« 新米周杰倫迷 | トップページ | 新米周杰倫迷〈2〉霍元甲MV »

2006/02/08

博士の愛した数式

博士の愛した数式 [DVD]私は数学が苦手だった。
答えがたったひとつしかない数学、味気なくって、とても苦手だった。

「博士の愛した数式」を見て、数字の魅力が少しわかったような気がする。


冒頭登場する数学教師“ルート”が、最初の1限目を博士との思い出話としてしゃべり始める。
博士とであった頃は、ただただ野球とお母さんが大好きな10歳の少年だったのが
いまや数字を愛する数学教師になっている。

私の学生時代に、ルートのような教師に出会っていたら、
もう少し数学が好きになっていたのだろうと思った。
そんな魅力的なルートの話は、すべて博士との思い出に彩られている。
大好きな母と一緒に過ごした、博士との思い出。


いい映画だった。
なんでも受け入れるルート、心に持ちたいと思った。


博士の愛した数式@映画生活

|

« 新米周杰倫迷 | トップページ | 新米周杰倫迷〈2〉霍元甲MV »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/8570451

この記事へのトラックバック一覧です: 博士の愛した数式:

» 感動は深く静かに…「博士の愛した数式」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 実に静かな映画だった。激しい愛の言葉もなければ、涙も憎悪も嫉妬もない。死の場面がなく、ラブシーンもない。淡々と日々の移ろいを追っただけなのに…。それでも、心を打つ、深く静かに、強く。「博士の愛した数式」(小泉堯史監督)はそんな佳作だった。80分しか記憶....... [続きを読む]

受信: 2006/02/09 19:52

« 新米周杰倫迷 | トップページ | 新米周杰倫迷〈2〉霍元甲MV »