« バンジージャンプする | トップページ | イ・ビョンホンへ質問したい!! »

2005/03/31

クリスマスに雪が降れば

クリスマスに雪が降れば
パク・ヨンハ主演の映画「クリスマスに雪が降れば」。1998年の作品。
エンドロールを見て初めて映画だったと気づいた。だって、ヨンハくんはTVドラマしか出てないと思っていたから^^

今回のヨンハくんは、アメリカ帰りのエリート。だから当然スーツ姿でメガネはマストアイテム。おデコをきっちり出して、ちょっとぽっちゃりしてるけど、美人バイオリストを恋人に持つエリートの出来上がり!!
「キス」でもそうだったけど、今回のヨンハくんも今よりもグッと老けて見える。さすが、役作りがうまい!!(本当か?^^)

クリスマスの夜に、初恋の男の子スアン(ヨンハくん)と12年後にまたここで会おうという約束をかわし、思いをずっと秘めてきた幼稚園の先生ソンヒ(キム・ヒョンジュ)。ソンヒを「ママ」と呼ぶチャムナという少年がつきまとい、迷子保護施設に空きがないため、しばらく預かるようになる。そんなとき、約束のクリスマスを前にして帰国したスアンを街で見かけ再会。でも、スアンは婚約者を連れていて、あろうことか亡き父の教え子で有名バイオリニストとなったユジョンだった。
ユジョンのためにソンヒが持つストラディバリウスを譲ってくれと頼むスアンだったが、そのバイオリンは大切な父の形見で譲るわけにはいかなかった。
ところが、チャムナの入れ知恵から思い余って「スアンと1週間デートすることと交換だったら譲る」と言ってしまうソンヒ。それは困るというスアンに、ユジョンはそのくらいのことでストラディバリウスが手に入るならと、了承する。
そして、ソンヒにとって大切な1週間が始まるのだった。

少女漫画によく出てきそうなストーリー。お約束通りのラストだったしね。チャムナが「ママ」と呼んで現れた時点で、もしやこの子は・・・と予測がついてしまった^^
バイオリンと交換で1週間のデートを約束して実行するのだけど、いくら好きでも1週間毎日、仕事のあとデートするのは大変じゃないかしら・・・・なんて、余計なことを考えて見てしまった。
チャムナが可愛かったけど、彼は一体どうやって現れたのか不思議(笑) たまたまかもしれないけれど、韓国のラブストーリーは、ファンタジーの要素が入っているものが多いのだけど、これは、韓国人はロマンチックってことなのかな?

そうそう、子どものころのソンヒを「天国の階段」のときのユリをやった子だった。ユリはなんて憎々しい子なの! と思ったものだけど、スアンと一緒にクリスマツツリーを飾るソンヒはかわいかったわ。演じるのはパク・チミという名前で、演技派と言われる子役らしい。なるほど。

クリスマスに雪が降れば@映画生活

|

« バンジージャンプする | トップページ | イ・ビョンホンへ質問したい!! »

映画」カテゴリの記事

韓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/3504198

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスに雪が降れば:

» クリスマスに雪が降れば [みそじっくすblog]
『クリスマスに雪が降れば』 を借りてみました。 [続きを読む]

受信: 2005/05/02 22:19

» パク・ヨンハ主演 『クリスマスに雪が降れば』 [ハングルな日々]
パク・ヨンハ、キム・ヒョンジュ主演の映画「クリスマスに雪が降れば」を見ました。1998年に公開されたパク・ヨンハとキム・ヒョンジュの映画デビュー作。ヨンハ君、あまりカッコよくない(笑)。演技もなんかぎこちない感じです。でもストーリーはすごく良かった!キム・ヒョンジュはドラマ「ガラスの靴」のイ・ソヌ役と若干かぶりました。結構ドジな役。彼女は全然変わってないです。 幼稚園の先生ソンヒ(キム・ヒョンジ�... [続きを読む]

受信: 2005/05/29 22:03

« バンジージャンプする | トップページ | イ・ビョンホンへ質問したい!! »