« 夕刊にアンディ! | トップページ | 妖怪大戦争 »

2006/08/10

クローサー

クローサーテレビで映画「クローサー」を見る。原題は「夕陽天使」、2002年の作品。


スー・チー(舒淇)、ヴィッキー・チャオ(趙薇)、カレン・モク(莫文蔚)の3人の女優がかっこよく活躍するのは見ていて爽快。例えストーリーがご都合主義であっても、ね。
香港映画では、女優といえどもアクションをこなさないといけないから大変だよね~、としみじみ思う。

しかし、スー・チーの吹替えの声が、いまひとつ。
“クール・ビューティ”という役どころにはぴったりと思うものの、本人の声を知っている者には「あれれ?」という違和感が大きくなっちゃうよね。仕方ないんだけど。
それに比べるとカレンの吹替えは、なんとなく本人の声に近い感じがして、これもまた妙だった。
カレンが日本語を話すとこんな感じなのかな?(笑)


そういえば、ソン・スンホンが出てたのね。(以前レンタルで見てたけど、そのときはぜんぜん印象なくって)
日本より一足早い韓流ブームに乗って出演した、ということを聞いたけど・・・・役どころもそんな感じ。

|

« 夕刊にアンディ! | トップページ | 妖怪大戦争 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

けぴさん、ソン・スンホン目当てでこの映画を見ていたとは、びっくりしちゃいますわ(笑)
>テレビでやってたんですか~?
やってたんですよ!! それもテレビ東京でね♪


ミケさん、そういえば私もこの映画は劇場で見ていることを思い出しました。
>何じゃそりゃ~と苦笑した覚えあり
そうでした! 何を基準に決めたんじゃ!? と私も思いました。

「マスサン」は見に行きたいところなんだけど、上映劇場がいまいち行きにくいところだから、悩み中です(笑)

投稿: kazumi | 2006/08/11 23:37

TV見損なってしまいました……。
公開当時、板橋のシネコンまでわざわざ見に行った記憶があります。
宣伝文句が「セクシー・ビューティー(スー・チー)、アイドル・ビューティー(ヴィッキー)、インテリジェンス・ビューティー(カレン)」となっていて、何じゃそりゃ~と苦笑した覚えあり。
でもみんな格好良かったですよね♪
アジア版チャーリーズ・エンジェルと銘打っていましたが、キャッツ・アイを連想してしまいました。(年齢バレバレ)

倉田氏が刀傷にサラシを巻くシーンもよかったです。
kazumiさん、「マスター・オブ・サンダー」はやはりご覧になりますか?

>けぴさん
>岡村ちっくなお顔の印象です!(笑)
カレンといえば、定番は田中真紀子でしょう。

投稿: ミケ | 2006/08/11 22:24

kazumiさん!私これ以前見てます・・・
ソン・スンホン見まくってた頃に!
(スンホンの腕と胸筋にやられちゃった過去が・・・)
でも、軽くしか覚えてないです・・・
なんで、これにスンホンが出てるのぉ~って印象でした!
テレビでやってたんですか~?
知らなかった!
今ならカレン・モクとかも違う印象になるかな・・・
でもやっぱり、岡村ちっくなお顔の印象です!(笑)

投稿: けぴ | 2006/08/11 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/11375307

この記事へのトラックバック一覧です: クローサー:

« 夕刊にアンディ! | トップページ | 妖怪大戦争 »