« マルチュク青春通り | トップページ | 土用を前に »

2005/07/26

地震雷火事親父

「日常、人々の恐れるものをその順に列挙している語。」と、第三版の広辞苑にある。

「火事」。(「親父」については、人それぞれだから脇によけておく)
大分前のことだけど、小道を挟んだはす向かいのアパートで火事があった。
炎で窓のガラスがバリバリ割れるのを見て、とても怖い思いをした。
火事は、自分だけじゃなくて回りも巻き込むから絶対出してはならん! と身にしみたものだった。

「雷」は、山に行くこともないし、最近は避雷針を備えたビルが多いからあまり気にしてない。
雷が鳴って考えるのはパソコンの電源くらいかな、実際のところ。

で、一番最初に挙がっている「地震」。

土曜の地震。
揺れたときも怖かったけど、揺れてお終いというわけじゃないから怖いんだよね。
電車が長時間止まったり、エレベーターに閉じ込められたり。
今回は、たまたま自分が当事者にならなかっただけで、いつ当事者になるかと思うと・・・・どうしよう。
地震は、気のつけようがないから困る。だから一番怖いのかもしれない。


ところで、「台風」。
地震ほど唐突に起きるわけではないし、進路が予測されるものだけど、やっぱり怖いよね。
とはいえ、いまのところ
雨もやみ、風も収まっている東京だけど
台風7号はたいしたこともせず、通り過ぎていってくれるのかな?

台風一過で、明日は暑そうだけど・・・・

|

« マルチュク青春通り | トップページ | 土用を前に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/5158496

この記事へのトラックバック一覧です: 地震雷火事親父:

« マルチュク青春通り | トップページ | 土用を前に »