« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/26

早熟〈中国映画祭2007〉

早熟~青い蕾~ [DVD]2005年の香港映画「早熟」を中国映画祭2007で鑑賞。
監督はイー・トンシン(爾冬陞)、主演はジェイシー・チェン(房祖名)、フィオナ・シッ(薛凱琪)、若い2人の脇を固めるのは、エリック・ツァン(曾志偉)、アンソニ・ウォン(黄秋生)、テレサ・モウ(毛舜[竹/均])、余安安ら。


続きを読む "早熟〈中国映画祭2007〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/25

誘拐ゲーム〈中国映画祭2007〉

中国映画祭2007「誘拐ゲーム」を鑑賞。原題「綁架」、監督ロー・チーリョン(羅志良)、2007年香港映画。
主演はレネ・リュウ(劉若英)、カリーナ・ラム(林嘉欣)、ほかにチョン・シウファイ(張兆輝)、チョン・チーラム(張智霖)、グオ・タオ(郭濤)。
香港・中国の俳優が入り乱れ(?)、広東語と北京語で会話が進む。
香港映画では珍しいことではないけれど、久々に違和感を覚えたな。どうしてだろう?


続きを読む "誘拐ゲーム〈中国映画祭2007〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/24

ザ・ペニンシュラ東京

有楽町へ行ったので、ずっと気になっていたザ・ペニンシュラ東京を探索してきた。

真っ白い制服がまぶしいドアボーイ(女性でした)に迎えられ、ロビーへ。
香港同様、ザ・ロビー(喫茶)は両サイドにあった。
3段プレートのアフタヌーンティを頼んでいる人の多いこと。。。。
待つ人の姿がないと思って進んでいくと、長打の列はロビーから見えないところに延々と続いていた。

これって、香港よりスゴイ。


ペニンシュラブティックは地下にあった。
こちらにも喫茶が設けられていて、やっぱり待ち人多し。
ブティックには、ケーキ、チョコ、クッキー、お茶など
香港のブティックと同じものと、
お惣菜(ホテイチってのですね)や、日本ならではの土産品が並んでいた。

日本ならではというのは、
しょうゆやそばつゆ、せんべいにあられ、ゆず胡椒なんてのも。
いずれもすばらしい(高い)値段がついていたけれど、
ちょっとほかにないから、おつかいものにはいいかもしれないね。

ザ・ペニンシュラ東京へ泊まることはおそらくないだろうけど、
お茶ぐらいはできるかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/23

アイ・イン・ザ・スカイ〈東京フィルメックス〉

東京フィルメックスの上映作品「アイ・イン・ザ・スカイ(原題: 跟蹤)」を鑑賞。2007年の香港映画。
監督はヤウ・ナイホイ(遊乃海)、主演はサイモン・ヤム(任達華)、レオン・カーファイ(梁家輝)、徐子珊、マギー・シュウ(邵美琪)、ラム・シェ(林雪)ほか、ジョニー・トー組ご一行様~^^


最初から最後まで、息を詰めたままだった。


続きを読む "アイ・イン・ザ・スカイ〈東京フィルメックス〉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太王四神記って結局

BS2で映画「猿の惑星 征服」を見終わったら「太王四神記」のナビ番組が始まったので、そのまま見てしまった。

映像などを見て思った。

これって、
韓国版「風雲」。

歴史ドラマとかいって、史実に基づいたような設定で、
・・・・・まるっきりファンタジーな「風雲」とは一見違うようだけど

CG使ったり、

火麒麟?? かと思えるようなCG動物(しかも架空のみたい)が出てきたり、

さらに、
敵対する若者2人!!

これはまさに韓国版「風雲」としか思えないぞ!!(笑)


風雲~ストームライダーズ    風雲2 DVD-BOX(2)
映画版「風雲」     テレビ版「風雲」(台湾版)


そういえば、映画の「風雲」の続編が作られる予定だそうだけど、違う設定で2種類らしい。
公開はいつなのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/21

ようやく終結

実はここ数日、パソコンでflashがまったく見られなくなってしまって四苦八苦していた。

テレビはもう、朝も夜も砂の城状態で、音すら聞こえなくなっているから、
せめてパソコンでドラマを見たいのに(>_<)

