« 輪舞曲〈第8話〉 | トップページ | 頭文字D DVDにて »

2006/03/07

チャン・ドンゴン中心、とはいえ

チャン・ドンゴンプロジェクトだったかチャン・ドンゴン始動だったか、
前に新聞の全面広告を見かけたことがあるから、チャン・ドンゴンがメインになるのは仕方ない。

が、
タイフーン」にはもう1人主演がいるのではないでしょうか?
ほらほら、
イ・ジョンジェという人が。

そりゃ、ドンちゃん(by真田広之)に比べれば、目はちっこくて華やかな顔立ちではないけれども
なんともいえないたたずまい・・・・「イル・マーレ」とか「ラスト・プレゼント」とか・・・・
なのに、記者会見のシーンを見たら、
しゃべってるのはチャン・ドンゴンだけなんだもの。プンプン。
(もちろん、チャン・ドンゴンが悪いわけではありません)

「美しき野獣」のときのユ・ジテしかり、
韓流スターの定義は、派手な顔立ちの俳優ということ? って思っちゃうわ。
・・・え、実はそうなの?・・・・・知らない!(>_<)


が、
無理やり結んだとしか思えない黒いタイ(リボン?)は、誰のアイデアでしょうか。
素敵とは言いがたいのだけど、
本人がニコニコ笑顔だから、いいか^^

ZAKZAKの記事

|

« 輪舞曲〈第8話〉 | トップページ | 頭文字D DVDにて »

映画」カテゴリの記事

韓流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/8977060

この記事へのトラックバック一覧です: チャン・ドンゴン中心、とはいえ:

« 輪舞曲〈第8話〉 | トップページ | 頭文字D DVDにて »