« ノエル・アラモード(2006) | トップページ | 父子〈アジアの風〉 »

2006/10/30

シルク〈アジアの風〉

今年の映画祭、私の最後の作品は台湾映画「シルク(原題:詭絲)」

ホラーというよりもスリラーといった作品(と、監督が言っていた)なんだけど、
なんで幽霊をつかまえようとしてるんだ? メンジャースポンジとかいうあの四角い物体はなんじゃ? と、最初はちっともわからなかった。

足の悪い科学者(?)橋本(江口洋介)は、びっことののしられるとカウンターを押してるし、その様相は汚く見えるし異様。
向こうの報道では何かと取りだたされていたバービー・スー(徐煕媛)は、早いうちにフェードアウトしちゃう。
チャン・チェン(張震)はきりりとかっちょいいけど、人生に重荷をしょってるんだよね。
だから、橋本が雇っているスタッフのチャン・ポーリン(陳柏霖)と張鈞甯の2人が、おどろおどろしい中でさわやかな雰囲気を生んでいたんだろうね。(しかし、結局は・・・・)


ホラーというかスリラーという形を借りて、親子の愛を描いている作品だということが、最後にきてようやくわかるんだけど、それにしては「リング」に挑むかのような死に顔ってのはどうなんだろうね。
ティーチインで監督は「この映画は、決して怖がらせるために作ったわけではありません。映画を観て怖かった方、すいません」とか言ってたけど・・・・

日本公開があるのかないのかわからないけど、映画祭で見るのがぴったりだと思う作品だった。

追記:ティーチインで登場した江口洋介。遠い席から見たわけだけど、かっこよかったなぁ^^

|

« ノエル・アラモード(2006) | トップページ | 父子〈アジアの風〉 »

アジア映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/12480076

この記事へのトラックバック一覧です: シルク〈アジアの風〉:

« ノエル・アラモード(2006) | トップページ | 父子〈アジアの風〉 »