« ラッキー・ガイ | トップページ | 曖昧な週末 »

2006/01/30

輪舞曲〈第3話〉

こう毎度「輪舞曲」のことを書く自分にもあきれるが、
私の周りの香港映画ファンも、8割がたツッコミを入れるために見ているというから、いいよね。

さて、第3話。
先週無事だったように、ショウは今日も無事だった。


いくらユナが日本語がわからないからといって、自分の正体をバラスようなことを外で話すなんてどうでしょ。
壁に耳あり、障子に目あり。
夜も遅く、人影はないだろう・・・なんて油断は禁物だと思う、潜入だったらね。

逆探知されていることに気づいたその翌日に、また同じことをするなんて!
と思ったら、それはショウの策略だったというのはお見事。
でもでも、たった1~2分の間に宋の部屋に入り込むなんて、ねぇ。
超高速のエレベーターなのかな、あのビルは?

ショウが警部とやりとりする手段は、携帯電話のメールだけでなくてパソコンのチャットも利用しているようだった。
メールよりも安全なんだろうけど、
図面までやり取りできてしまうのだったら、それほど頻繁に警部と会わなくたっていいように思うのだがな。


竹野内豊が熱演しているだけに、抜けの多い行動には見ていてギャップを感じてしまう。
演技とストーリーがうまくかみ合っていないように思えてしまう。
この先、ストーリーがどこへ転がっていくのか気が気でないわ(笑)

さて、
「何度でも壊してやる」といっていたヨンジェは、あれ以来壊しにくることもなく
チャメは無事オープンしてしまったし・・・・・
あのチラシだけで、あんなに人を集めてしまうなんて、さすがだ・・・・・


今日は影が薄い龍吾さんでした。来週は、暴れてくれそうだけど。

|

« ラッキー・ガイ | トップページ | 曖昧な週末 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

ドラマ」カテゴリの記事

韓流」カテゴリの記事

コメント

くろさん、はじめまして。
「輪舞曲」のツメが甘いところも、私は「インファナル・アフェア」の香港映画風だわ^^ と思って見ています。
お互いに楽しんで見ましょうね。

よしえさん、どうもです。
>すべておっしゃるとおりだ===!!
そういってもらえると、わたしだけじゃないのね、と安心してしまいます(笑)
このドラマ、ある意味すごく楽しいですよね。

投稿: kazumi | 2006/02/07 22:27

こんばんわ^^kazimiさん!!

今回もkazumiさん突っ込み爆笑でした!!(≧▽≦)キャー♪

そのとおり!!そのとおり!!
すべておっしゃるとおりだ===!!
今日の疲れも一気に吹っ飛びました?!

ある意味目が離せないドラマですわねぇ~♪


投稿: よしえさん | 2006/02/01 22:07

はじめまして。くろといいます。
輪舞曲、わたしも見てるんですけど、結構共感したので書き込んでみました(´∀`)
韓国とのコラボ(?)だし、竹之内さんってことでなんか期待してたんですけど、ツメ甘いとこありますよねw
つっこもうと思ったらとまりませんが、所詮ドラマってことでこれからも楽しもうと思います☆

投稿: くろ。 | 2006/01/30 02:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/8407361

この記事へのトラックバック一覧です: 輪舞曲〈第3話〉:

« ラッキー・ガイ | トップページ | 曖昧な週末 »