« アンディ・ラウ新作映画~映画祭 | トップページ | ディバージェンス(原題)〈アジアの風〉 »

2005/10/21

王の愛し方

望むものはなんでも手に入れてきた王。
けれど、医女チャングムを前にして、力づくで奪い取ることは無駄と知り
別の愛の形を見せることになる。

王様ったら、ただの病弱サンじゃなかったのね^^

というわけで、いよいよ原題の「大長今」の名前を得るチャングム。
いとしいチョンホ様との別れはあったけれど
自らの地位を捨ててまで医女である自分にかけてくれる思いを受け止めて
王様の主治医としてつかえるチャングム。

なのに、気がつけば王様は瀕死の重態・・・・

さらに気づけば
来週はもう最終回!!

きゃ~~~

といいたいところだけど、とりあえず最終回までのあらすじを知っているからあわてない私。
そして
地上波ではチャングムが始まっているしね。

|

« アンディ・ラウ新作映画~映画祭 | トップページ | ディバージェンス(原題)〈アジアの風〉 »

ドラマ」カテゴリの記事

韓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/6494680

この記事へのトラックバック一覧です: 王の愛し方:

« アンディ・ラウ新作映画~映画祭 | トップページ | ディバージェンス(原題)〈アジアの風〉 »