« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/30

駅弁もチョコも

デパートの催事場、とりわけ食べ物系が大好きなのに、
今期の駅弁大会(京王百貨店)、結局行かないまま終わってしまった。

そして、行かないまま終わりそうな催事が、伊勢丹のチョコレート(正式名称、なんだっけ?)。
見るだけでも楽しいことはわかっているけど、とっても混雑しているところに行く気にならないんだよね。


人気だけど、適度に空いている催事が理想だな~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/29

華麗なる一族 3

今夜の「華麗なる一族」を見ていて確信したこと。

ナレーションでストーリーが展開していくから、
映像がなくても大丈夫
 かも??(笑)

怒りに任せて車を走らせるシーンは、相変わらず上海の町並(セットだけど)。

建物の影から、チャイナ服に身を包んだ人々が現れそうな気がしてしまうののは仕方ないよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/28

公共の敵

公共の敵2001年の韓国映画「公共の敵」。

タイトルとパッケージのイメージから、かなり重たいドラマだろうと思って見たら、ちょっと違っていた。
破天荒な刑事役のソル・ギョングは、別にふざけているわけじゃないのだけど、行動の一つ一つが笑っちゃうような映画だった。
どことなく「ジェイル・ブレーカー」の役柄と似た感じかな。

刑事の役どころ対して、おもて面はイイ人を装っているギュファン(イ・ソンジェ)は、ホントいやな奴になっている。
救いようがないわけで、だから、映画を見ている人はきっとみんな、クライマックスの刑事の言動に大きくうなづいてしまうのだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/27

エリ・エリ・レマ・サバクタニ

エリ・エリ・レマ・サバクタニ 通常版以前、映画館で予告を見て気になっていた映画「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」をレンタルで観る。

不思議な映画だった。
ず~っと静かなシーンばかりが続くかと思うと、いきなり耳障りとも言える爆音になる。

の映画だった。


レミング病なるウイルスが現れないことを願ってしまった。

私にはちょっと理解しがたい映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/26

気づかないうちに落とした

知らないうちに、お気に入りのラビットのマフラーを落としてしまった(>_<)!!


寄り道した店で暑かったから、首からはずしていつものようにコートのポケットに入れたはずなのに、
電車を降り、駅を出て寒いから・・・とポケットさぐったら、消えていた・・・・

まるめるとポケットに入るくらい小さくなるのに、首に巻くととっても暖かいマフラー、
とっても気に入っていたから、凄くショック!


ポケットからスルリと出てしまったマフラーが、
どこかで、誰かに踏まれたり。
蹴られたりしてると思うと、さらに悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/25

デュエリスト

デュエリスト コレクターズBOX (初回限定生産)ハ・ジウォンとカン・ドンウォンの「デュエリスト」をDVDで観た。

刑事ハ・ジウォンは偽金作りの犯人を捕まえようとしている。
・・・これって「チェオクの剣」じゃない(笑)

ちょっとコメディタッチで描かれるけど、反面、カン・ドンウォンが出てくるシーンはクールで華麗。
それでもって、
この映画はカン・ドンウォンのプロモーション。
そうとしか思えないのだなぁ^^


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/24

エレクション の記事

朝日新聞の夕刊、映画欄に「エレクション」が取り上げられていた。

なかなか良い紹介のされかたで、嬉しいな~。
これを読んで、興味を持つ人がたくさんいたらもっと嬉しいな~^^


ちなみに朝日新聞サイトには、ジョニー・トー監督のインタビュー記事が。
「ヤクザは香港社会の写し絵」 新作公開のトー監督 だって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/23

恋するブラジャー大作戦(仮)

恋するブラジャー大作戦(仮)2001年の香港映画「恋するブラジャー大作戦(仮)」(原題:絶世好Bra)を見る。

大マジメに女性のブラジャーを作る男性デザイナー2人。
ルイス・クー(古天樂)がモテモテに描かれるのは、ま、許せる範疇だけど
ラウチン(劉青雲)がモテモテというのは、一般的にはどうなんでしょ(笑)

こういう映画はいいよね。
明るくて希望が持ててね!


