« 狼たちの伝説 亜州黒社会戦争 | トップページ | 地震雷火事親父 »

2005/07/25

マルチュク青春通り

マルチュク青春通り クォン・サンウ スペシャルBOX原題は「マルチュク通り残酷史」。
邦題もなかなかいいとは思うけど、原題の方がよりしっくりな感じがする映画だった。

1978年のソウル。
ここでも、ブルース・リーは男の子たちのハートをしっかりつかんでいたんだね。
香港映画ファンのわりには李小龍のことをよく知らない私だけど、
李小龍が語られているというそれだけで、グッと親近感を増してしまった。

モムチャン全開の映画だと思っていたのだけど、違っていたみたい。
転校生として登場するヒョンス(クォン・サンウ)は、テコンドー道場を営む父親に反発して、暴力が大嫌い。
だから、自分も全然強くなくて、殴られたら殴られっぱなしのへなちょこ君なんだね。
ずっと年上の私からみれば「まあカワイイー」だけど
同世代から見たら、あまりにも頼りないキャラクターだと思うわ。

ヒョンスが転校した学校はガラの悪さで有名で、
殴ったり殴られたりが日常茶飯事みたいに描かれていた。
「残酷史」というのは、こんな暴力的な毎日ということも表しているのだろうけど
ヒョンスにとって本当に「残酷」なのは、もっと違うこと。

女子学生ウンジュにバスで一目惚れするヒョンスだけど、思いを伝えられず見ているだけ。
なんとか知り合いになることはできたのだが、友だちのウシクがウンジュと付き合い始めてしまう。
 残酷とはこのことだよね。

しかも、ウシクはウンジュを泣かせてばかりで、ちっとも幸せそうじゃない。
ヒョンスの思いは募るばかり・・・・・

 青春だな~

短髪+学ラン+学生帽のヒョンスはどこから見ても立派な学生だったけど
浪人生となって、私服+伸びた髪という姿に、思わずドキッ!
この姿はクォン・サンウの実年齢に近いというのに、なんだかとっても驚いてしまうほど
映画の世界にどっぷりつかっていたみたい。

マルチュク青春通り
マルチュク青春通り@映画生活

|

« 狼たちの伝説 亜州黒社会戦争 | トップページ | 地震雷火事親父 »

映画」カテゴリの記事

韓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/5084968

この記事へのトラックバック一覧です: マルチュク青春通り:

» cinema@マルチュク青春通り [RummyChocolat]
35℃の新宿西口。 咲涼氏と待ち合わせて『恋する神父』鑑賞予定でした。 が・・武 [続きを読む]

受信: 2005/07/30 13:00

» マルチュク青春通り 怖いぞ、朝鮮式体罰 [Blog・キネマ文化論]
●マルチュク青春通りを鑑賞。 1978年、軍事政権下の韓国。ブルース・リーに憧れ [続きを読む]

受信: 2005/08/18 09:35

» 「マルチュク青春通り」熱い感情の爆発意が気持ちいい [soramove]
「マルチュク青春通り」★★★★ クォン・サンウ、イ・ジョンジン主演 ブルース・リーに憧れる 硬派な高校生が主人公。 彼は通学バスの中で ひと目惚れするが、 気持ちをうまく伝えられない。 ラストの耐えに耐えた 感情を爆発させる屋上のシーンには 最近...... [続きを読む]

受信: 2005/09/07 22:19

« 狼たちの伝説 亜州黒社会戦争 | トップページ | 地震雷火事親父 »