« エレクション〈東京フィルメックス〉 | トップページ | 七人の弔 »

2006/11/21

エレクション2〈東京フィルメックス〉

きのう観た「エレクション」の続編にあたる「エレクション2」を、東京フィルメックスで鑑賞。原題「黒社會2 以和為貴」、2006年の作品。カンヌ映画祭で特別招待作品として上映されているもの。


映画が終わって思ったのは、

 「エレクション」の方がおもしろい!!

に尽きた。

「エレクション2」は、前作から2年後の会長選挙前に話が移っている。
2年前ロクと契父の契りを交わした5人は組の中で台頭して、誰もが会長選に立候補したがっている。
中でも鼻息が荒いのは東莞(林家棟)だが、組の長老たちはかせぎのよいJimmy(古天樂)を会長に推したがっていた。しかし、商売第一、(まだ見ぬ)息子と娘は弁護士と医者にして堅気の世界に戻りたいと夢描くJimmyは、鄧伯(王天林)から直々に立候補を進められてもいやだ! と断っていた。
一方、東莞を応援するふりをしながらも、飛機(張家輝)に会長選に立候補しろとたきつけているロク。実はすべて、自身の再選を狙ってのことだった。
大陸でのビジネスが立ち行かなくなったことを機に、Jimmyが会長選に立候補してから、ロクの計画は思い通りに進まなくなり、そして、たくさんの血が流れ始める。

・・・・・・・

前作では、黒社会が舞台といいながら話し合いでことが進んで、血なまぐさいシーンはそれほどなかったし、あったとしても意味のあるシーンだった。が、「エレクション2」は、ドラマとしてのおもしろさが薄れ、それを補うかのように殺しの場面ばかりが続くんだな。
果ては、人肉饅頭か!? てな、いや~~なシーンも出てきちゃう。


善良そうなロクよりも、ずっと上手だったJimmy仔、怖いゾ!!

で、続きがありそうないやな感じの終わり方なんだよね。

|

« エレクション〈東京フィルメックス〉 | トップページ | 七人の弔 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/12764545

この記事へのトラックバック一覧です: エレクション2〈東京フィルメックス〉:

» 「エレクション2」 [電影備忘録 -CINEMA MEMORIES-]
2006年香港原題:黒社會/以和爲貴 Election2監督:杜琪峯(ジョニー・ [続きを読む]

受信: 2006/11/21 23:35

» 「エレクション2」 [電影備忘録 -CINEMA MEMORIES-]
第7回東京フィルメックス・招待作品2006年香港原題:黒社會/以和爲貴 Elec [続きを読む]

受信: 2006/11/23 20:57

« エレクション〈東京フィルメックス〉 | トップページ | 七人の弔 »