« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005/11/30

猫村さん 今頃だけど・・・

きょうの猫村さん書店で「生協の白石さん」と並べて積まれている「きょうの猫村さん」。
先日、ビニールがかかってない太っ腹な書店で、半分くらい立ち読みさせていただき(すんません)
今日ようやく残りの半分を読むことができた。
(今日は立ち読みではないので、念のため)

筆者が一体どういう人なのかまったく知らないのだけど、きっと身近に猫がいる人なんだろうね。
“へたうま”ともいいがたい鉛筆書きの絵が、淡々と描かれていて、
猫村さんの描写が、いちいちリアルな気がするんだよね。
一生懸命な姿がかわいいのだわ^^
ほろりとさせられちゃうし。

 猫村さんのマッサージ、気持ちよさそうだな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/29

重い! の続き

先の記事は、50分かかって、いつの間にかアップされていたのだが、
その前に書いていた(付け足す前の)ものも一緒にアップされていたとは驚いた!!
削除を試みたものの、これまた「混み合っています」ということで、一向に進まないのでしばし休止。
しょうがないので、このまま同じようなものを並べたままにしておこう(笑)
・・・・と思ったら、ちゃんと消えている。
管理画面にはまだ残っているというのに・・・・・摩訶不思議!? なココログだ(>_<)

ところで、
ここのところ、TBスパムが来るようになった。
今までは、ほとんどといっていいほどなかったのに。
こんな、細々と書いているblogにまでTBスパムが来るようになったのは、
重くて重くて大迷惑!! と思うころからなんだよね。

フリー版に力を注ぐあまり、TBスパムに対する監視等々に手を抜いているのでは・・・・・
と、穿った見方をしてしまうのってどうかと思うけど
そう思っちゃうのは仕方ないよね。


というわけで、
とにかく、何とかしてほしい!!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/28

重い毎日、50分経過

ここ数日、ココログが重い。

ダイアル回線を使っていたころのことを思い出すほど・・・・・(もしかして、私だけってことはないよね?)

ただ今混みあっています」というメッセージにもしばしば遭遇する。

これは「フリー版」というものができたことによるものなのか?
ココログとしては、(サーバが混みあうほど)利用者が増えて笑いがとまらないのだろうけど
今まで利用してきた者が、ログインも満足にできない時間が多いというのは、いかがなものだろうか・・・・

だいたいにおいて、フリー版にはいろいろな機能があるというのに
従来の利用者の使っているタイプのバージョンアップは、まだまだ先、というのもどうでしょう。

・・・・・

と、ココログを使っていない人には全く関係ないことを書いておりますが、
とにかく、重くて重くてイライラがつのってしまったので、
つい書いちゃった^^

++++++++++++++++++++++++++++++
今、タイトルに付け加えた「50分経過」。
最初に書いて保存してから、「今すぐ公開」に要した時間。といっても、公開できるのかはまだわからないので、まだ概算というところだが・・・・(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重い毎日

ここ数日、ココログが重い。

ダイアル回線を使っていたころのことを思い出すほど・・・・・(もしかして、私だけってことはないよね?)

ただ今混みあっています」というメッセージにもしばしば遭遇する。

これは「フリー版」というものができたことによるものなのか?
ココログとしては、(サーバが混みあうほど)利用者が増えて笑いがとまらないのだろうけど
今まで利用してきた者が、ログインも満足にできない時間が多いというのは、いかがなものだろうか・・・・

だいたいにおいて、フリー版にはいろいろな機能があるというのに
従来の利用者の使っているタイプのバージョンアップは、まだまだ先、というのもどうでしょう。

・・・・・

と、ココログを使っていない人には全く関係ないことを書いておりますが、
とにかく、重くて重くてイライラがつのってしまったので、
つい書いちゃった^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/27

2005年度版テスト・ザ・ネイション

テレビ朝日の「2005年度版 テスト・ザ・ネイション」を今年も楽しんだ。
楽しんだ、というのはちょっと語弊があるかもしれないけれど
試験に縁がない、のほほんとした毎日だから、ちょっとしたテストはおもしろい。
・・・・・まあ、実際はおたおたしながら、予想外の問題に戸惑ってしまった。

