« Musical baton って・・・・何?? | トップページ | ディナーの後に »

2005/06/25

ワン・ナイト・イン・モンコック

ワンナイト イン モンコック2004年の香港映画「ワン・ナイト・イン・モンコック」(原題:旺角黒夜)をキネカ大森で鑑賞。
久々のキネカ大森。椅子がすっかりきれいになっていて、びっくり^^

この映画は、今年の香港電影金像奨で監督賞・脚本賞などを受賞した作品ということで
日本でも急遽公開されることになったもの。うんうん、字幕がついていた香港映画を観られるのは、広東語がわからないファンとしてはとってもうれしい次第だ。

舞台は旺角。
香港一、人口が多い場所らしい。
確かに、旺角は今までもいろいろな映画の舞台になっている場所で(そのほとんどが黒社会ものだったりするけど)
いつなんどき、抗争等々があってもちっとも不思議に思えない、とにかくごちゃごちゃした街。

そこに登場するのは、なによりも部下が安全でいられることを考えてばかりの刑事部長(アレックスフォン)らと
自分の出身地から、“殺し屋”をスカウトして香港へ招く怪しい携帯電話屋と
貧しい中国の村から、殺しの依頼にあわせて、音信不通となった恋人を探しにきた若者と
家族のために、貧しい中国の村から“娼婦”として出稼ぎに来た女性。
・・・・その他もろもろ。

イー・トンシン(爾冬陞)というと、いろいろと悩んでいる比較的地味な人を中心に描いてきた監督で
この映画もまた、そういった風を感じるのだけど

ラストに向かって、
 血まみれ

 予想外

・・・・・これが旺角を舞台にする者の宿命なのかな?
(「旺角カルメン」とか「天若有情」とか・・・・他もろもろ)

 「縁があるから会っちまう」「願い下げだな」

この台詞が、この映画の全てみたい・・・・


とはいえ、突っ込みどころはいっぱい、という いかにも香港映画 のお約束(笑)
とりあえず、
あんなに血まみれになっても走れるフー(ダニエル・ウー)って、大丈夫???? かな(爆)


オマケ同級生として、(勝手に)応援してしまうのだけど
ラム・シュー(林雪)、やっぱりいいわぁ!!^^
ね、Mちゃん(爆)


ワンナイト・イン・モンコック@映画生活

|

« Musical baton って・・・・何?? | トップページ | ディナーの後に »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

ミケさん、トラックバックしていただいてありがとうございます。
そうですか、ハッカンと同い年? ・・・しかし、その実はリヨンと一緒なのですね^^

投稿: kazumi | 2005/07/13 22:29

はじめてのTBなのでご挨拶に参りました。
いつも楽しく拝見しているお部屋にTBするので、ドキドキしています。
私は克勤と同じです。でも早生まれなので、学年はりよんと同じですが……。

投稿: ミケ | 2005/07/13 05:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/4708551

この記事へのトラックバック一覧です: ワン・ナイト・イン・モンコック:

» 『ワンナイト・イン・モンコック』は激しく、切ない [Days of Books, Films ]
東映ヤクザ映画が全盛の頃、年に1本か2本、目の覚めるような傑作が生まれた。たとえ [続きを読む]

受信: 2005/07/10 00:49

» 『ワンナイト・イン・モンコック』 [猫にパンチ、犬にキック]
会社でイヤなことがあったのと引越しの疲れで、映画を見ようと決意。流血たっぷりと聞いて躊躇していたが、kazumiさんのblogで突っ込みどころはいっぱいと紹介されていた『ワンナイト・イン・モンコック(旺角黒夜)』に行く。わずかな時間の中で出会い衝突し、事件に発展するという筋書きは『PTU... [続きを読む]

受信: 2005/07/13 05:23

« Musical baton って・・・・何?? | トップページ | ディナーの後に »