« 僕の彼女を紹介します〈2〉 | トップページ | マッド探偵〈アジアの風〉 »

2007/10/24

鐵三角〈香港映画祭〉

これぞ、往年の香港映画!!
といった感じ、香港映画の真髄が詰まっていた「鐵三角」を堪能して帰ってきた。


3人の監督がひとつのストーリーを最初・中間・最後と撮るという、とてもめずらしい映画なのだが、
その3人の監督というのがすごいんだな。
ツイ・ハーク(徐克)、リンゴ・ラム(林嶺東)、ジョニー・トー(杜琪峰)。鐵三角だ。

登場人物は3人、こちらも鐵三角。
いずれもお金に困っている。
1人はタクシー運転手になったばかり、でもぷらぷらしているチンピラのような彭輝(古天樂)。
1人は交通事故で失った妻とそっくりの女性・玲と再婚した寶山(任達華)。妻が男と浮気していることを知っているが、きょうまで何もできずにいる。
そして、1人は北京語を話す骨董屋・莫中原。
そこに、玲の浮気相手である刑事・正文(林家棟)が絡んでくるのだが・・・・・・

3つのパート(正確にはストーリーは途切れることなく続く)を、
とってもあらっぽく言ってしまうと
 1→エロ・グロありのハードタッチ
 2→人間ドラマ+カーレース
 3→コメディ(但し、構図の美学を追いかけながら^^)
てな感じかな?

でも、ストーリーは流れるように続いていて、
最初は???? だらけだった人物や出来事がきっちり描かれ、わかるようになって、
そして、とにかくひきつけられて。
さっすが!!! と、字幕つきで見ることができてありがと~!! と感謝してしまうほどの面白い映画だった。

ひとつ思ったのは、
サイモン演じる寶山の再婚相手の女性が、パートごとに性格が変わっていくんだけど、これでいいのかなぁ?
その複線として、精神安定剤を飲ませていた、ってことなのかなぁ?
と。
(一瞬、不死身人間かと思ったよね)

それにしても、トーさん、遊びすぎ。
「ミッション」ばりの立ち位置で迫っているのに、随所で笑わせてくれるんだもの。
圧巻(=脱力)は、4人そろって「ばいば~い」とばかりに手を振るところ。
ここで笑っていいのか、自分!? と思いつつ、爆笑をおさえるわけにはいかなかった。

香港の上映は11月1日からだそう。
香港でも爆笑が起きるんだろうか? 気になるな。

|

« 僕の彼女を紹介します〈2〉 | トップページ | マッド探偵〈アジアの風〉 »

+*+ 香 港 +*+」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33288/16854768

この記事へのトラックバック一覧です: 鐵三角〈香港映画祭〉:

« 僕の彼女を紹介します〈2〉 | トップページ | マッド探偵〈アジアの風〉 »