IQは平均値だったけど、去年よりちょっと上がっている。へへへ、成長したのね(笑)
脳のタイプは右・左型、という結果。

 ----------------------------
あなたは物志向タイプです。
数字や記録、データなどと長時間向き合うことができ、
人に左右されることなく、ある結果や目標に向かって集中的に行動することを得意とします。
従って、あたなに向いている職業は

研究者、建築家、漫画家、エンジニア、ゲームクリエーター、獣医、料理人
 ----------------------------

だそうだ。
確かにコツコツと集中してやるのは好きだけど
数字に向き合うのはかなり苦手なんだよね~(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

横綱の胴上げ

めずらしい光景をテレビで見た。

横綱の胴上げ!!

記録を打ち立てた朝青龍を称えて、一門の力士たちが朝青龍を胴上げした。
さすがに宙に舞ったりはしないけれど、すご~~~!!


夕方買い物に出て帰ってきたら、
千秋楽の取り組みはもう終わっていて表彰式が始まるところだった。
まだ5時半にもなっていないのに、随分早く終わっちゃったんだ・・・・残念。
だから、貴重な光景を見られたんだけどね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/26

久々、トーさん祭り

書店で「映画秘宝館」を手にしてパラパラ見ていたらジョニー・トー(杜琪峰)監督の特集が載っていた。
さっさと帰るつもりが、じっくりと読み込んでしまった。
記事を読んだら、無性に「ザ・ミッション」が見たくなったので、手元にある香港版を見た。


続きを読む "久々、トーさん祭り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/25

シャンパーニュ・バー

新宿伊勢丹で始まった「ノエル ア ラ モード」、初日、朝いちばんに行ってしまった。
お目当ては、
 吉兆×ミクニのシャンパーニュ・バー 
約20種類のシャンパーニュからお選びいただける、お好きな3種類のシャンパーニュと共に、<吉兆>と<ミクニ>が2品ずつ作る4品のプチオードブルを。両店ともそれぞれ1品に、フランスの名門<ルージェ>のフォアグラを使用。和とフレンチの異なる味わいをご堪能いただけます。(伊勢丹HPより)

朝いちばんに行ったのは“先着700名様割引~♪”という券を持っていたから。
あまり急がずのんびりと催事場へ向かうと、お目当ての場所は既に長い列ができている。
開店と同時にシャンパンを飲みに来るのは、私たちだけではないんだ!! とびっくりしながら、1時間近く並んでしまった。
そのお陰であらかじめもらった、20種類のシャンパンについて書かれた用紙を見て注文するシャンパンを吟味する時間はいっぱいあった。“吟味”といっても、実際は雰囲気でなんとなく選んだだけなんだけどね(笑)。

運ばれてきたシャンパンは、それぞれ味が違う。
   どのように違うのか、というのは飲みつけてない者には表現できず残念(笑)
選んだ3種類のシャンパンは、どれもおいしかった♪
おまけに、運ばれてきたプチ・オードブルもおいしいときている。
 すっごい幸せな気分で、明るいうちからのお酒にすっかり酔っ払ってしまった^^
(なので、その後に見た「クムジャさん」でちょっと・・・・zzz)

私は、吉兆の2つの皿が特においしかったけど、一緒に行ったNりんはミクニがおいしかったそうだ。
もっとも、どちらも普段はなかなか味わえないもので、おいしいんだけどね。


ところで、催事場の売り場にはシャンパンを買いにきた人が、かなり大勢来ていた。
日本人って、一体いつからこんなにシャンパンを飲むようになったんだろうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/24

BONUS MATERIALS◇インファナル・アフェア

先日買った「インファナル・アフェア トリロジーボックス」。今日やっとボーナス盤を観ることができた。
インファナル・アフェア トリロジーBOX

なかなか盛りだくさんの内容。
メイキング部分にも、ちゃんと日本語字幕が付いているから嬉しい。
(ⅡとⅢは香港版DVDしか持っていないから、入っているメイキングを観ても雰囲気しかわからなかったから)。

