« sometime | トップページ | 続き★Park Yong Ha summer concert 2005 »

2005/08/22

Park Yong Ha summer concert 2005

パク・ヨンハsummer concert 2005パク・ヨンハの日本武道館ライブ!!

会場が暗くなると、武道館の天井の際まで青いペンライトの光がいっぱいにきらめく。
凄くキレイ。
たくさんの光が、ヨンハ君が登場するステージを注視する。

舞台には、黒い衣をまとった軍団・・・・ライトセーバー・・・・
よもや、ダースベイダーになってヨンハ君登場か!?


と期待したのに、違った・・・・
ヨンハ君は白い衣装で登場~♪
(演出の意図が全くナゾだったけど、深くは考えまい^^)


「Fiction」でいきなりダンシング! 「LA・LA・LA LOVESONG」と、ノリのいい曲が続く。
「ワインレッドの心」は出だしちょっと音がとれなかったけど、それもご愛嬌^^

「RUN」は、まさにライブ用の曲! という感じで
着ていたシャツを脱ぎ、ランニング一丁で炎が上がるステージを、右へ左へ駆けて行く元気なヨンハ君。
若いっていいねぇ(笑)
CDで聴いたものより、とっても聴きやすい。ヨンハ君らしい「RUN」になっていて満足。

バラードはぐっと減り、アップテンポの曲が多かった。
MCは少なめ(手紙に集約したのだろう)、衣装がえも少ない。
なんというのかな、
歌手のライブとして、非常にスムーズな流れに
本当に感心してしまった。

こんなステージ運びを、一体いつの間に身につけたのだろう・・・・
やっぱり、長丁場だったファーストコンサートでいろいろと覚えていったのだろうね。
いろいろと苦労して、努力してつくりあげてくれたんだね。
ありがと~!!


持ち歌以外でいろいろと歌ってくれた。
例えば「世界に一つだけの花」。
例えば、英語の歌・・・・3曲のうち「フットルース」は非常になつかしさを感じたわ。

そして、
最後に歌った「冬のソナタ」の主題歌「最初から今まで」。

それまでも何度か泣きそうになったものの、ぐっとこらえていたヨンハ君だったけど
「最初から今まで」では、モニターに写った瞳に光る涙が見えていた。


「大きくなった。見ていて、涙が出そうになった」と、チケットをとってくれた友人・Rちゃんが感動していたけど
私も気持ちはおんなじ。

ファーストライブに比べたら、まるで別人のように、
ヨンハ君、すっかりスターの貫禄を身につけ、堂々と大舞台を楽しんでいた感じがする。
“歌手”パク・ヨンハは、広い武道館をものともせず、見事に観客を巻き込んだステージで魅了してくれた。


最初、ライブがあると知ったとき「10,000円!?」と一瞬ひいたものの
ちっとも高くなんてなかった。
ヨンハ君のいろんな面が見られた、すごく魅力的なライブだったから。


で、追加公演、ないのかな?

|

« sometime | トップページ | 続き★Park Yong Ha summer concert 2005 »

韓流」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/5591108

この記事へのトラックバック一覧です: Park Yong Ha summer concert 2005:

« sometime | トップページ | 続き★Park Yong Ha summer concert 2005 »