« 手、いたかった | トップページ | the EYE 【アイ】 »

2006/04/16

無間道 トリロジーNIGHT

TOHOシネマズ 六本木ヒルズでオールナイト、
<ブローイング・アップ・アジア/香港映画祭>
≪世界が絶賛した傑作香港ノワール“無間道 トリロジーNIGHT”≫を見てきた。

「II→I→III」と時系列に沿って3作品を一気に見るのは初めてだったから、なかなか面白かった。
特に「II」は、2回しか見ていないから、なんとなく見逃していたシーンなどがあることにも気づいたし。

そして、この映画は本当によくできているものだと改めて感心してしまう。
いろんな俳優が出ているところも、とっても豪華。
スゴイ映画だ。
(並べて見ると、つじつまの合わないところが一層明確になってしまうけど、気にしない気にしない^^)


さて、
久しぶりに見たためか、3作品をまとめてみたためか、また、新たなる謎や発見があったので書いておこう。

〈発見〉
●「III」 ヨンの部屋に盗聴カメラをセットするとき、めくりあげた袖から見えるラウの腕が黒かった。アザみたいだったんだけど、どこかにぶつけたのかな?
●「III」のラウは、善人になりたいと願うあまり、自分が誰だかわからなくなっている。
「明日が過ぎれば無事だ」というヤンの言葉を何度も言うほど、すっかりヤンになりきってしまっているのは明白。
さらに、ヤンだけでなくチャンにもなっていたみたい。「チャンスをくれ!」という言葉は、ヨンに向かってチャンが最期に言った言葉。ヤンに呼び出された屋上でもラウは言っていたけれども、「III」で発せられるこの言葉はラウの言葉じゃないように思えるんだよね。

〈謎〉
●キョンとヤンの立場というか上下関係がI・II・IIIでそれぞれ違っていたのが気になった。
  I :キョンはヤンのことを兄貴と呼んでいる。
  II:あきらかにキョンが兄貴分。
 III:キョンはヤンの兄貴分らしいけど、対等といった感じも。
●銃で狙う場所:急所をはずすか一発で殺してしまうかがヤクザと警官の違い、と見せていたはず。だけど、狂気に陥ったラウがヤンを撃った最初の1発は頭じゃなかった。これは、ヤンとして撃ったのか?
そいえば、黄警司がハウを撃った1発は頭だった。・・・・・・奥が深い。

|

« 手、いたかった | トップページ | the EYE 【アイ】 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/9605903

この記事へのトラックバック一覧です: 無間道 トリロジーNIGHT:

« 手、いたかった | トップページ | the EYE 【アイ】 »