« I'll Call You(原題)〈アジアの風〉 | トップページ | 最後の恋、初めての恋 »

2006/10/25

Crazy Stone(原題)〈アジアの風〉

こちらも、フォーカスフィルム・アジア新星流の1本「Crazy Stone(原題)」(原題:瘋狂的石頭)。
中国で6月に公開された映画で、大ヒットしたコメディ作品とききとても見たかった1本。


中国映画はあまり観ていないので、出演者の誰も彼もがなじみのない人ばかりで
新鮮というか、
ヘンなカオの人が多くて、それだけでおかしくなる。
(実際に、主演のグオ・タオ郭濤以外はキャリアが浅い人ばかりで、中には素人もいたとティーチ・インでグオ・タオ氏が言っていた)。


この映画、
ホントにおばか。
笑いの要素があまりにも多い・・・けど、大爆笑する部分が少なかったのは、たぶんテンポの違いのような気がする。
なんというのだろうか。
笑いの間というかリズムがいかにも大陸的にゆったりしているのね。
(その直前に香港映画のコメディを観た後だったから余計そう感じたのかもしれないけど)。

元刑事の工員とその弟分。
ケチな犯罪を繰り返す3人組の泥棒。
閉鎖中の工場から巨大な翡翠が掘り出され、展示会を開いて翡翠の値を上げ、工場を取り戻そうとする社長。
そしてそのバカ息子。
工場の敷地をなんとしてでも買い取りたいやくざな不動産会社社長と秘書。
そして、彼らに雇われた国際的手配されている盗賊。

こういった人たちが、なんだかごちゃごちゃやってるうちに翡翠を巡って関わっていくんだよね。
それがおかしいし、
細かな部分でも「ありえね~!!」的なバカシーンが満載。

おいおい、その翡翠は~!! って(笑)

私としては、大真面目にバカをやる盗賊(連偉健)に1票!(笑) なんだけど
イイ女(笑)が聴いていたイヤホンから一瞬聞こえてきた「忘情水」にひとり爆笑しそうになって、困っちゃった(笑)

|

« I'll Call You(原題)〈アジアの風〉 | トップページ | 最後の恋、初めての恋 »

アジア映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/12415143

この記事へのトラックバック一覧です: Crazy Stone(原題)〈アジアの風〉:

« I'll Call You(原題)〈アジアの風〉 | トップページ | 最後の恋、初めての恋 »