« 辞める辞めるっていう奴ほど | トップページ | トランスアメリカ »

2007/08/25

SAYURI

SAYURI プレミアム・エディション「SAYURI」をDVDで鑑賞。

なるほど、
アメリカ人が見る芸者とは、こんな感じなんだ。


日本人でありながら、芸者の世界を知らないから、
芸者とは実は、この映画どおりなのかもしれないけど(?? かなぁ~)、
まあ、ハリウッド映画としてみると、まあまあおもしろかった。  鴨。

コン・リー(鞏俐)ねえさんと、ミシェール・ヨー(楊紫瓊)ねえさんの
ねえさん対決!! が、個人的には見ものだった。
そこに、日本のねえさん(?)、桃井かおりも加わって・・・・・


なんの設定もしないでスタートしたら、日本語で始まったのだけど、
---これは桃井かおりの声じゃない、と気づき、
英語版で見ることにしたのね。
そうしたら、英語ベースでしゃべってるのに、ときどき日本語が入ってきて、
なんだか非常に妙な感じな映画になってしまったなぁ。

邦画だと99%じめじめする内容も、
アメリカ人が作ると、普通のハリウッド映画になるというのは、
ほんと、不思議だね^^

|

« 辞める辞めるっていう奴ほど | トップページ | トランスアメリカ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/16237766

この記事へのトラックバック一覧です: SAYURI:

« 辞める辞めるっていう奴ほど | トップページ | トランスアメリカ »