« 韓流オールスターサミット | トップページ | 週刊誌に怒! »

2005/07/20

姑獲鳥の夏

姑獲鳥の夏 プレミアム・エディション「姑獲鳥の夏」を観てきた。

面白かったけど、小難しい内容。小説はこの先読むことはないだろう、と思った私。(一緒に観た友人も同意)。

冒頭の京極堂の長い台詞は、まるで念仏を聞くような感じだった。
 ・・・あれだけの台詞をいうのは大変だったろうな・・・なんて、余計なことを考えてしまった程。

映画館で予告編を見ただけだったから、ストーリーも全くわからず
 “たぶんホラー映画なんだろう” と思って行ったのだけど、別にホラーじゃなかった。
陰陽師が出てくる話で、とにかく謎解きがされるまで、ぽわ~んと意に介さなかった。
まあ、あの映像の見せ方からすると、謎解き前にわからせないように作っているとは思ったけど
な~んか、暗いし、ゆったりとしているし・・・途中、危うく寝そうになって危なかった。

とはいえ、
ひとクセもふたクセもあるような役者が贅沢に使われていたから、結果としてはとってもお得な映画。
だから、ストーリーは脇に置いて登場人物を見ているだけで十分楽しかった。

小説を読むことはないけど、京極堂映画の第2弾ができたらまた見たいなと思った。


実は、この本に載っている「妖怪大戦争」が気になっている・・・・
妖怪映画夏の陣―京極夏彦『姑獲鳥の夏』VS『妖怪大戦争』


姑獲鳥の夏@映画生活

|

« 韓流オールスターサミット | トップページ | 週刊誌に怒! »

映画」カテゴリの記事

コメント

ミケさん、こんばんは。
堤真一演じる京極堂は結構良かったと思うのですが、病的に痩せているというのはあてはまりませんね。原作のファンには、やっぱり納得がいかないキャスティングなのでしょうね。

投稿: kazumi | 2005/07/23 23:18

私は原作ファンなので、この先も映画は見ないと思います。
原作の雰囲気やキャラのイメージは、ファンそれぞれに違うものだから、すべてに応えるのは不可能なのはわかっています。
でも、主人公の京極堂は、「芥川龍之介に似ている」「病的に痩せている」と本文に何度も明記してあるので……それだけでも反映させて欲しかったですね。

『マジック・キッチン』もご覧になったのですね。
日本語吹き替えじゃないのなら、やっぱり本人の声を聞きたいな。
DVDでは広東語バージョンもあることを祈っています。

投稿: ミケ | 2005/07/22 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/5070569

この記事へのトラックバック一覧です: 姑獲鳥の夏:

» 京極ワールド、映画「姑獲鳥の夏」を見て [カオリン&チョチョリンの親育て・子育て]
京極夏彦氏のディビュー作「姑獲鳥の夏」が、映画化されたというので、見ようか見るまいか・・・と悩んだ末に、昨日、やっと見てきた。 なぜ、悩んだか・・・、それは、キャラクターのイメージが、若干原作を読んでいる私のイメージと違うキャスティングのようで、どうなんだろうか?と思ったものだから。 でも、映画自体は、ほぼ忠実に原作を再現されていて、かなり前に原作を読んでいた私でも、内容が思い出され、京極ワー�... [続きを読む]

受信: 2005/07/30 20:53

» 姑獲鳥の夏 今年の230本目 [猫姫じゃ]
姑獲鳥の夏 申し訳ございません。 中盤、寝てしまいました、、、最後の方は、しっかり見てしまったので、ストーリーはわかってしまいました、、、 阿部寛 は好きなんだケド、堤真一 と 永瀬正敏 って、いまちなのよねぇ、、、ぁ、見た目が、ね、趣味じゃないのy...... [続きを読む]

受信: 2005/11/29 15:01

« 韓流オールスターサミット | トップページ | 週刊誌に怒! »