« 久々に、パク・ヨンハ | トップページ | 劉徳華 繼續談情 - 新曲+精選 »

2005/12/14

非情の街

1998年の香港映画「非情の街」を見た。原題は「義膽紅唇」。
チョウ・ユンファ(周潤發)の、日本で出ている映画はほとんど見ていると思っていたら、こんなところに取りこぼしがあったことに気づいた・・・・。

いかにも“男たちの挽歌」がヒットしたから作っちゃいました”という映画で
キャストもティ・ロン(狄龍)とユンファの2人が主演。
「男たちの挽歌」は黒社会の兄弟分だった二人は、こちらでは対極となる刑事の仲間。

で、熱い男を演じるのはティ・ロンの方なんだよねぇ。
 なんで、そんなに熱くなるんだ!? と、いいたくなるくらいの熱さ(というか、キョーボーさ)
出所した男とうまくやってさえいれば、妻も子も犠牲にならなかったのでは・・・と思うのだが。

だもんで、ユンファは出ているけど、主演はやっぱりティ・ロンなんでしょう。

ラストのテロップによると
2人の刑事は、死ぬことなく投獄された様子。
あんなに傷を負っていたにもかかわらず、ってところは、いかにも香港映画ってことで(笑)

そういえば、挿入歌がアニタ・ムイ(梅艷芳)の曲だったね。

|

« 久々に、パク・ヨンハ | トップページ | 劉徳華 繼續談情 - 新曲+精選 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/7611270

この記事へのトラックバック一覧です: 非情の街:

« 久々に、パク・ヨンハ | トップページ | 劉徳華 繼續談情 - 新曲+精選 »