盛りだくさんな内容の中で、ピカ一によかったのは
Ⅲの香港での記者会見の映像。
初めて観るもので、
“仕切り屋”アンディ(劉德華)や、きっちり話すトニー(梁朝偉)や、思いっきり私服(しかもTシャツ)姿のレオン(黎明)が、楽しげに話している。
いずれにしても、日本の記者会見では出てこないような質問がおもしろいから、
それに対する答えもおもしろくて、見ていて楽しい記者会見だった。
エリック・ツァン(曾志偉)は、爆発!と言う感じでしゃべりまくり。

「インファナル・アフェア」の日本版DVDは、手元に3枚あることとなってしまったけど、
トリロジーボックスは買って正解! という感じ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/23

親切なクムジャさん

親切なクムジャさん プレミアム・エディション [DVD]祝日の映画レディースデーということで、いくつか見たい映画がある中、
イ・ヨンエ主演の「親切なクムジャさん」を観てきた。


続きを読む "親切なクムジャさん"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/11/22

SPL殺破狼 去年のこと

去年、アンディ・ラウ(劉德華)のコンサートを見るために香港へ行ったときのこと。
香港最後の夜、私にとって最後となったコンサートを見て「やっぱりいいねぇ~」と、ホテルへ帰る道々ステージを反芻しながら尖東を行くと、なんだか人だかり。
いくら香港とはいえ、昨日までは人通りが少ない場所に、今日に限って人が山ほどいる。

よく見たら、その先には煌々と輝くライトが立っていた。
「おぉ! これが噂の街中のロケね♪」と、歩みをゆるめきょろきょろしてしまう、ミーハーな私。
誰かを取り囲むように人だかりが出来ていた。

近寄ってみたら、ドニー・イェン(甄子丹)を取り囲んで、香港芸能記者がなにやら質問をしている。
力強く答えているドニー・・・・「生ドニーだぁ~」!
記者に取り囲まれているドニーは眺めるだけにとどめ、別の方向に目をやると・・・・
サイモン・ヤム(任達華)がいる!!
_05おぉ~~!!
2001年のアンディのコンサートで、ステージに立つサイモンは見たけれど、
こうやって、同じ高さの道を歩いているサイモンを見られるとは!!

と、
ついさっきまで感動していたアンディのことなど、すっかり忘れたかのように興奮してしまったものだった(笑)
(※写真中央あたりを右へ歩くスーツ姿の人がサイモン・・・ブレブレなのが悲しい^^)


ホテルに戻って買ってあった新聞を見たら、「殺破狼 尖東で夜中に撮影」というようなことが書かれていたっけ。
サモ・ハン(洪金寳)の名前も載っていたけど、いなかったよな~ なんて思っていた映画で、
いつ公開されるのだろうと折々に香港の映画サイトを見ていたけど、全然タイトルを見かけないから
 もしやお流れ??? と、忘れかけていた映画が、まさかこれだったとはね。


というわけで、サモ・ハン=ポーがしきっているあの界隈、夜中に歩くときは、注意しなくっちゃだわ。
 ★路地に紛れ込んで、死闘に巻き込まれないように!
 ★頭上から人が降ってこないか、十分気をつけるように!


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/21

SPL殺破狼

SPL/狼よ静かに死ね 特別版 [DVD]東京フィルメックスでウイルソン・イップ(葉偉信)監督の「SPL殺破狼」を見た。
ガツン! とどっしり打たれたかのような気分を味わった。


続きを読む "SPL殺破狼"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/11/20

スリー・タイムズ

ホウ・シャオシエン監督 『百年恋歌』 [DVD]東京フィルメックスのオープニング作品「スリー・タイムズ(最好的時光)」。
公式サイトの作品紹介によると
1966年の高雄、1911年の遊郭、現代の台北を舞台にした三つのラブ・ストーリーが、同じ俳優によって演じられるオムニバス形式の作品。


