« 震度4の地震 | トップページ | マルチュク青春通り »

2005/07/24

狼たちの伝説 亜州黒社会戦争

狼たちの伝説
「狼たちの伝説 亜州黒社会戦争」。原題は「勝者為王」、2000年の香港映画。

特典映像に入っていた“プロモーション”(日本版ってことかな?)の予告編では
インファナル・アフェアのアンドリュー・ラウ監督作品 と。
。。。。。。
いや、ウソじゃないけど、
この映画に際しては誇大広告ではないかと・・・・・


「古惑仔」シリーズの第6弾になるのだけど、
なんだか理由があって「古惑仔」というタイトルがつけられなかったらしい。
だからといって 亜州黒社会戦争 なんて・・・・コワイ(笑)

さっき、誇大広告、なんて書いてしまったけど
「インファナル・アフェア」云々のコピーでこの映画を手にしたとしても、
全く損がない作品ではあるから、どしどし見ましょう^^
だって、
千葉真一が出ているし、最近日本でも人気のイケメンピーター・ホー(何潤東)も出ているし
日本ロケも満載&怪しげな日本語もいっぱい聞ける。

真面目な話、
香港映画を見る際に押さえておきたい俳優がたくさん出ていて
しかも
日本語と北京語と広東語とで通訳なしに会話してるというすばらしさ!

ストーリーは・・・・・・
「亜州黒社会戦争」、ということで。


狼たちの伝説@映画生活

|

« 震度4の地震 | トップページ | マルチュク青春通り »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/5130137

この記事へのトラックバック一覧です: 狼たちの伝説 亜州黒社会戦争:

» 狼たちの伝説 亜州黒社会戦争 [かたすみの映画小屋]
先ごろ日本でもDVDが発売された、古惑仔のシリーズ6作目で『欲望の街 古惑仔I 銅鑼湾の疾風』から続いた本編最後の作品。邦題にも原題にも「古惑仔」と記されていませんが、そこは大人の事情があるそうで、本編を見れば判るように『新・欲望の街II 古惑仔IV/'97古惑仔・最終章』、『古惑仔5之龍争虎門』に続く作品になっています。時は台湾大統領選挙が行われている2000年。台湾三連会でも重鎮になりつつあるサンカイ(陳小春/チャン・シウチュン)は、日本の裏社会との結束を強くするために、暴力団山田組の組長草... [続きを読む]

受信: 2005/07/27 02:07

» 香港映画祭4「狼たちの伝説亜州黒社会戦争」(00香港) [新世紀活動大写真]
池袋・テアトルダイヤへ。東京国際も始まり、映画祭かけもち週間となっている。この日は「狼たちの伝説」上映。邦題からはわからないが古惑仔シリーズの第六作「勝者為王」である。なお、五作目共々未見。古惑仔たちも今や大幹部。サンカイ(チン・シウチョン)は台湾・三...... [続きを読む]

受信: 2005/11/07 14:50

« 震度4の地震 | トップページ | マルチュク青春通り »