« ラジー賞ノミネート発表 | トップページ | 単騎、千里を走る。 »

2006/02/01

THE有頂天ホテル

三谷幸喜監督作品の「THE有頂天ホテル」、おもしろかった。
1人で見に行ったのに、大声で何度笑ってしまったことか・・・

ホテルを舞台に、12月31日から1月1日になるまでの1日足らずのお話なんだけど
主要人物が一体何人いるんだ? てくらい、たくさんの人が出てくる。
ホテルマンから、悪徳代議士から、芸人から、コールガールから、愛人から・・・・
ホテルマンとひとくちに言ったって、いろんな人が登場して、これがアメリカ映画あたりだと誰がだれだかわからなくなってそう(笑)

先日読んだ、映画についての三谷氏の記事では、最初にホテルの図面を書いて、時間ごとにどの人物がどこにいるかを書き込んでいったそうで、それが一番時間がかかった部分らしい。

どの人物もクセがある描かれ方だったので、幸いにも誰がだれ? 状態には陥らなかったけど
ここまでいろんな人が集まるってのは、ホテルという場だからこそなのかなぁ?
中でもコールガール役の篠原涼子がよかったね。
「くねくねダンス」「むっちゃん」とかね(笑)

富豪親子の耳、あれはどうなんでしょね・・・・


THE有頂天ホテル@映画生活

|

« ラジー賞ノミネート発表 | トップページ | 単騎、千里を走る。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/8453042

この記事へのトラックバック一覧です: THE有頂天ホテル:

« ラジー賞ノミネート発表 | トップページ | 単騎、千里を走る。 »