パトリック・タム(譚耀文)が出てたんだね~
あと、ウイン・シャも登場していたとは気づかなんだ^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

華麗なる一族 2

「華麗なる一族」の第2話。

1話から高炉建設の話が出てくるけれど、「大地の子」も中国の高炉建設の話が出てきたことを思い出す。
経済成長の証としての高炉・・・・・・・ちっとも想像がつかないから、見ていてもいまいちピントこないのが残念だな。


きょうも「将軍」が登場したね。
そのうち、ビュ~ン!! って、飛び出すんじゃないかって気になる存在。

気になる存在といえば、西田敏行も。
白い巨塔」で財前五郎の義父を演じていた。
今回も義父。

この人って義父キャラ????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

閉店・・・寂しいなぁ

ふっと、なんとなしにジャスミンティのサイトを見て驚いたのが数日前。

 2月末に閉店

だという。


中古ショップとして去年再オープンしてから、一度もショップを訪れることなくいたけれど、まさか閉店するとは思いもよらずびっくりした。


かつてはいろいろとお世話になったけれど、私も最近は(近いというのに)足がすっかり遠のいていたんだよね。
だから・・・・・
残念、というのはあまりにも勝手な言い分だよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/20

流星花園 最終話

ようやっと、最終話が見られてすっきりした「流星花園」。
(去年、旅行中に最終話を迎えるってんで録画予約したものの、失敗してしまっていて見られず・・・ツタヤでレンタル半額が始まったので、早々に借りてきたの)。


少女漫画が原作だから、ラストはしっかりハッピーエンド!
そうだよね~、やっぱりこうでなくっちゃ終われないよね。

。。。。といいつつも、
道明寺とつくし以外の人の気持ちとか
思惑とか、一体どう落とし前をつけてくれるんだろうと、心配になってしまうラストなんだよね。

(だから、「流星雨」がつくられたのかな?)。


ま、
これでとりあえず落ち着いた。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/01/19

明日から始まる映画

明日20日から始まる映画で気になるもの2本。

1つは「エレクション」。原題「黒社会」。
ジョニー・トー(杜琪峰)監督の元、演技達者の役者が魅せる男の世界。
物騒な世界だけど、
なかなか素敵な映画なんだよね~。
・・・・・・というか、一番の魅力はやはり俳優かな^^


もう1つは「ディパーテッド」。
あまり食指は動かないものの、「インファナル・アフェア」がハリウッドで一体どんな風になってしまったのか見てみないことには、文句も言えないからね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/18

墨攻 試写会

P1004614901さて、日本語字幕で初めて観る「墨攻」。
(なにぶんにも、スクリーンにあまりにも近い席ゆえ、東京ディズニーランドのホーンテッドマンション状態に陥り、若干酔い気味に・・・)

戦いつつも悩む革離(劉德華)。
非攻と兼愛を唱えつつも、本当の愛を知らない男。
いや~、すごく奥深くていいのです。
女戦士逸悦(范冰冰)が惚れてしまうのも納得しちゃう。・・・そして、梁城の農民や兵士たちの心を掴んでしまうのも。
・・・・・
戦闘シーンがあまりにも多く、革離も驚愕するほどの死人が出るのはたまらないのだが。


結局のところ、一番おろかなのは大王(王志文)。そして司徒(午馬)ら忠臣する者たち。
彼らは誰ひとりとして、矢が飛びかう場所には出て行かず、王の機嫌をとっているだけ。
彼らの犠牲になったのが、農民や兵士。そして王の息子梁適(崔始源)なんだよね。

香港で観たときには、なんてやつ!! と思った牛子張(錢小豪)について、思い違いをしていたことに気がついた。
武器を持たない敵に弓を放ついやな奴には違いないのだけれど、
大王に忠誠のため、大王を守るため、という1本筋の通った将軍で、それはまた非常に悲しい生き方で、実は誰よりも悲しい人なんだなと感じた。
革離の手腕を認めていたのに、司徒が王へ進言したことから革離を反逆者として追わなければならなくなるなんてね。


2月3日から公開される「墨攻」。
中国映画とか香港映画とか、そんなこととっぱらって、映画好きの方みんなに観てほしい映画です。
ぜひぜひどうぞ^^

そういえば、天地のパーティで「評判が非常によかったのでパート2がつくられるかも」とアンディが言ってたんだよね。
そうなると、またあの様相になるわけか・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/17

墨攻ジャパンプレミア

夕べは、「墨攻」ジャパンプレミアへ行ってきた。

今回は思いがけずとっても前の席で、
「ここに、アンディが登壇するのね・・・」とドキドキしながらスターを待つ。
(前の日に、華仔天地パーティで接近したことなんか、スト~んと飛んじゃってる)。

有料プレミア試写会ということで、チケットは完売。だから2階席まで満席。嬉しいね♪
夕方渋谷109のイベントスペースで行われたイベントも、行った友人の話によると、すし詰め状態に人が集まっていたらしい。
嬉しいな~!!!


