« 最“狂”絶叫計画 特別編 | トップページ | マラソン »

2005/07/05

大酔侠

大酔侠ようやく「大酔侠」を観ることができた。ちょっと嬉しい。
キン・フー監督作でチェン・ペイペイ主演作。
先日観たテレビの香港映画特集で、立ち回りシーンを観て、映画を早く観たくて仕方なかった。

武侠映画の女性って、どうしてこうもかっこいいんだろう。
刀を手にしたたくさんの男たちを、華麗に交わし、ばったばったと倒していく。
スカッと気分爽快になる^^

アクションシーンは、心なしか(いや、あきらかに)、現代の映画のアクションシーンに比べてスローテンポ。
だけど、動きがきれい。
ペイペイのちょっと腰が引けた構えが、可愛らしくはあるけれど
立ち回りの見せ方もいろいろと工夫されている。
さすがキン・フー。

タイトルからして、いつも酔っ払っている酔猫(実は武術の達人)の映画なのだろうけど
どうみても金燕子(チェン・ペイペイ)の映画だろう、という気がしてしまう。


ところで、
罪人となった頭首を奪還しようとする一味の白装束の男(&顔も白塗り)が“色男”と評されていたのには、
「ああ、これはやっぱり大分昔の武侠映画なのね・・・・・」と
思わず遠い目をしてしまう私だったわ。


大酔侠@映画生活

|

« 最“狂”絶叫計画 特別編 | トップページ | マラソン »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/4833911

この記事へのトラックバック一覧です: 大酔侠:

« 最“狂”絶叫計画 特別編 | トップページ | マラソン »