« 靴に恋する人魚〈アジアの風〉 | トップページ | 軽井沢プリンスショッピングプラザ »

2005/11/03

AV〈アジアの風〉

やっぱり、単なるオバカ映画ではなかったようだ。
笑わせてくれる内容だけど、その裏には、学生のいろいろな思いを伝えようとしている。
バカやってはいるけれど、やらざるを得ないというかなんというか・・・・・
だけどやっぱり笑っちゃう映画。ほろりとさせられながらもね(笑)

DVDで見たとき、どうして錢嘉樂が登場したのだろうと不思議だった。
でも、謎が解けたわ!
「アクションが撮れなくてはハリウッドへ進出できない!」という監督の発想(前夜TVでアクション映画を見ていたからのようだが)だったのね。これまた直截的なのも、学生らしい発想^^


ティーチ・インではパン・ホーチョン(彭浩翔)監督が昨年の特集上映に続いて登壇。
彼らが呼ぶAV女優を天宮まなみにしたのは、
リサーチのためにAVショップに行ったときに目がひきつけられ、彼女でなければと思ったそう。
その理由というのが「初恋の人にそっくり」だったということが、後に友人の言葉でわかったらしい。

ということで、日本のAV女優が出演している作品だけど、
他のパン・ホーチョン監督作品同様、日本では公開されることはないのだろうな。
残念だよね~

|

« 靴に恋する人魚〈アジアの風〉 | トップページ | 軽井沢プリンスショッピングプラザ »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/6872983

この記事へのトラックバック一覧です: AV〈アジアの風〉:

« 靴に恋する人魚〈アジアの風〉 | トップページ | 軽井沢プリンスショッピングプラザ »