« ブラッド・ブラザース 刺馬 | トップページ | 2006年金馬奨 »

2006/11/25

ウインター・ソング

「ウインター・ソング」オリジナル・サウンドトラック2005年の香港映画「ウインター・ソング」を見る。
レディースデーでもない夜の回、客はまばら・・・・・・。金城人気もこんなものかと寂しく思いながら。

のっけから、チ・ジニが歌い踊るミュージカルシーンで、かなり引いてしまった。
これがずっと続くとなると、しんどいと。
そのチ・ジニはストーリーテラーで、どこかで天使とか紹介されていたようだったけど、
それぞれの人生でカットされてしまったシーンを集めている、とかって、いろんなところにいろんな格好で登場するんだよね。
歌は本人が歌ってるのかもしれないけど、台詞はみんな北京語。吹き替えでしょうな。


上海で映画の撮影が行われている。監督とヒロインは恋人同士。今回香港から招かれた俳優は、実はヒロインの10年前の恋人。
彼女は10年前を忘れたいと思い、彼は10年前の思いを忘れられずにいる。
そして3人の三角関係は、映画の中ではより鮮明に表現されていく。

で、演技をしていない現実のシーンがなんだかもんもんとしてて暗いから、冒頭でぎょっとしたミュージカルシーンが登場すると、その華やかさに今度はほっとしてしまうという不思議な感じ。
ピーター・チャン(陳可辛)監督は、そこもちゃんと計算したうえでやったんだろうか。そうだよね、きっと。

それにつけても、ジャッキー・チュン(張學友)の歌、うますぎ。
そりゃあ、反則だよ!! ってほどうまいんだもの・・・タケちゃん(金城武)もなかなかいいのだけど・・・
タケちゃんといえば、あいかわらず目がキラキラ。
やっぱりスクリーンの中では違うね。


ところで、
なんとな~く、はっきりしない感じの中で、エリック・ツァン(曾志偉)とサンドラ・ン(呉君如)が出てきたのが、なによりも嬉しかったな(笑)

|

« ブラッド・ブラザース 刺馬 | トップページ | 2006年金馬奨 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

ミケさん、おかげんいかがですか?
>ジャッキーの歌唱力に諸手挙げてカンパイ
私も同感! 張學友の歌声が突出してます。この歌を聴いただけで、この映画を観てよかったな! と(笑)
>主演男優・女優よりも歌が巧くて、アクロバットまで即日こなしちゃう監督って
ミケさん、私もまったく同じこと思ってましたわ。歌もアクションもって、ありえない設定ですってばね(爆)

投稿: kazumi | 2006/11/28 00:03

こんばんは。
お客様から風邪を移されて寝込んでおりました。
この作品は、あれだけ可愛くなきゃ許されないよ~な偏執狂カネシロと、漢っぷりNo.1な周迅(「プラダを着た悪魔」のM.ストリープといい、どうして現代のヒロインは女性らしさと男性らしさの両方を求められるのだろうか)にも増して、ジャッキーの歌唱力に諸手挙げてカンパイでございました。
ジェイを金像賞で退けたのも当然でしょうか。
てゆーか、主演男優・女優よりも歌が巧くて、アクロバットまで即日こなしちゃう監督って、どーゆーキャラ設定?
陳可辛に小一時間問い詰めたいです。

P.S.曾志偉と呉君如の登場には、頬が緩みました。
  二人ともまさに香港人そのもののキャラ。
  サンドラ姐、無事出産おめでとうです~♪

投稿: ミケ | 2006/11/27 22:27

私も、予習はまったくせず観にいきましたわ。
だからエリックとサンドラが出てきて喜んじゃったのです。
(エリック→白いスーツがまぶしいプロデューサー、サンドラ→金城武のマネージャー)
>もんもんとしてて暗いから・・・はい、そうでした。
のんのんさんも、そう感じましたか?
人に進めていいのかどうなのか、ちょっと迷っちゃう感じがしましたが、いかがでしたか?

投稿: kazumi | 2006/11/26 01:16

kazumiさん 観に行ったんですね~
私は 内容知らず予習もせずに行きました。 
チ・ジニが歌ってたのにびっくりした~~@@
吹き替えだったんですね。。。
もんもんとしてて暗いから・・・はい、そうでした。
タケちゃんの大きな目はキラキラ★
なんとな~く 出てきた人・・・4人以外
私にとっては なんとな~くの人だからな^^;;;
お勉強が足りませんね>< 頑張ります!

投稿: のんのん | 2006/11/26 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/12809786

この記事へのトラックバック一覧です: ウインター・ソング:

« ブラッド・ブラザース 刺馬 | トップページ | 2006年金馬奨 »