どうしてflashがおかしくなったかは、見に覚えがあるのだけど、
インストールしなおしても、どうにも画面が動かない。
最近は、TOPページが全部flashのものもあるから、動画が見られないだけじゃおさまらないし~、
と、
家に帰ってきてからああでもない、こうでもないと、ネットで検索をしながら悩んでいた数日・・・・・

別blogのバックアップを取ろうとした「このインターネットのサイトを開くことができませんでした。~」というメッセージが出ていたので、
IEに問題があるのかな? IE7.0をインストールすれば直るのかな? とIE7.0にしてみたけど、
状況は変わらなくって(ToT)


そして今夜、先のメッセージで検索して、その中にあった
IEの一時ファイルを削除してみたところ、無事、インストールできた。

 ほっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/15

たたきつける人

毎日の通勤でよく見かける光景。


ICカードを持っている人が、自動改札を通るときの様子。

カードが入っていると思われる定期入れを、自動改札機にたたきつけて通り抜けていく人が、ほんと多い。

なんだろ?
朝から、何かのうっぷんを晴らしているのか??

それと、
妙にねっとり長い時間、こすり付けるようにする人も多い。
もちろん、時間にしたらほんの何秒の違いなのだろうけど、
これもまたヘンな感じ。

で、私はというと、
一応軽く接着して通り抜けている。はず^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/13

接続-ザ・コンタクト-

チョン・ドヨンのデビュー作「接続-ザ・コンタクト-」をレンタルビデオで鑑賞。共演はハン・ソッキュ、1997年の作品。

韓国で大ヒットした映画、と聞きずっと前にレンタルで見ているはず。
なのに、そのときの女優の印象がちっともない。
いや、パッとしない女優だな~、
なんて記憶が残っているだけで、どうにもあやふやだった。

それがなんと、その女優がチョン・ドヨンだったと後に知り、
もう1回見ないといけないな^^; と借りたわけで。


確かにチョン・ドヨンだった。
(髪型がひどかったから、印象が悪かったんだろう、きっと)

そういえば、イ・ボムスが配送人で出てきた。ロン毛で驚いた。

携帯電話が普及していれば、きっと生まれない
少し昔の懐かしい感じのするストーリーは、
この時代だととってももどかしい。

あのラストの先って、一体どうなるんだ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/12

BSハイビジョン、見た~い!!

NHKのいやらしいところは、
総合テレビを見ているときに、BSでやる番組の予告を流すところなんだよね。

先日見たのは、ヨン様話題の歴史ドラマ「太王四神記」。
BSハイビジョン(hi)の加入者を増やそうという作戦ってことか!?

で、
私がBShiを「見た~い!!」と思ったのは、
さっき予告を見た、

サラリーマンNEOシーズン2 完全再放送&蔵出しスペシャル
完全アンコール放送


11月23日・勤労感謝の日の、8:20から夜の7:30まで、
未公開映像もあわせて一気に放送するんだってぇ!?

まったく、NHKってヤツは・・・・・
(待ってるから、そのうちhiじゃないところでもやってくだされ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/11

黒薔薇vs黒薔薇Ⅱ

1993年の香港映画「黒薔薇VS黒薔薇 IIをレンタルで鑑賞。

まったくもって、肩肘張らず、ばかじゃないの!? な、
旧きよきといった感じの映画だね。


続きを読む "黒薔薇vs黒薔薇Ⅱ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/10

テレビ......

ここのところ、テレビがちっともきれいに写らない。

雨や風の日、あるいはとても寒い日に、
画面いっぱい点々々々々々々々々(>_<)

ときには、ほとんどゴースト状態で、見ていて頭が痛くなるほど。

だから、最近、私のところのテレビはラジオのようになってしまっている。

今期はあまり見たいと思うドラマもやってないからいいけれど、
なんだかなぁ・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/07

デスパレート 愛されてた記憶

デスパレート 愛されてた記憶」をレンタルで。アン・ホイ(許鞍華)監督、主演はビッキー・チャウ(趙薇)、原題「玉観音」。

邦題にすご~く違和感を感じるのは「デスパレードな妻たち」という海外ドラマのせいだろうけど、
この映画の雰囲気だったらカタカナタイトルはやめたほうがよかったのでは? と、つけた人のセンスに?
「玉観音」のまんまでいいじゃない。

原作がある話のようだけどね、
麻薬捜査官のアンシン(ビッキー・チャオ)ってば、
愛する男を失う、とてもかわいそうな女性なんだけど、
でも、すぐに次の男が現れる・・・・って、なんともうらやましい話じゃないか!!

