« 射雕英雄伝 | トップページ | 全面広告〈ベルベット・レイン〉 »

2005/09/27

着信アリ2

着信アリ2「着信アリ2」をレンタルした。

ずっと見たいと思っていたこの映画の、見たい理由はただ1つ。

ピーター・ホー(何潤東)が出ているから!!

ピーター・ホーの日本語が・・・・努力の甲斐あるけど、台湾に住んでいるのだから北京語でしゃべったらいいのに・・・
だって、瀬戸朝香が“少し”といいながら、人を探すために北京語を使っているのだから、ここはやっぱり北京語で会話でしょ。それか、香港映画でよくみられる異国語同士の会話ね^^
なんて、本筋に関係ないところでチェックを入れてしまったほど、とにかく、
「風雲」におけるクールな雲とは全く違う情けないイメージが強くて、トホホだった。
そもそも、全体の中で影薄過ぎるし。


死の着メロがどうやって連鎖していくのかと思っていたけど
予想はずれて、かなり無理やりな設定には驚いてしまった。
なんだかな~
携帯の持ち主ではなく、メッセージを聞いた人が殺されてしまう、という新たな設定が登場して
ますます、ナゾはさらに膨らみ、収拾がつくの?
彼女を救うために自分が犠牲になる、というドラマに力を入れているのかもしれないけど
中途半端な感じがしたんだよね。

前作で失踪した由美が会話の中に出てくるのだけど、もう少し深く追求してほしかった。
さらりと済ませてしまったのは、「着信アリ3」に繋げると考えられなくもないが・・・・


着信アリ2@映画生活

|

« 射雕英雄伝 | トップページ | 全面広告〈ベルベット・レイン〉 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/6084290

この記事へのトラックバック一覧です: 着信アリ2:

» 着信アリ [非常に適当な本と映画のページ]
 柴咲コウ出演のホラー映画。粗筋 ある女子大生の携帯電話が鳴り出す。着信音は、女子大生が設定したものではなかった。着信記録を調べてみると、発信したのはその女子大生の電話。つまり、その電話の発信者は自分の電話で自分の電話をかけたことに。無論、女子大生はそ...... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 10:34

« 射雕英雄伝 | トップページ | 全面広告〈ベルベット・レイン〉 »