« 話題がいっぱい | トップページ | 輪舞曲〈第8話〉 »

2006/03/05

パク・ヨンハ CONCERT 2006~WILL BE THERE...~

愛したあとに ~サランハンフエ (初回限定版)「パク・ヨンハ CONCERT 2006~WILL BE THERE...~」の初日、横浜アリーナ公演へ行ってきた。

タイトル通り、今回のコンサートは全日本語アルバム「WILL BE THERE...」を中心とした内容。
歌ならず、MCも日本語でこなしていくのには、凄い進歩を感じた。
けど、「うたばん」で教わったばかりの振りつき挨拶を、何度もなんども繰り返して・・・・
どっかネジがとんじゃったか!? と思ってしまった。緊張のあまり、ってとこなのか、ただ単に自分で受けてしまってひたすら繰り返していたとか・・・・

雑感をとりとめなく----

ベンチが登場。
「泊まっているホテルからこっそり持ってきた。内緒だよ」と。
そして、ピンクの花が咲いている木。
「桜です。みなさんに見せたくて、僕のスタッフが山から採ってきました」と。
・・・・・
うぅ~~~ん、どんなもんでしょうか。

「プレゼントです」と天井からオレンジと白の風船が滝のように落ちてくるシーンがあったのだけど、
私たちが座っていた一角、はぽっかりと忘れ去られたかのように全くこなくて寂しかった。

白い衣装からキラキラ半そでの黒いシャツ、革のパンツには紅い鳥の羽、という衣装に着替えて登場したヨンハくんの頭には山高帽。
帽子はおいといて、「アコースティックで」と歌ったこのパートは、よかった。

ヨンハくんの歌う曲は、バラードが圧倒的に多い。
だからかはわからないのだけど、バンドの音がどの曲も同じように聞こえてきてしまって、
なんとなく・・・・・って思ってきたところに弦楽器のシンプルな音だったから、ほっとしたのかな。


アンコールで登場した衣装、髪型が一番よかった。
やっとハングルで歌ってくれた曲が「カジマセヨ」、そして聴きたかった「初めて出逢った日のように」でいっそう感激。
しみじみ、
「何も日本語で歌わなくたって」と、ヨンハくんの努力を否定するような思いを抱いてしまってごめんなさい。

もうひとつ思ったこと。
アンコール前、最後の曲が「RUN」。これぞライブ、という感じの曲だから満足ではあるけれど
こういった曲をライブで歌うのだったら
オリジナル曲を用意したらどうなんだろう、って思った。
カバー曲として自分のアルバムに収録しているとはいえ、やっぱり、オリジナルの曲で終えてほしいと思った。

ダンサーをつけず、日本人のバンドメンバーを従えがんばってる姿を見せてくれた今回のライブ。
いろいろと楽しませてもらった。実際、アンコールを向かえるまでの2時間はあっという間に過ぎたし。
でも、正直なところ痛々しく思えるところもあって・・・・(2日目となる今日は修正されていることを祈るばかりだけれど)。
これからのヨンハくんの活動においてとても重要なものになるんだろうな、と感じた今回のステージ。

自分の信念の元、がんばってほしいな。

|

« 話題がいっぱい | トップページ | 輪舞曲〈第8話〉 »

韓流」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

カロリエさん、いらっしゃいませ♪
ヨンハくんの件ではいつもありがとう。

>ヨンハ君、今回も遠かったね~(^^;)
確かに・・・でもでも、ステージサイドのスクリーンでばっちり見えたからOKさ。

>なぜか「ヨロシクV! パクちゃんです」と逆に…
そうだったのね。私、「うたばん」見てなかったから、その辺の細かいところは全然わからず、とにかく壊れっぷりに笑うばかりでしたわ。

まだ大阪が残っているけど、次回のコンサートがとても楽しみね。

投稿: kazumi | 2006/03/07 00:23

ヨンハ君、今回も遠かったね~(^^;)
うたばんで教えてもらったあいさつは「パクちゃんです。ヨロシクV!(ブイ)」なのに
なぜか「ヨロシクV! パクちゃんです」と逆に…
微妙に言いにくかったよ(笑)
本人も言ってるけど、ホントに苦しんで努力した跡が見えました。
でもきっと「ヨンハ君らしいステージ」を創る第一歩になったと思います。(^^)
個人的にはハングルの歌、もっと歌ってほしかった~。
용하씨 아자 화이팅!

投稿: カロリエ | 2006/03/06 18:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/8946081

この記事へのトラックバック一覧です: パク・ヨンハ CONCERT 2006~WILL BE THERE...~:

« 話題がいっぱい | トップページ | 輪舞曲〈第8話〉 »