« ジェイの古装片 | トップページ | 霍元甲MVに »

2006/02/14

ペアフリープログラム 身に染みたこと

トリノオリンピックのフィギュアスケートでメダルが決まった。
金メダルになったトトミアニナ・マリニン組の華麗な演技は、ショートPと同じに見入ってしまった。


最終滑走となった張丹・張昊組の転倒というトラブルが起きた。
こんな風に演技が中断するのは初めて見た。
何度も、氷の上にたたきつけられる張丹選手の映像が流れる。
転倒したあと自分で滑ることができない張丹選手を抱えるように、張昊選手が支えてリングサイドに戻ってきた。
コーチやドクターが張丹選手の脚を見る。
周りの人たちに首を振り、このまま続けると言っていただろう張丹選手の目に宿る強い光。

転倒してから、それほど時間は経っていなかったと思う。

音楽が流れ始め、心配そうな張昊選手と、転倒した後の部分から滑り始めて、すぐにジャンプを跳んだ。
解説の佐藤さんが「膝を痛めたと思います」と言っていたけれど、
そんなそぶりを少しも見せることなく、普通に大技を決めていく。
滑らかに滑っていく。
そして、見事に演技を終えて、結果は銀メダル。

オリンピックって、こんなに凄いのだね。


期待されながらも本番でメダルに手が届かない日本選手には
張丹ほどの強い気持ちが全然ないんだと、見せ付けられた気分。

いや、日本選手だけじゃない。
私も含めて、日本人に強い気持ちがなくなってきているんだろうな。

|

« ジェイの古装片 | トップページ | 霍元甲MVに »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/8658052

この記事へのトラックバック一覧です: ペアフリープログラム 身に染みたこと:

« ジェイの古装片 | トップページ | 霍元甲MVに »