という話じゃなくて、
麻薬捜査官とジャーナリストとの恋に、別の男(実は麻薬密売人だった)との恋が絡み、
殺し合い、復讐に燃え・・・・・と、
なんだかとってもハードボイルドな内容になっていた。
そして、
悲惨としかいいようのないラスト。


この映画を見て思ったこと。

結婚して子どもが生まれたのに、妻は危険な仕事を夫とは別居のまま続け
だから乳飲み子は安全な夫のところに預ける・・・・・なんてのは、
男女が同等に働く中国ならではの設定だろう。
日本だったら、はなからフィクションとしか思えないから。

そして、アン・ホイ作品としては、
何か中途半端な感じがしたんだよね。
容赦なく銃弾が飛び交うところはらしいけれど、
なんというか、骨太さがあまり見られなかった気がする。


サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/05

ゴッド・ギャンブラー ビギンズ

ゴッド・ギャンブラー ビギンズ香港映画「ゴッド・ギャンブラー ビギンズ」をレンタルで。原題「賭侠之人定勝天」、2003年の作品。

主演はニック・チョン(張家輝)、そして、敵役となるのはアレックス・トー(杜德偉)。
賭けごとに風水がからむ。だから運命がなんたら・・・と、いかにも香港風な話なんだけど、
なんだか妙なところで笑いを取ろうとしているようなつくりに、ちょっとね。。。。

サム・リー(李燦森)は一体どういう役回りで出てきたのかもよくわからん(笑)

人情で攻めたいのか、
笑いで攻めたいのか、あるいギャンブルの技で攻めたいのか、
とっても中途半端な感じだったな。

アレックス・トーの母役で登場したアマンダ・リー(李蕙敏)、
後半老けた様相ではあるけれど、ちょっとムリがあるのでは??


とりあえず、「ゴットギャンブラー」ものを見ておかなくっちゃ! という人向きかな?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/03

かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート

かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート スタンダード・エディションかちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」をレンタルで。原題は「龍虎門」。

鬼太郎ヘア兄弟のドラゴン(ドニー・イェン)、タイガー(ニコラス・ツェー)、そして、白髪ヘアのターボ(ショーン・ユー)。
漫画が原作とはいえ、せっかくの美形が

 ちっとも美しくない!!!!!


というわけで、
いまいちノレず、うとうとしつつ(笑)


正直、おもしろくなかったな。
(もっと、真剣に見ていれば違ったのだろうが^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/02

Mr.BOO!花嫁の父

Mr.BOO!花嫁の父「Mr.BOO!花嫁の父」をレンタル。原題「煎醸参寶」2004年、ジョー・マー(馬偉豪)監督作

マイケル・ホイ(許冠文)と、彼の物まねをやらせたら天下一品のラウ・チンワン(劉青雲)が共演。
一体どんな風になるのだろうと期待してしまった。
さすがに物まねはしなかったけど、やっぱりラウチンはうまいよな~、としみじみ思う。
マイケル・ホイは相変わらず、やっぱりこの人しか出せない味わいを今回も出してくれるのだけど、
それにしても、書けなくなった超有名武侠小説家という設定がいいよねて。
アイデアを出すために、常に実際に戦っているというか(笑)


邦題のとおり、今回のマイケル・ホイは父親役。
その娘はミリアム・ヨン(楊千[女華])。彼女は、仕事はできるが色事には縁がないという、ありがちな設定はいまひとつだった。
その上、実は上司であるラウチン(プレイボーイ!?)のことをずっとひそかに想っていた、というこれまたありがちな話なんだよね。

けれども、マイケル・ホイとラウチンがいるから、これがただの恋愛話・親子話におさまらなくって、
フェイランド」なんていう、中国武侠村のようなものが登場したり、
黒サソリにかまれたり・・・・・と、しまいにはなんだかわからなくなりそうなところを、
情でうまくおさめちゃっというか、なんというか(笑)。
なかなか面白い映画だった。


余談-----------
「フェイランド」が本当にあるのだったら、ぜひ行ってみたいなー。
そして、本物の馬に乗れる「メリーゴーランド」に乗りたいな~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »