« 侯孝賢監督に聞きたかったこと | トップページ | SPL殺破狼 »

2005/11/20

スリー・タイムズ

ホウ・シャオシエン監督 『百年恋歌』 [DVD]東京フィルメックスのオープニング作品「スリー・タイムズ(最好的時光)」。
公式サイトの作品紹介によると
1966年の高雄、1911年の遊郭、現代の台北を舞台にした三つのラブ・ストーリーが、同じ俳優によって演じられるオムニバス形式の作品。


3つのラブストーリーを演じるのは、スー・チー(舒淇)とチャン・チェン(張震)。
最初のストーリーは1966年を舞台にした「恋愛夢」。
高尾のビリヤード場で、秀美と兵役についた男が恋に落ちていくところを描いていく。

次のストーリーは1911年、舞台は遊郭。
このエピソードは、無声映画。
音楽が流れるだけで、台詞は一切聴こえてこない。
それだけに、表情がとても印象に残るけど、、、、睡魔との闘いも大変だった。

そして、時代は2005年「青春夢」。
やっと音が戻ってきた! と嬉しく感じた現在の台北の街の中。
いくつもの持病を持つ靖と震が出う。
靖の恋人MICKYは、彼女の心変わりを感じて、-------あのドスン! って音は・・・・?

3つのカップルの3つの恋愛が描かれているのだけど
「この時代だから、こういった恋愛」ということを言っているのかな?
時代によって恋愛のありようは変わるかもしれないけど、結局はその人ごと違うから、時代はあまり関係ないのでは? と思ったのだがどうなんだろう。

「恋愛夢」と「自由夢」があまりにも台詞がなくって、私はすっかり~おやすみ~モードに入ってしまったけれど
スー・チーはとにかく良かった。
それぞれ違う性格の女性を、台詞に頼ることなく表情や仕草で魅せてくれた。

正直なところストーリーはよくわからなかったけれど、とりあえずスー・チーが堪能できる映画! ってことで(笑)。

|

« 侯孝賢監督に聞きたかったこと | トップページ | SPL殺破狼 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/7213893

この記事へのトラックバック一覧です: スリー・タイムズ:

« 侯孝賢監督に聞きたかったこと | トップページ | SPL殺破狼 »