さて、きのうのプレミアのアンディは、坊主頭に凄くよく似合っている衣装で登場してくれてヨカッタ!!
正直、一体どんな格好で出てくるのかドキドキもんだったから。
黒のニット帽が可愛かったのだけど、途中でとっちゃった(笑)
頭の形は極上だからいいのだけど・・・・^^

どんな感じかと気になる方はこちらこちらこちらをどうぞ。

でもね、コレ違うから。
アンディ、台湾出身じゃないからね、デイリーさん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/16

アンディがやってきた♪

The Making of 墨攻およそ半年振りに、アンディ・ラウ(劉德華)が来日。
今回は2月3日から上映される「墨攻」のプロモーションのため。

平日だからさすがに空港のお出迎えには行けなかったけれど、夜開かれたFCのパーティに参加、「凄い人だなぁ」と、改めてしみじみ感じて帰ってきた。

去年の夏の来日では旧正月映画「門徒」の撮影中ということで、白髪(風)の短髪だった。
そして、今回は「刺馬」の撮影中のため、丸刈り。「墨攻」での髪が凄く長く見えるほどで・・・・・・・途中ハチマキをするシーンがあって、これがまた良く似合ってた(笑)

もちろん、アンディの良さは髪型ではないけれど、
しばらく普通の髪型ってのを見てないような気がして寂しいのだわ~~。


さてさて、いったいどんな丸刈り頭か気になる方、
明日お時間があるようでしたら渋谷109前へどうぞ。
■『墨攻』出演するアジアのスターが渋谷に集結!! ってことで、16時~16時半までイベントスペースに登場するらしいから。
(私は行けませんが・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/15

華麗なる一族

きょうから始まった「華麗なる一族」。
新聞のテレビ紹介欄に“出演者も華麗”とあったけど、なるほど豪華な出演陣。もしかしたら、大河ドラマ「風林火山」よりも、派手な出演者がそろってるかもしれない、と思った。

ラスト前、おじいさんが亡くなってから姿を見せたことのない鯉・将軍が、ずいぶん重要な意味合いを持って登場したわけだけど、
 巨大鯉ロボ・SHOGUNとでもいった感じに見えてしまった。生きてる鯉には見えないよね~


これからどんな展開になるのか・・・原作知らないから、楽しみにしとこう。


そうそう、ドラマの中の60年代の神戸の風景って、まんま上海だよね。
映画「上海グランド」を懐かしく思ってしまった。
神戸と上海って、実際似てるのかなぁ?

華麗なる一族
これは1974年の映画版。
出演者が重厚だな~

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/01/14

大相撲 初場所中日

暗くなる前に買い物に行ってきたので、夕方は何をするともなしにテレビを点けてしまった。
点けたのは大相撲中継。

きょうの解説者には、2回目の登場となるデーモン小暮。
テレビ欄に「解説デーモン小暮閣下」とあるように、NHKのアナウンサーが「閣下」と呼んでるのがおかしかった。


取り組みが終わって、放送時間が終わる直前
「1年といわず年内にまたよんでください」というデーモン小暮の言葉に何の反応も示さず「また明日」と締めるアナウンサー氏、ちょっとおかしかった。
返答に窮したというより、単に放送時間がなくなったからなんだろうけどね(笑)

NHK 大相撲中継 2007年 01月号 [雑誌]
こんな本が出てるとは知らなかった~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/12

ノーカット版が始まった♪

イ・ヨンエ(チャングムの誓い) 2007年 カレンダーきょうからチャングムのノーカット完全版がBS-2で始まった。
ノーカット版、見たかったんだよねぇ。
思い余って、香港版のものを買おうかと思ったこともあったっけ(笑)
今回は、ノーカット+オリジナル音声・・・つまり、字幕。

