« 愛していると、もう一度〈アジアの風〉 | トップページ | 長恨歌〈アジアの風〉 »

2005/10/31

大停電の夜に〈特別招待作品〉

大停電の夜に スペシャル・エディション (初回限定生産) [DVD]東京国際映画祭クロージング・ナイトの作品「大停電の夜に」。

上映前の舞台挨拶は豪華絢爛! 「吉川晃司さんは欠席」というアナウンスは、チケットを入手したときから想像していた。でも、他の人はみんな来てるのになんでよー!! って気持ちは、ある(笑)


2階席からだったから、表情などは全然見えなかったけれど、淡島千景と宇津井健の堂々としたしゃべりっぷりは貫禄十分、やっぱり違うもんだと敬服した。
自分が話す前には、スタンドマイクを必ず上げられ、それを笑われてしまう豊川悦司ってちょっとかわいそうだよね(挨拶で自分で言っていたけど)。

出演者のほとんどみんなが「心温まる映画」と話し、
夏のライブで確か晃司も言っていたように
ほんわかした気持ちに包まれるようないい映画だった。
クリスマスの夜、東京から明かりがすべて消えた一夜の話。
12人の男女が、秘密を知って悩んだり、抱えていた悩みを吐き出したり。

「こんな夜だから」
いいことばだと思った。

キャンドルショップを開いているのぞみ(田畑智子)が、特にいい味を出している。
彼女がいたから、みんなの悩みが解決されたんじゃないかなという気がする。
ある意味、サンタかもしれない。

サンタ・・・もう1人いたっけ^^

12人のストーリーが語られるから、1人1人の出番は多くないのだけど、
そんな中で晃司の部分はかなり目を引くシーンだと思った。
どのシーンもいいんだけど、やっぱりラストのところかな。
ちょぴっと涙を誘われてしまった。

「サンタさん?」と聞かれて「そうだよ」って軽く答えるところもいいけどね。


帰りにもらったハート型のキャンドル。
火をともすと中からメッセージが現われるらしいけど、一体いつ使おうかな?

|

« 愛していると、もう一度〈アジアの風〉 | トップページ | 長恨歌〈アジアの風〉 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/6767983

この記事へのトラックバック一覧です: 大停電の夜に〈特別招待作品〉:

» NORAD Santa Tracking クリスマスのサンタ追跡 今年もOpen [lab-a.sakura.ne.jp]
北米航空宇宙防衛司令部 (NORAD) は、11月25日にサンタクロース追跡サイト NORAD Tracks Santa Claus Website をオープンします。 NORAD によるサンタ追跡がはじまったのは、50年前のちょっとした偶然からでした。 サンタ追跡は1955年、地元紙の『サンタ・ホットライ... [続きを読む]

受信: 2005/11/25 21:17

« 愛していると、もう一度〈アジアの風〉 | トップページ | 長恨歌〈アジアの風〉 »