続きを読む "スリー・タイムズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

侯孝賢監督に聞きたかったこと

<ホウ・シャオシエン監督 『百年恋歌』 [DVD]a href="http://www.filmex.net/index.htm">東京フィルメックスが始まった。

オープニング作品はホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督の最新作「最好的時光」。
上映後に監督を招いてのQ&Aがあることはちゃんと知っていたのだけど、私は
映画を見ただけで早々に退散してしまった。
監督に聞きたいこといろいろとあったのに・・・・


続きを読む "侯孝賢監督に聞きたかったこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/18

ウォームビズの準備

気づいたら、めっきり寒くなっている今日この頃。
待ち行く人の服装はいろいろ。
秋のままの格好の人もいれば、ダウンコートを着こんで手袋、マフラーと、すっかり冬支度の人も大勢いる。


季節の変わり目になると、毎度悩むことがある。
 着る服がない!

去年は一体、何を着ていたのだろうか?? と・・・・・本当に不思議だ。

天袋のから、衣装箱をひっぱりだしてみれば、あるわあるわ・・・・・セーターやらストールやら。
だけど、それを見てもピンとこないのだから困っちゃうわ。

・・・一番困るのは、
己の増量により、去年の服がパッツンぱっつんになっていることなんだけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/17

仲間とのんだ、ボジョレー

ボジョレーヌーボー解禁、ということで
踊らされてるなぁー、と感じつつもここ数年、毎年ボジョレーヌーボーをのんでいる。
といって、買ってきて家でのむ、というパターンが続いていたのだけど
今年はちょっと違う。

仲間と一緒に、ワインの店(ワイン・バーというのかな)でボジョレーを味わった。
今年は例年よりもフルーティな香りとか。確かにいい香りがするし、のみやすい。
あっという間にボトルが空いてしまった。
ははは。

正直なところ、ワインの味のうんちくは全くわからないけれど、
親しい仲間と一緒にのむのって楽しいね! と思ったひと時だった。
(・・・・が、のみすぎたかも^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/16

また、泣かされた

いぬのえいが
特別版としてオンエアされた。
映画には全然出てこない泉ピン子の犬は、蛇足もいいところ。
なんでだろうと思ったら、来春放送される「ハチ公」の宣伝のためだったようなんだけど、映画のよさを薄めてしまってイヤな感じだったね。
それと、エピソードの順番も編集されていて、いいような悪いような・・・・・
(わかりやすいっちゃあ、わかりやすいけどね・・・・・)

さて、
「ねえ、マリモ」で、また泣いてしまった。
ストーリーを知っているだけに、始まった途端、先読みしてしまってね。
映画館では人目もあったから、ひかえめに涙をためて見ていたけど
今日は、誰にもはばかることのない我が家。
号泣~!!(は、ちょっと大げさだけど、鼻すすりながら目を真っ赤にしてしまった)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/15

歌舞伎町NO.1

どピンクが目に痛いサイト。
中国語か英語しかないはずと思っていたのに、日本語が飛び込んできた!

 歌舞伎町NO.1
 完璧! 可愛い!理想 男

 セレブの間で大注目の美男子 私の心を掻き乱す男


なんじゃ、こりゃ~~~ と思うでしょ。
これは、以前ヒョニーのライブ帰りに目撃したチャッピー(チャップマン・トー)が撮影していた映画の公式サイトの宣伝文句(らしい)。
情義我心知(Moonlight in Tokyo)」というタイトルなんだけど、
歌舞伎町ホスト物語! という感じだね。てっきり黒社会モノだと思っていたんだけどねぇ。。。。

で、レオン・ライ(黎明)が「大注目の美男子」???^^
うっぅ~~~~ん。
一体どんな話なのか、ますます興味がわいちゃうわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/14

2005の金馬奨は

昨年はアンディ・ラウがノミネートされていたので、発表を今か今かと待ち構え関連サイトを見続けていた「台北金馬奨」。
今年はちょっと早く、今日が授賞式となった。

さっき公式サイトを見たら、もう受賞映画がチェックされていた。
カンフーハッスル」こと「功夫」が最佳劇情片、最佳導演などを受賞したようだ。
そういえば、金像奨で監督賞は逃していたっけ、「功夫」は。

注目はなんといっても、アーロン・クォック(郭富城)が影帝(最佳男主角)になったことだろう。
作品は「ディバージェンス」こと「三岔口」。がんばったね! と言ってあげたいね^^
最佳男配角は「頭文字D」のアンソニー・ウォン(黄秋生)。
金像奨といいこの金馬奨といい、こういった娯楽作品を選ぶところって、凄くいいよね。
「頭文字D」といえば、ジェイ・チョウ(周杰倫)が最佳新演員に。
受賞したのが香港の俳優や作品が多い中、地元台湾からの受賞で嬉しかったろうね。
(おっと、最佳女主角はスー・チーでしたわ)

ということで、興味がある方はこちらでチェックをどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/13

桃色

桃色 COLOUR BLOSSOMS2004年の香港映画「桃色」。
美しさと妖しさに包まれた、不思議な感じの映画だろうと思っていたけれど、瞑想も入り混じってさらに不思議な話になっていた。


続きを読む "桃色"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/12

トリック・マスター

チャウ・シンチー 超ウルトラスーパーコレクション(1)「トリック・マスター」、1999年の香港映画「千王之王2000」の日本語版。

王晶印のオバカ映画。
えげつなさ爆発!! 香港映画名物のゲロも大爆発!!(・・・・・)
この映画を見る前に、ぜひレオン・ライの「Sugar in the Marmalade」のMTVを見られたら、楽しさ倍増なんだけど、それはちょっとムリだよね。残念だ~(初恋と出会うビーチのシーンはこのMTVのパロディ♪)


「トリック大作戦」を意識してか、敵を倒す“最終兵器”が登場する。
といっても、同じ王晶印映画なんだけどね。
(そういえば「インファナル・アンフェア無間笑」にも、同じような“秘密兵器”は登場してたっけ)

この映画は、香港へ行ったときに見たもので、チャウ・シンチー(周星馳)が主演とありながらも、ほとんど出ていない映画だと思っていたのだけど、
改めて見てみると星ちゃんは意外とたくさん出ていることに気づいた。
それ以上にニック・チョン(張家輝)の出番が多いから、星ちゃんの印象薄れちゃってたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/11

チェオクの剣〈その2〉

チェオクの剣 オリジナル・サウンドトラック妙に凝った映像で見せてくれる「チェオクの剣」は、ストーリーも現在から過去、過去から現在と行ったり来たり。
“15年前”というテロップが出るからわかるのだけど、ちょいとややこしい。

第1回の冒頭、唐突に始まってわからなかったけれど、本日“15年前”が描かれ始めたので、少しわかってきた。
しかし、トックおじさん(イム・ヒョンシクという人ですが)が、ここでも登場するとはねぇ。
びっくりしちゃった「チェオクの剣」第2話。


=まだ2回目の「チェオクの剣」の謎=

○従事官ファンボ・ユンを慕っているという女性、チョ・ナニというらしいが、
ひっそりとファンボ・ユンを見続けているようだけど、これってまるでストーカー?

○タイトルになったチェオクが持っている剣。とても細い剣。こんなに細くても切れるのかな?

○(これは謎ではないけど)ファンボ・ユンを演じている俳優はイ・ソジンという人。“うがい薬”を思い浮かべてしまうのは私だけ?

○でもって、今現在の最大の謎。
いったいどんな話になるのでしょうか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/10

インファナル・アフェア トリロジーBOX

ようやく「インファナル・アフェア トリロジーBOX」を手にした。
とりあえずこれで一安心^^
インファナル・アフェア トリロジーBOX

特典ディスクをすぐにでも見たいのだが、週末までお預けかな。

ところで、1枚目のディスク「インファナル・アフェア」には、香港版DVDに収録されている“大陸版エンディング”も収録されているんだね。
難しくない部分ではあるけど、字幕で見られるなんて嬉しいな。・・・字幕、付いているよね??


