« チャングム、終了 | トップページ | エレクション2〈東京フィルメックス〉 »

2006/11/20

エレクション〈東京フィルメックス〉

東京フィルメックスで「エレクション」(原題:黒社会)を観た。2005年ジョニー・トー(ジョニー)監督作品。

 いや~、おもしろい!!

黒社会が舞台だから、おもしろいなんてのはあまりふさわしくない言葉なのだろうけど、
おもしろいのだから仕方ない。


相談役とでもいった感じの元ボスの人たちと、今のボスの人たちと、その下についている子分たち。
登場人物がたくさんいるから、誰が誰の部下(ボス)なのかちょっとわかりにくかったけど、
それは夜のシーンが多くて、顔の判別がはっきりつかないせいもある。
とはいえ、敵対していたはずが助けるようになったりするから、ややこしさが倍増しちゃう。
(龍頭棍を奪うべく、林雪を殴りつけていた林家棟。2人の電話が同時になって・・・とかね)

そんな中で、めちゃくちゃ目立っていたのがレオン・カーファイ(梁家輝)演じる、会長の座を金でなんとかしようとするディー。
登場人物中1人血の気が多いところを、体中をつかって表現するかのようにわめき暴れる姿は、この映画の中の一条の光のような感じがした(一条の光、てのは少しヘンだけどね)。

ディーを抑えて圧倒的な支持で会長に選ばれるのはサイモン・ヤム(任達華)演じるロク。
ディーがいかにもそれっぽいスーツを着ているのに対して、ロクはダサダサなジャンバーを着ているところがミソ。
協調性を重んじ、信頼が厚い・・・・らしいのだが、こういう人の方が結構コワイ!
ということを、映画のはしばしで見せ、
ラストでダメ押し!!  さっすが、黒社会の会長になるだけあるわ(笑)


2年後は好きしていい」と、ロクは龍頭棍をジミー(古天樂)から引き取った。
黒社会2」は、この言葉が実践されるのだろうな・・・と、非常に楽しみだ。
(まさか、“おやこ猿が見ていた!!”なんて展開にはなるまいだろう^^)

|

« チャングム、終了 | トップページ | エレクション2〈東京フィルメックス〉 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/12748076

この記事へのトラックバック一覧です: エレクション〈東京フィルメックス〉:

« チャングム、終了 | トップページ | エレクション2〈東京フィルメックス〉 »