それぞれの役者の声を聞けるのは非常に嬉しいのだけどね、
字幕版ってのは、結局、
 ず~~~~~~っとテレビ画面を見てないといけないのよね^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/11

納豆品切れ

ダイエットにいい
とかテレビで放送された影響らしく、納豆の品切れが続いているという話を聞いたのだが、
西友に立ち寄ったら、納豆のコーナーが空っぽになっていた。

すごいもんだなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007/01/10

麺屋○竹の中華そば

伊勢丹新宿店できょうから始まった京都展

イートインの竹屋町/麺屋○竹の中華そばを食べてきちゃった。767円。

うまかった♪

白い文字で「名物魚出し~」とプリントされている海苔にも書かれている、魚出しのスープがおいしい。
初めて食べる味だわ(ラーメン通じゃないから、私)。
ねぎもたくさんのってるし、もやしやわかめやきくらげ(?)なども入っている。嬉しい。
大きなチャーシューはとってもやわらかくて、これまたおいしい^^

女性の手でも持ちやすい小ぶりのどんぶりだったけど、ボリューム満点。
スープを全部飲み干しちゃったからかなぁ、お腹いっぱいになっちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/09

筋肉痛

きのう、今年初となるジムへ行った。

去年の12月半ば過ぎから行ってなかったからだろうか・・・・
きょうは筋肉痛(>_<)


背中と二の腕(後ろ側)が痛い。

痛いということは、効いているということだけど、
それにしたってほんの1時間足らずのエクササイズで筋肉痛になるなんて、なんてヤワな私なんだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/08

劉徳華 Andy Lau Vision Tour 2004-2005 幻影中國巡迴演唱會

L_p1004574951先日香港で買ってきた、2004年のアンディ・ラウ(劉德華)大陸演唱會のDVDを鑑賞した。
いよいよ来週はアンディ来日、ってことでね^^

香港コロシアムも大きいけれど、北京の体育館(屋外)で行われた演唱會はもっと規模が大きい様子。
ステージと客席が凄く遠いのは、ステージが大きいから? それとも大陸だから?


ま、それはさておき。

このDVDで嬉しいのは、
以前発売された香港コロシアムで行われたVision Tour 2004で収録することがかなわなかったラストソング「17歳」が特典DVDに収録されたこと。

アンディも嬉しいだろうが、それ以上に私も嬉しい♪

・・・次の演唱會は、一体いつなのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/07

風林火山

風林火山 (前編)年末年始、NHKでずいぶんと宣伝をしていて面白そうだな♪ と思っていた大河ドラマ「風林火山」。
第1回の放送が終わった。

おもしろそうだけど、
まだよくわらないな~、ってのが正直なところ。

1回限りで、いきなりいなくなっちゃう武将が何人もいて、どうなんだろうかね。


今回注目するのは、謙信のGacktと今川義元のリヨンかな~^^
(リヨン=谷原章介、ネ)。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007/01/06

お洋服♪

最近はバーゲンシーズンといっても、さほど買いもせずいたのだけど
きょうは久々に買っちゃった。

 服の数々♪


そもそもが、体系がかわらなければ買う必要もないのだけど
哀しいかな・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/05

ディパーテッド まもなく公開

ディパーテッド「インファナルアフェア」がハリウッドでリメイクされた「ディバーテッド」の日本公開は1月20日。
本日の夕刊に、広告が載っているのだけど、
そこに出てる人の名前を見てびっくり。

ディカプリオとマット・デイモンが主演で、ロバート・デニーロが出る、
というのは知っていたけれど、
マーク・ウォールバーグだってぇ??

何役で出てくるのだろう。

だって・・・・・マット・デイモンとマーク・ウォールバーグの区別つけられないかも。
どうしよう~~~(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/04

破局

晃司の破局報道が、スポーツ新聞に出たようだ。

実はこのニュース、私、最初に知ったのは台湾のyahoo!だった。

吉川晃司、天海祐希愛情破局! 結束三年之戀
(この時間だともう後ろの方にいってるけど、朝見たときは芸能トップページの「娯樂焦點」というところに、このタイトルが出ていて、びっくりしちゃった)

日本と違って晃司の名前のが先にあるし、實力派男歌手吉川晃司だし、
と、内容に関係ないところをチェックしてしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/01/03

2007 いのしし

新年あけましておめでとうございます。

素敵な一年になりますように^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »