« この一刻〈アジアの風〉 | トップページ | 愛していると、もう一度〈アジアの風〉 »

2005/10/29

呪い〈アジアの風〉

今回の上映がワールド・プレミアとなる中国映画。原題は「詛咒」。


タイトルからホラー映画と思っていたら、全然違った。
ドキドキする部分はあるけど、むしろ愛をベースにしたスリラーという感じ。
 (上映後のティーチインで李虹監督も「これは愛を描いた作品」と言っていた)
愛するがゆえに・・・という切ない思いがホラーになってるんだね。

役名は鎮宇に田原と、演じる役者名そのまま。
名前を考えるのが面倒くさかったからかな? と思いながら観ていたけど、とんでもなかった。
役に、より深く入り込めるように、役者名をそのまま使ったと監督。失礼しました。


「愛するゆえ」はまあわかるけど、考えてみれば
元凶ってのはみんな鎮宇なんじゃないの? とギモンに思ってしまった。
なんで同じ団の中で、次々に恋人を替えるかね!? と。

ストーリーには直接関係ないけれど、鎮宇が落下するシーンはちょっとヘン。
香港で上映されたなら客席はきっと大爆笑に違いないと思ってしまった。

|

« この一刻〈アジアの風〉 | トップページ | 愛していると、もう一度〈アジアの風〉 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/6717582

この記事へのトラックバック一覧です: 呪い〈アジアの風〉:

« この一刻〈アジアの風〉 | トップページ | 愛していると、もう一度〈アジアの風〉 »