« フィギュア 男子SP30人 | トップページ | ドーナツ盤(メダル) でかい! »

2006/02/17

PROMISE

PROMISE-Visual Book映画「プロミス(原題:無極)」を見た。
チェン・カイコー(陳凱歌)監督作、真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン(張柏芝)、ニコラス・ツェー(謝霆鋒)、リウ・イエ(劉[火華])と、日本、韓国、中国、香港の俳優が北京語で描く壮大な物語。

映画を見終わって

 そういう風になるわけね というのが一番の感想。


前半、光明大将軍が奴隷の昆崙と出会い勝利を収める戦いのシーンは、全くもって陳凱歌らしくない。
CG使いまくりで、かえって笑ってしまう。色はきれいだけど、それだけ。
時空を超えてしまうほどの俊脚を持つ昆崙の見事な這いずり回りっぷり&走りっぷりは、あまりの凄さに涙が出てきてしまうほどだ。

真田広之もチャン・ドンゴンもがんばって自分の声でやっているのに、悲しいかな、「役にそぐわない」と吹き替えさせられてしまっているセシリアは、3人の男に愛される絶世の美女傾城。
たとえ満神に会わずとも男を惑わしていたのではないかと思う名前だよね。
登場したときには、白塗りの顔が怖かったけど、だんだんといつもの顔になっていってよかった。

光明も昆崙も傾城も、抑圧されあきらめた感じがただよっていた役どころの中で、冷徹な公爵無歓は生き生きとしていた。はっきりとした目的があるから、パキーンとしている。
ツッこんでくれとばかりに持っている、指の杖。
そして、ヘアスタイルも衣装も、登場するたびに変化させる伊達男。大将軍の真紅の華鎧にも負けないくらい目立つ、すっきりと潔い白。いいねえ。
誰も信じない無歓は、元はイイやつだったのに・・・・・・幼い日に出会った傾城のせいで変わってしまう。そのことを誰よりも悲しんでいるのは無歓本人なんだよね。
・・・・ホロホロ・・・・(泣いてませんが^^)

無歓以上にかわいそうなのは鬼狼(リウ・イエ)だろう。
だって、登場するのはいつも暗がりの中、黒い衣装をまとい顔は白塗りでよく見えない。
そして最後は・・・・・・だしね。
別れのときを前に昆崙の背中にそっともたれるシーンは、リウ・イエだからこその演出なのかしら?

時空を超える脚はすべてを逆流させて、運命を変えてしまう、で本当にいいの???


なかなかにツッコミどころがいっぱいある「プロミス」。
だいたいタイトルからして、♪プ・ロ・ミスでしょ(そういえば上映前にCM流れてた)。

噂によると、公開版は試写会のものと編集が違うらしい。
試写会版は、公開版以上にたくさんの爆笑シーンが用意されていたらしい。
う~ん、見てみたかったな(笑)


さて、陳凱歌監督が大怒りというこの映画のパロディ「一饅頭引発的血案」を見た。
中国圏で監督が怒るほど話題になるだけあって、なかなか良くできている。
的を射ている。

だって、饅頭・・・・・・

個人的にはね、途中にでてくるCMがよかったわ。
特に満神が進めるシャンプー(トリートメントかな)、ぜひほしい!!
ココ で今のところ見られます。
映画を見て興味のある方は、怒らずにどうぞ。


PROMISE@映画生活

|

« フィギュア 男子SP30人 | トップページ | ドーナツ盤(メダル) でかい! »

アジア映画」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

あさこさん、はじめまして。
コメント、TBどうもです。

>チェン・カイコーさんてターゲットのニーズに合わせる人なのでは?と思いました。
そうだったのですね。思いもよらず見てましたけど、確かに、言われてみればそんな気がする大げさなつくりですよね。
(私はてっきり、「HERO」「LOVERS」と続けた張藝謀に対抗してのことかと思っていましたから^^)

あの映画でニコラス・ツェーはイイですよね。ニコにやられて「恋のQピッド」をご覧とは、あさこさんはなかなか味がありますね。次は「わすれな草」などはいかがでしょうか?

投稿: kazumi | 2006/02/20 21:55

SIVAさん、はじめまして。
この映画はチェン・カイコーらしくないという意見が多いけれど、
チェン・カイコーさんてターゲットのニーズに合わせる人なのでは?と思いました。
「10ミニッツ・オールダー」の短編を見たときに「なんて外国人のツボを捉えた人だぁ~。」と思ったからです。
「覇王別姫」もまったく外国を意識したつくりでしたよね。
「無極」は大陸での興行収入を狙った作品と聞きます。
パロディーがさっそく出回ってるようで大陸では大成功をおさめたようですね。
だからこれでいいのだ~ということなんでしょう。
私的にはニコラス・ツェーにやられ、たった今「恋のQピッド」を見終わって検索しててここにたどりついた次第です。
つたないブログをTBさせていただきました。
またお邪魔させてください。

げげっ。間違えて2回もTBしてしまいました~(ToT)
ごめんなさい~。

投稿: あさこ | 2006/02/19 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/8675393

この記事へのトラックバック一覧です: PROMISE:

» 映画「PROMISE」陳凱歌 (チェン・カイコー)/監督 [スチャラカランナーの日々]
 映画「PROMISE」陳凱歌/監督観て来ました。「ジャーヘッド」に続いて。 監督の陳凱歌は、「さらば、わが愛 覇王別姫」「キリング・ミー・ソフトリー」などの監督です。    ストーリーは、幼い頃の神様?との真実の愛を得られなくなるという取引で王妃となった傾城だったが、ふとしたことから王が殺されて・・・、という話です。  キャストは、真田広之、チャン・ドンゴン、セ�... [続きを読む]

受信: 2006/02/18 10:22

» PROMISE [とっさの絵日記]
「グリーン・デスティニー」と「LOVERS」と「MUSA」と「カンフーハッスル」 [続きを読む]

受信: 2006/02/19 00:32

» PROMISE ★★★ [結局映画かよ]
PROMISE (無極) 製作: 2005年、中国/日本/韓国 配給: ワーナー 監督: チェン・カイコー 脚本: チェン・カイコー 出演: チャン・ドンゴン、真田広之、セシリア・チャン [愛]で運命(プロミス)を超えろ 流行ですか?いや、こういうのは去....... [続きを読む]

受信: 2006/03/11 23:12

« フィギュア 男子SP30人 | トップページ | ドーナツ盤(メダル) でかい! »