« ハゲタカ | トップページ | ひっそりと パン流? »

2007/03/04

レディ・ウェポンZERO

レディ・ウェポン ZERO1993年の香港映画「レディ・ウェポンZERO」。原題「赤裸狂奔」。

タイトルロールを見ても、元奎くらいしか知った名前が出てこない。

男にだまされ、麻薬づけの娼婦になった女性と、
不倫関係にある同僚刑事の「愛」を信じ、言われるがまま危険な任務につく女性刑事。
 
 いやはや、ひどい話。

香港映画では、女優もバリバリアクションをこなさなければいけないけれど、
全裸でケリ入れたり、ひっくり返されたり。。。
撮影は、さぞや大変なことだったのだろう・・・と、ついついメイキング的な見方をしてしまった。

といいつつも、
ありえない設定が多々ありながらも、意外と面白くみてしまった。

香港映画がむやみに元気なころの作品だからか、
荒唐無稽なところがいいのか・・・・
監督ユン・ケイ(元奎)演じる刑事の台詞----
「もうしばらく様子を見よう。あいつらは社会の悪。ここで一掃(死ぬ)されるほうがいいから」のようなことを、言ってのけるあたりが、非常にコワイ。

台詞といえば、ラスト、
IDがもらえるのにどうして逃げるの? と尋ねる女に
「どうせ嘘にきまっている。元刑事(の私)がいうのだから確か」と言いのけるあたりも、すごすぎる。
さすがだな~。


|

« ハゲタカ | トップページ | ひっそりと パン流? »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レディ・ウェポンZERO:

« ハゲタカ | トップページ | ひっそりと パン流? »