ということで、
「インファナル・アフェア」ファンだったら買うべし! と思うお勧め品。
(実は、BOXの中身の内容はほとんど把握していないのだけど^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/09

ロッテB賞

去年、今年とソウルへ出かけるきっかけとなったのがロッテアーモンドチョコレートの懸賞。
今年度も同じ懸賞があったので、A賞(ご招待)を期待して応募したのだったが・・・・

本日、
「ご当選!ロッテ韓国旅行」という案内が届いたのだけど、
予想通りのB賞(=ご優待料金で参加するもの)。

うぅ~ん。

昨年度の話しだと、優待のB賞でも結構はずれた人が多かったらしいから
当たったのは喜ぶべきだろうが・・・・・
正直、残念な気分だ。


そして、行こうかどうか考えている。
案内通知をに目を通してみると、前回よりもさらに条件がよくないように思えるんだよね。
さてさて、どうしましょうかねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/08

『華流』様さま

F4がF3に!?
と、一部の人に衝撃を与えるニュースが報じられたけど、そのF4が牽引となった“華流”のお陰だろう。
韓流に押されてすっかり影をひそめてしまった香港映画(&香港明星)の未公開映画が、続々とリリースされる様子というのは。

何はともあれ、
 うっわ~~い♪

昨日みつけた「インファナル・デイズ~逆転人生~」〈中環英雄〉もそうだけど
とにかく嬉しい次第だわ。

ということで、未公開映画で日本語字幕がついてDVD化された(される)香港映画。
字幕付では見ていないものを列挙してみよう。

鉄拳高 同級生はケンカ王我的野蠻同學
ダンス・オブ・ドリーム愛君如夢
カオマ救命
新世紀Mr.BOO!鬼馬狂想曲
ツインローズ見習黒[王攵]瑰

デッドポイント非常突然〉 マジック・タッチ デジタル・リマスター版〈神算〉

トリック・マスター千王之王2000
ラッキー・ガイ行運一條龍
ハッスル・キング算死草
(これら3作はチャウ・シンチー 超ウルトラスーパーコレクション(1)としてセット発売もされるようだ)

20.30.40の恋20 30 40〉 曖昧な週末周末狂熱
セクシー&デンジャラス~欲望の街・女古惑仔~古惑女之決戰江湖

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/07

インファナル・デイズ~逆転人生~

限定版の「インファナル・アフェア トリロジーBOX」が発売になったというのに、
うっかり買い忘れてしまっている私。
早いとこ近場に買いにいこうと思いつつ、amazonをチェックしていたら、
こんなミョ~な写真に出会ってしまった。

「インファナル・デイズ~逆転人生~」


インファナル・デイズ~逆転人生~
あのぅ、 この書割のような写真、凄くこわいんですけど(>_<)

ストーリーを見てみたら、どうやらこれは「中環英雄」らしいのだが、
一体何がどうなったら、こんなタイトルになるのかいな。
ピッチピチに若い、アンディ・ラウ(劉德華)とトニー・レオン(梁朝偉)が登場しているというのに、このジャケットじゃあ、つい最近の映画だと思っちゃうよね。
(もっとも、それが作戦なのだろうけど・・・・)「インファナル・アフェア」風と思って手にする人は、かなり驚くことだろうな・・・・・


とはいえ、どんなタイトルであれ、こうやって未公開映画に字幕が付いて見られるというのは嬉しいことだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/11/06

チェオクの剣

チェオクの剣遅ればせながら「チェオクの剣」を見る。
韓国版の武侠片・・・・TVだから、こんな感じのアクションは仕方ないでしょって、ところかな。
台湾のTV版「風雲」もこんな感じだったものね(笑)。

しかし、初回のストーリーはよくわからなかった。
“茶母”という職種(?)があることはわかったけど、
チャモ意外、髭面の男たちは誰がだれで、何をしているのかがトンとわからない。

 しょっぱなから闘っていた相手は、誰?
 これは、回想??
   と、よくわからないんだもの・・・・・


しかし、かわいい顔のチェオクが男に劣らない腕前で闘う姿はカッコイイ。
この先、どんな展開になるのか全くわからなけれど
それはそれで、楽しみだな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/11/05

ドラゴンプロジェクト 精武家庭〈アジアの風〉

ドラゴン・プロジェクト 特別版 [2枚組] [DVD]やっぱりスクリーンで見るアクションシーンってのは良いもんだと思った。
迫力が違うし、なんといってもかっこいいものね。
笑いとアクションで包み込んだ家族愛のストーリー。
これを撮ったのは、監督2作目となるスティーブン・フォン(馮德倫)。
ジャッキー・チェン(成龍)はじめ、シルビア・チャン(張艾嘉)やたくさんの重鎮俳優らのサポートを十分に得られるというのは、若いながらも人徳があるんだろうね、スティーブンは。

<br

続きを読む "ドラゴンプロジェクト 精武家庭〈アジアの風〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

軽井沢プリンスショッピングプラザ

アウトレットショップが立ち並ぶ軽井沢プリンスショッピングプラザへ出かけた。両親と一緒に、4日のこと。

よくあるアウトレットショップが並んでいるわけだけど、県内にこういった店が並んでいるというのは「うっそ~」という気分。

ショップマップを手にしたものの、初めての広い敷地。
見にくい地図だな、などとブツブツ言いながら、結局一通り歩いてみた(結構歩きでがある)。
昼近くになったら晴れてきたから、よかった。


平日だというのに人が多いのには驚いた。
犬を連れた人が多くて、うらやましいな・・・・と思ってしまった。

特別に何かを買う目的はなかったので、ファッションエリアはほどほどに。
私が引き込まれてしまったのは食べ物関係のショップだった。
漬物とかジャムなどの土産物の店がいろいろあって、見ていると端から買ってしまいたくなるんだよね。
山菜好きには、たまらない♪

食事をした後だというのに、蕎麦粉のクレープを食べてしまった。
  御代はママリン(母)ってことで(笑)
焼きたてでぱりぱりしていて、おいしくいただいてしまった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/03

AV〈アジアの風〉

やっぱり、単なるオバカ映画ではなかったようだ。
笑わせてくれる内容だけど、その裏には、学生のいろいろな思いを伝えようとしている。
バカやってはいるけれど、やらざるを得ないというかなんというか・・・・・
だけどやっぱり笑っちゃう映画。ほろりとさせられながらもね(笑)

DVDで見たとき、どうして錢嘉樂が登場したのだろうと不思議だった。
でも、謎が解けたわ!
「アクションが撮れなくてはハリウッドへ進出できない!」という監督の発想(前夜TVでアクション映画を見ていたからのようだが)だったのね。これまた直截的なのも、学生らしい発想^^


ティーチ・インではパン・ホーチョン(彭浩翔)監督が昨年の特集上映に続いて登壇。
彼らが呼ぶAV女優を天宮まなみにしたのは、
リサーチのためにAVショップに行ったときに目がひきつけられ、彼女でなければと思ったそう。
その理由というのが「初恋の人にそっくり」だったということが、後に友人の言葉でわかったらしい。

ということで、日本のAV女優が出演している作品だけど、
他のパン・ホーチョン監督作品同様、日本では公開されることはないのだろうな。
残念だよね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/02

靴に恋する人魚〈アジアの風〉

今回の映画祭で、めっけもん♪ と感じたのがこの映画「靴に恋する人魚 デラックス版 [DVD]」(原題:人魚朶朶)。


続きを読む "靴に恋する人魚〈アジアの風〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/01

長恨歌〈アジアの風〉

スタンリー・クワン(關錦鵬)監督作「長恨歌」をシアターコクーンで。

上海を舞台に、1人の女性を描く「長恨歌」。


続きを読む "長恨歌〈アジアの風〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »