・・

というような、よくあるストーリーだと思っていた。目の前に再び現れるのは“他人の空似”な女性なのか、あるいはヒロインの姉妹の娘とか、そんな感じなのかなあと想像していた。

映画は、途中までは私が予想していたように進んでいった。
けれど、時を経て目の前に現れたのは、生まれ変わった恋人だったとは。しかも、教師となった自分の教え子(男)に姿を変えて現れるなんて! 予想もしていなかったストーリーに驚いてしまった。
輪廻転生がテーマのラブストーリーは、よくあるストーリーなんかじゃ全然なかった。

イ・ビョンホンが凄くよかった。
かっこよさを見せず、奥手でさえないけれど、一目惚れした女性にはためらいながらも一筋に突き進んでいく大学生のインウ。
高校教師となり生徒たちを落ち着いて教え諭す大人の男の堂々とした姿。
そして、人生経験を経てきていても、忘れられないかつての恋人のことを思い続け、恋人の生まれ変わりと信じる教え子ヒョンビョンを、いとおしそうに見つめるまなざし。取り乱す姿。

テヒの生まれ変わりのヒョンビョンもよかった。友だちとわいわい楽しんだり彼女とデートする普通の高校生の前半と、インウに見つめられて戸惑い、悩み、そしてインウを思い出す。ヒョンビョンが自然で生き生きとしていたから、インウの切ない思いが一層胸に響いてきたのだと思う。

イ・ウンジュの透明感を感じるテヒも魅力的だった。塩田時敏氏がパンフレットに書いているように、彼女が突然傘に飛び込んできて、一目惚れしない男はいないと私も思った。
 ただ、断崖に立つ姿や交通事故に遭うシーンは、見ていてストーリーを離れて切なく思えてしまったのが寂しかった。

強く手を握ってバンジージャンプした2人。
次の世代での幸せが予感できるような余韻が残った。

映画生活

|

« ソウルガーディアンズ退魔録 | トップページ | クリスマスに雪が降れば »

映画」カテゴリの記事

韓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/3473218

この記事へのトラックバック一覧です: バンジージャンプする:

» イ・ビョンホン主演 『バンジージャンプする』 [ハングルな日々]
イ・ビョンホン、イ・ウンジュ主演の映画「バンジージャンプする」を劇場に見に行ってきました。先日自ら命を絶ってしまったイ・ウンジュが出演している作品ということもあ... [続きを読む]

受信: 2005/03/31 23:44

» バンジージャンプする [エンタメ!ブレイク?]
そっと心の琴線に触れてくるが、 やがてかき乱されることだろう 愛とは何か?そのカ [続きを読む]

受信: 2005/04/01 05:14

» バンジージャンプする [しのわずり]
『バンジージャンプする』は『誰にでも秘密がある』を見に行った時に映画館で見かけ [続きを読む]

受信: 2005/04/18 23:04

» 『バンジージャンプする』@韓国映画89 [すとっく☆すとっく ~めざせサーファー主夫]
「バンジージャンプする」/韓国/2001年/100分 英題:A Bungee J [続きを読む]

受信: 2005/05/01 20:04

» バンジージャンプする [シネクリシェ]
 輪廻転生を思うたびに、こういう死生観が仏教圏だけのものだということが不思議に感じられます。 キリス [続きを読む]

受信: 2005/05/02 05:47

» バンジージャンプする それってスカイダイビングって言うんじゃ…… []
●バンジージャンプするを鑑賞。多少のネタバレ含みます。 1983年。大学で国文学 [続きを読む]

受信: 2005/07/16 21:59

« ソウルガーディアンズ退魔録 | トップページ | クリスマスに雪が降れば »