« 悲しき恋歌〈最終話〉 | トップページ | 中華街で飲茶 »

2005/09/12

ON THE ROAD 2005“MY FIRST LOVE”

浜田省吾の4年ぶりのライブ「ON THE ROAD 2005“My First Love”」へ行ってきた。
9月10日の横浜アリーナ。12,000人が入るそうで、立見もびっしり埋まっていた。


大人のステージ。

すっごくかっこよくて、ほれぼれと聴き入ってしまった。


「今歌いたい歌」で構成された“MY FIRST LOVE”は、スローな曲で始まった(ある夏の日の午後)。
もちろん
ガンガンの力強いロックもちゃんとあったけど、
なんとなく、落ち着いた雰囲気の曲が多かったように感じた。
「君の名を呼ぶ」は、吸い込まれるように身動きせず聴いてしまった。
本当に、なんという、切ない歌なんだろう。
マイクをギュッと両手で握り締めて歌う浜省の姿に、一層切なさを感じてしまった。

アンコールでは、今回もセンターステージが用意されていて
浜田省吾といったらコレ! といった感じの曲が何曲が登場。
その中で「ラストショー」。
♪さ~よな~ら~ と
悲しい歌のはずなのに、このフレーズではみんな、手を右に大きく「さよなら」と振るんだよね。
それも、凄く嬉しそうに元気よくぶんぶんと・・・・^^
この曲が聴けて嬉しい!! という気持ちが、目いっぱい現われていてほほえましい光景ではあるけれど、
これでいいのか???(笑)
と思いつつ、年季の入っていないファンの私は、久しぶりのライブですっかり乗り遅れ、ちょっぴり寂しい思いをしたから、
次回の代々木ではしっかりと手を振るぞぉ! と(笑)


アリーナ席(=1階席)だったのだけど、席に着いてみれば結構ステージに近くて感動した。
ステージサイドが1階席の傍まで伸びでいるから、「ここまで来てくれたらかなり近い♪」と、わくわく!!
何の曲だったかすっかり忘れてしまったけれど、中盤頃やってきてくれて
(しかも1曲歌う間中いてくれ)、サングラスがなければ、きっと目の表情まで見えるような距離で浜田サンを見ることができて凄く嬉しかった。

|

« 悲しき恋歌〈最終話〉 | トップページ | 中華街で飲茶 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
浜田省吾のライブは「みんなのためにも、自分のためにも」と、途中で休憩が入るんですよ。プラス「座って」といわれるシーンもあるので、それほどしんどくはないんです(笑)

でも、せっかくだからゆっくりしたいねと、その日は新横浜のホテルを手配しましたけど。 お陰で、電車の時間を気にせず過ごせました。

投稿: kazumi | 2005/09/13 23:58

こんにちは。
浜田省吾も、キャリアが長くなりましたが、健在のようですね。パワフルな様子が伝わります。
しかし、kazumiさん、元気ですね、横浜アリーナのコンサートにいかれるなんて!

投稿: 自由なランナー | 2005/09/13 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/5891903

この記事へのトラックバック一覧です: ON THE ROAD 2005“MY FIRST LOVE”:

« 悲しき恋歌〈最終話〉 | トップページ | 中華街で飲茶 »