« LIVE With xxx EXTRA | トップページ | Park Yong Ha summer concert 2005 »

2005/08/21

sometime

コンサート前日になって、ようやくパク・ヨンハのアルバム「sometime」を聴いている次第。

ライブで聴いたらきっと印象が変わるだろうから、
その前に、アルバムの感想をちょっと書いておこう。

ファンならみんな知ってることだけど、このアルバムは4曲が日本の歌のカバーで、
残る2曲もアレンジを変えて収録されているもの。
「全曲日本語」というのは、私にはびみょ~なところ・・・・・
日本人ファンにとってはその心意気に感謝! なんだけどね(でも、ヨンハ君の日本語はOKかな)。

しっかし・・・・
思い入れが強いと、無意識にオリジナルに歌い方が似てしまうもんなのよね。
ヨンハ君ったら、「物まね」入っちゃってる・・・「ワインレッドの心」。

歌い方・・・声の出し方が玉置浩二してるんだもの・・・・
 そういえば玉置浩二作曲「」を歌う劉德華(アンディ・ラウ)も「ト~ン」のおしりが、玉置浩二入ってたっけ。
ということで、玉置浩二による楽曲は、どうしてもそうなってしまうのは仕方ないということで(笑)

「RUN」はオリジナルをしっかり聴いたことがないから、わからないのだけど、
あまりにも投げやりな歌い方が、いかにも長渕剛が歌っていそうな感じで、好きじゃない。
ヨンハ君はもともとしっかりした声なんだから、わざと荒っぽい感じに歌う必要ないのに・・・・
もっとヨンハ君らしい歌い方で聴きたかった。

それに比べて「瞳をとじて」は、
ヨンハ君らしい歌になってると思う。とってもいい感じ。

「LA・LA・LA LOVESONG」は、不思議な味わいの歌になった。
だからこれも、ヨンハ君らしい歌になったということかな。
しかし・・・・
 どしゃぶりの雨を待っ / まっぴらと横を向い
の  を聴くと笑っちゃう・・・と、ヨンハファンの友人から聞いてしまったため・・・・私も気になっちゃったのだけど、どうしよう(笑)

さて、持ち歌の別バージョンはというと
「Fiction」は好き。
「初めて出逢った日のように」は、やっぱりオリジナルバージョンが一番好きだな。
だって、香港の歌神・張學友よりも“うまい!!”と思ったのがオリジナルバージョンだったんだものね。

ということで、明日のライブはどんな感じなんだろうな。


こんなの見つけたのだけど・・・
To my love-OSTシリーズ「私達は道に迷った小鳥を見た」

|

« LIVE With xxx EXTRA | トップページ | Park Yong Ha summer concert 2005 »

韓流」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/5567313

この記事へのトラックバック一覧です: sometime:

« LIVE With xxx EXTRA | トップページ | Park Yong Ha summer concert 2005 »