« TVで少林サッカー | トップページ | 旅する広東語 »

2006/06/09

藍色夏恋

藍色夏恋2002年の「藍色夏恋」(原題:藍色大門)を見た。台湾=フランス映画合作、チェン・ボーリン(陳柏霖)の映画デビュー作。


高校生の夏の日の、恋の物語。
天真爛漫な男子高生と、なにか悩みを抱えている女子高生との対比がおもしろい。
男子高生がのんきな分、女子高生の抱えているギザギザが感じられ、
だから一層男子高生の真っ直ぐさが強調され、だからこそ女子高生の・・・・と、
相乗効果という言葉が適切なのかわからないけれども、そんな感じがした。


楽しさも愁いも全部ひっくるめて、きらきらした時期が描かれている。
世界中のたくさんの人に愛される映画って、こんなんだろうな~と、素直に思った。


たぶん、嫌いだと思う人がいない、そんな映画だった。

|

« TVで少林サッカー | トップページ | 旅する広東語 »

アジア映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/10437553

この記事へのトラックバック一覧です: 藍色夏恋:

« TVで少林サッカー | トップページ | 旅する広東語 »